ピクシブ百科事典

ライゾウ・カッシュ

らいぞうかっしゅ

機動武闘伝Gガンダムの登場人物。主人公ドモン・カッシュの実父。地球再生を目的としたアルティメットガンダム開発時にデビルガンダム事件に巻き込まれた。
目次[非表示]

CV:有本欽隆

概要

ドモン・カッシュキョウジ・カッシュの実父。息子達に似た三白眼を持つネオ・ジャパンのモビルファイター開発に携わる科学者。
レインの父ミカムラ博士とは古くからの友人であり、カッシュ家とミカムラ家は家族ぐるみの付き合いをしていた。
ガンダムファイトによって汚染・荒廃した地球の環境を再生させるために、ミカムラ博士と共同で「自己進化・自己再生・自己増殖」の三大理論を備えたアルティメットガンダムを開発していた最中、デビルガンダム事件に巻き込まれることとなる。

デビルガンダム事件

ライゾウの長男であるキョウジがアルティメットガンダムの力を悪用して世界を支配しようと企み、アルティメットガンダムを強奪して地球に逃亡したとされる事件。この事件の混乱で、ライゾウの妻ミキノが命を落とし、責任を問われたライゾウは死刑こそ免れたものの永久冷凍刑に処された。
そして10年前に家を飛び出して流派東方不敗の修行から帰ってきたドモンはネオ・ジャパン軍のウルベ・イシカワから兄が起こした事件を聞かされ、ネオ・ジャパン政府と取引して父を冷凍刑から開放することを条件に第13回ガンダムファイトでの優勝と、逃亡したキョウジを捜し出すために地球へ降下する。



…というのが、ドモンがガンダムファイトに参加することになった表向きの経緯なのだが、実際はライゾウの才能に嫉妬したミカムラがウルベと共謀してアルティメットガンダム強奪を企てたクーデターに、当時家出していたドモンを除くカッシュ一家が巻き込まれ、ミキノはウルベの銃弾からキョウジを庇って死亡し、ライゾウはアルティメットガンダムがウルベ達の手に渡ることを防ぐためにキョウジをアルティメットガンダムに乗せて地球へ逃がしたのが事件の真相だった。
しかし、そのアルティメットガンダムは地球降下のショックでプログラムに異変が生じ、地球再生のための三大理論を飛躍させて「地球に住む人類の抹殺」という結論を出すと同時におぞましいデビルガンダムへと変貌してしまい、キョウジは暴走を始めたデビルガンダムに取り込まれ、生体ユニットとされてしまった。
ライゾウの冷凍刑も半ばミカムラとウルベの国家反逆罪に値するクーデターを隠蔽するための冤罪で科せられたものだった。

結果的にデビルガンダム事件で父は冤罪による冷凍刑、母は死亡、長男は事実上デビルガンダムに取り込まれた事で廃人化、次男は兄が極悪人という嘘の情報を信じ込まされてガンダムファイトに出場させられるというカッシュ一家全員が理不尽迷惑などという言葉では表現しきれないほどの悲劇を被る羽目になった。

物語終盤でドモンの優勝とウォン・ユンファの戦死により漁夫の利を得る形でウルベがデビルガンダムを手に入れた際、ミカムラが「罪滅ぼし」のためにウルベからの銃撃を受けながらもライゾウのカプセルを開放し、ネオ・ジャパンコロニーと一体化したデビルガンダムと戦うドモン達新シャッフル同盟にデビルガンダムの弱点を教えた。その後ゴルビーⅡに回収され、冷凍刑から目覚めたライゾウは成長したドモンとの再会を果たし、息子達とデビルガンダムの戦いを見守った。

事件後、ライゾウはカラト委員長から「これからガンダムファイトはどうなるのかのう?」と尋ねられた際に「恐らくは(今後も)続いていくでしょうな…」と答え、様々な問題が浮き彫りとなったガンダムファイトを今回の一件も踏まえて考え直す時期に差し掛かっている事を示唆している。同時に、その問題が分かっているなら正していくことが可能なことや、若い世代が乗り越えられるかも知れない希望も添えている。

関連タグ

機動武闘伝Gガンダム
ミキノ・カッシュ キョウジ・カッシュ ドモン・カッシュ
アルティメットガンダム デビルガンダム
ミカムラ

博士冤罪 濡れ衣 コールドスリープ

パトリック・ザラ…中の人が同じガンダムシリーズの父親キャラ。この他有本氏はカトル・ラバーバ・ウィナーの父ザィードやカテジナ・ルースの父テングラシー、リディ・マーセナスの先祖リカルドも演じている。

関連記事

親記事

ネオ・ジャパン ねおじゃぱん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ライゾウ・カッシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 645

コメント