ピクシブ百科事典

グラパール

ぐらぱーる

グラパールとは、『天元突破グレンラガン』に登場する機動兵器の名称。
目次[非表示]

概要

ロージェノム打倒後に発足した新政府が、侵略の象徴たる旧来のガンメンに変わってグレンラガンをベースに開発した兵器。
命名者は設定上はシモン。由来は最終回エピローグで子供が行った「レンガンがいっある」という台詞から。ヴィラルは「グレンラガンモドキ」と呼んでいる。
人型に近いプロポーション、肩部のアーマー、胸部のサングラスのようなパーツ、胴体部にグレンとほぼ同構造のコクピットがあるなどグレンラガンと共通する部分が多数散見する。
その一方でグレンラガンに比べ頭部胴体部共に顔の意匠が薄く、ラガンの位置にコクピットが無く単座式となっている。
エネルギーに関しては螺旋力については未知の領域であったことから電気エネルギーを採用し、螺旋力に纏わるドリル生成能力や自己再生機能、合体などの恩恵は得られない。
背面にトビダマを装備しているため単独での飛行能力を持つほか大気圏外でも運用できる。
一般機はグレーカラーに塗装されているがギミーとダリーの機体のようにカラーリングや頭部の形状が変更されエース機が存在する。

カタログスペックではガンメンを上回っている高性能機であったが、実は螺旋力を使えないためにムガン等に対しては有効打を持たないという短所を持つ。
事実アンチスパイラルとの戦いではこれが裏目に出てあっという間に劣勢に追い込まれてしまった。
だが超銀河ダイグレンの奪還後は螺旋エンジンの解析が可能になったため動力を螺旋エンジンに切り替えて運用されるようになりアンチスパイラルにも対抗できるようになった。
なおスペースガンメンの操縦も可能であり、作中では最終決戦に「スペースグラパール」が投入されている他、カテドラル・テラ戦ではアークグレンラガンを操縦している。
さらに劇場版では螺旋宇宙にてギミーとダリーの機体が左右に合体した天元突破グラパールとなり、ほかの天元突破ガンメンたちとともにグランゼボーマと戦った。

主な武装

  • ハンドガン

標準武装。威力も高い上に連射も可能。グレンラガンも使える。
後に対ムガン用スピンバリヤー弾を発射するカスタムハンドガンへと強化された。

  • グラパールブレード
両腕に内蔵されている剣。手首から刃が出現する。
  • トルネードシールド
ムガンを倒した際の爆発から身を守るシールドを作り出すライフル銃。
  • スパイラルボンバー
らせん状のレーザーを発射するレーザーバズーカ。

関連項目

天元突破グレンラガン

関連記事

親記事

天元突破グレンラガン てんげんとっぱぐれんらがん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グラパール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81

コメント