ピクシブ百科事典

ライジングガンダム

らいじんぐがんだむ

ライジングガンダムとは、『機動武闘伝Gガンダム』に登場するネオジャパン製のガンダムである。
目次[非表示]

機体スペック

分類:モビルファイター
形式番号:JMF1336R
全高:16.2m
本体重量:6.7t
装甲素材:ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材、レアメタル・ハイブリッド多層材
動力:熱核融合炉
所属:ネオ・ジャパン

概要

ミカムラ博士が開発した純粋に戦闘を主目的としたMSに近い性格の機体で、ノーマルモードとモビリティモードの2つの形態を持つ。
また、シャイニングガンダムのプロトタイプといわれており、ほとんどの部品がシャイニングガンダムと共用である。ただ、シャイニングと違いブースターなどのパーツがオミットされているため重量はただでさえ軽いシャイニングよりさらに軽い。

ネオジャパン製なだけあって、薙刀(ヒートナギナタ)に(ビームボウ)という、いかにも和風な武装をしている。
モビリティモードは、ビームボウに両肩の装甲をつけることで作られる「ライジングシールド」を展開する事でなり、シールドを張っていてもビームボウ自体の銃口は開かれている。
必殺技は、「必殺必中ライジングアロー」。
後のEVOLVEにて新たに「ライジングフィンガー」が後付設定され、以降のゲーム作品でも用いられるようになる。

シャイニングのパーツの流用機体だけあってコアランダーも同規格であるが、真下にヒートナギナタのマウントパーツが増設されているため、シャイニングのものと違い物理的に見てコアランダーのまま水平に着地することが出来ない。
劇中でも特にコアランダーが分離した描写はないので、コアランダー単体での運用は特に考えられていないようである。

レイン&ライジングガンダム


搭乗者は、レイン・ミカムラ
元々はウルベ・イシカワが専用機として使うためにシャイニングガンダムの予備パーツを組んで作られた機体だが、劇中でレインが強奪しそのまま搭乗機となった。
DG細胞に浸食されたアレンビー・ビアズリーを救い出すためウォルターガンダムとの交戦で中破、そのまま機体は破棄された。

超級!機動武闘伝Gガンダム』でも出自は同じだが、ウルベ向けからレイン向けに再調整されている。鍛錬を積んでいない人間でもあらゆる武器を使いこなせ、繊細な動きに関してはドラゴンガンダム以上と、ミカムラ博士も最高傑作と太鼓判を押している。そういう繊細でキメ細やかな挙動は、戦闘以外でも世界に役立つ技術としてカッシュ親子に高く評価されており、それを知らされたことがミカムラ博士の改心の切っ掛けとなった。

ロストヒーローズ2

第1ステージ『コロニー・キューブ』で登場。性格のベースはウルb…ではなくレイン・ミカムラであるため、全体的に女性的なデザインとなっている。
アシストキャラとして召喚すると、味方一人の戦闘不能以外の状態異常とHP500を回復してくれると言う終盤まで活躍するキャラである。これは原作でのレインの本業を意識したもの。
ちなみに今作にもウォルターガンダムが登場するものの、流石にライジングガンダムが退場することはない。

立体物

商品展開においてはガンプラは当時の1/144とHG 1/100のみで、アクションフィギュアもウォルターガンダムとセットのMS IN ACTIONのみと非常に少ない。一応北米版のMIAでは単品販売されたようである。

登場回数が少ないせいか、近年は最新フォーマットでシャイニングガンダムが発売される機会も増え、そのシャイニングとほとんどのパーツが共通しているにもかかわらず立体化には恵まれていない。
一度ROBOT魂で参考出品されたことはあったが商品化には至っていない。

関連タグ

機動武闘伝Gガンダム Gガンダム シャイニングガンダム
トールギスⅡ…予備パーツ仲間。
ストライクルージュ…前期主役機のバリエーションで女性がパイロットという点は共通だが、こちらは開発元とは違う勢力が機体データを解析して造った模倣品。

リライジングガンダム

関連記事

親記事

レイン・ミカムラ れいんみかむら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ライジングガンダム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ライジングガンダム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68277

コメント