ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「女だからって…負けないわよっ!!」

プロフィール

国籍ネオ・ジャパン
年齢20歳
生年月日F.C39年10月3日
星座天秤座
身長167cm
血液型A型
CV天野由梨(天野の休業中はならはしみき)


人物

レイン
★クイーンレイン★同人誌用に頼まれた作品の一般公開用です!!♪♪



本作品のメインヒロイン。ドモン・カッシュとは幼馴染であり、彼と行動を共にするサポート担当である。
本業は医者であるが、メカニック整備やスパイ活動、さらにはガンダムの操縦までこなす才色兼備。ちなみに銃の技量や弓や薙刀などの武術にも精通している。マスターですら肉眼で正体を掴めなかった高速移動するシュバルツを目視できたりもする。 本来ファイティングスーツは纏う際には肉体が鍛えられている必要があるのだが・・・君、本当に医者?

国籍はネオジャパンで、シャイニングガンダムゴッドガンダムなどを開発した科学者・ミカムラ博士を父に持つ。

劇中での活躍

ドモンのパートナーとして彼を支えつつ、デスアーミーによる襲撃などの非常時には自らガンダムに乗り込んで戦い、時にはドモンと共に必殺技を放つこともあった。

次第に不器用ながらも優しさを秘めるドモンへの気持ちを強めていく(あるいは取り戻す)。

容姿

独特の茶色い髪型に黄色いカチューシャが特徴。スタイルもかなりいい。耳には金色のピアス、首には白銀のチョーカーをつけている。瞳の色は青。

普段の服装

おわびの、レイン・ミカムラ
レイン・ミカムラ 私服


腰には黒いベルトを巻き、両肩の上部分が露出した濃桃色のボディコンの上にスリットの入った半袖のライトグリーンの上着を着用。白いブーツを履いている。

上着とボディコンは作品によっては配色が異なることもある。

ファイティングスーツ

レイン・ミカムラ
リク絵☆
レイン・ミカムラ
レイン・ミカムラ(リクエスト)


ピンクと黒を基調とした、ハイレグ水着をイメージしたような何ともセクシーなデザインが特徴。脚部はサイハイブーツを意識したものになっている。
ファイターでない故に装着時にはかなり苦労していたが(特に初回はキ…キツイ…!」と身悶えしており、お茶の間の空気を気まずくしただろう事は想像に難くない)、ライジングガンダムへの搭乗の際には既に克服している。

アニメディアの付録としてついていた設定資料によれば、シャイニングガンダムの整備中に万が一緊急時に備えて自分用のデザインをインプットしていたという説がある。

ちなみにデザインはカトキハジメ氏とのこと。

その他

ネオドイツの女
レイン・ミカムラ ネオドイツ覆面バージョン


第40話ではシュバルツ・ブルーダーと同じマスクをつけたネオドイツの新クルー「ネオドイツの女」として登場(画像左)。
コミカライズ版『超級!機動武闘伝Gガンダム』ではランタオ島最終決戦後までこの格好のままであり、劇中では「ネオドイツのマスク+ファイティングスーツ」というオリジナルコスチューム姿も披露している(画像右)。

搭乗機


主要機体

GF13-017NJ シャイニングガンダム


シャイニングガンダム(13話、21話のみ)

ライジングガンダム


ライジングガンダム

その他の機体

『超級!』ではドモンとアレンビーの親密さに嫉妬したレインがゴッドガンダムを動かして暴れるシーンがある他、本編外では「スパイ活動」と称してガンダムダブルドラゴンガンダムヴェルサイユにも搭乗。

CDドラマ「世界高達骨牌拳」の映画(劇中劇)では何故かネオチャイナ代表としてドラゴンガンダムに搭乗した。

外部出演

スーパーロボット大戦シリーズ

序盤からドモンと一緒にいるが、パイロットとして使用可能になるのは中盤以降となることが多い。搭乗機はライジングガンダムとなる場合と、(ドモンから引き継ぐような形で)シャイニングガンダムになる場合がある。
メカニックとしては、流石に他作品のメカニックが濃すぎるせいで(特にこの二人)がいるため出番が少ない。(復帰加入した東方不敗の為にマスターガンダムの複製品を新造するくらい)で、どちらかというと医者として活躍する場面が多くなっている。

関連動画

レイン・ミカムラ


AMV- Rain- So Fragile


スパロボIMPACT!レイン=ミカムラ シャイニングガンダムの全武装!シャイニングフィンガー!!


「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ 」戦闘演出集:ライジングガンダム


関連タグ

機動武闘伝Gガンダム

ドモン・カッシュ アレンビー・ビアズリー ミカムラ
石破ラブラブ天驚拳
キ…キツイ…!
シャイニングガンダム ライジングガンダム

カップリングタグ
ドモレイ

コンビタグ
レイアレ

外部リンク










































以下ネタバレ!






































物語の終盤、カッシュ家を崩壊させた張本人が己の父である事を知ってしまい、彼の元を去った。
しかし、その身をウルベに利用され、デビルガンダムの生体ユニットにされてしまうが、最終的にドモンの愛に応える形で救出され、共にデビルガンダムを撃破した。

この際に繰り出した石破ラブラブ天驚拳はあまりにも有名。余談だが、この技を出すまでの一連の流れは世界三大恥ずかしい告白シーンの一つとして親しまれている。

上記のシャイニングガンダム、ライジングガンダムに加え、デビルガンダムにも乗ったため作中のリアルタイムで最も多くのガンダムに搭乗したキャラでもある。

ドモ~ン♪


デビルガンダム


レイン嬢


ドモンとあの必殺技を放つ際にはドモンのマントを巻いていた。
なお、デビルガンダムの生体ユニットとして組み込まれた際に服は無くなっている(もしくは分解されたり破り取られた)為、下は全裸

関連記事

親記事

ネオ・ジャパン ねおじゃぱん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「レイン・ミカムラ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「レイン・ミカムラ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7668229

コメント