ピクシブ百科事典

マンダラガンダム

まんだらがんだむ

『機動武闘伝Gガンダム』に登場する、ネオネパールのモビルファイター。
目次[非表示]

概要

ネオネパールが第13回ガンダムファイト用に開発したモビルファイター
搭乗するガンダムファイターはキラル・メキレル

螺髪に覆面、赤い球体が数珠状にいくつも繋がって形成されている両腕や腹部、脚部が存在しない釣鐘型の下半身など、奇抜なデザインが多い本作のガンダムの中でも特に異質なシルエットをしている。また、この下半身の中に上半身を収納した防御重視の形態も存在する。

居合を得意とするキラルに合わせ、本機もビームサーベルを仕込んだ錫杖を装備。この錫杖は斬撃以外にも、遊環から炎を噴出させることが出来る。

劇中での活躍

予選を勝ち抜いて決勝リーグへと進出し、第28話にてドモン・カッシュゴッドガンダムと対戦。
キラルがこれまで試合前に対戦相手を暗殺することで不戦勝を続けてきたが、ドモン暗殺に失敗したことで初の直接対決となる。
錫杖の長いリーチを活かした杖術と炎を操るキラル殺法でゴッドガンダムを追い詰めるが居合を見切られ、稲光の中、斬り合いの末に敗北。
試合後はキラルがドモンとのファイトを通して改心し、今まで自分が殺めてきた者達を供養する旅に出たため、大会を棄権することになった。

第48話及び第49話ではアレンビー・ビアズリーノーベルガンダムと共にガンダム連合の中核を担い、世界中のガンダム達と力を合わせてデビルガンダムから地球を守るために奮戦している。

劇中では回転させた錫杖の遊環から放つ炎で相手を焼き尽くす「炎獄烈風」や、本機を含めた12機のガンダムで曼荼羅を形成して一斉に突撃する「キラル殺法・曼荼羅円陣・極楽往生」を披露した。

タントラガンダム

第11回大会におけるモビルファイター。マンダラガンダムの初期デザインでもある。
ネパールにおける僧侶のような風貌をしているほか、V字アンテナがなく、アイもツインアイではなくバイザータイプという変わり種。
武装は両腕の甲に装備された3連のビームクローと頭部マシンキャノンのみと、極めて軽装備である。

しかしその高い機動力とガンダムファイターであるキラルの卓越した格闘術により、並み居るファイターを捩じ伏せて第11回大会の優勝候補の一角に数えられた。

しかし決勝大会も大詰めを迎えたあるファイトにおいて、固定武装のビームクローがリングに突き刺さって抜けなくなるアクシデントが発生。
この隙を突かれて背後からマシンキャノンによる滅多撃ちにあってしまい、バラバラに破壊されて敗退した。
また、この時コックピットまでもが爆発を起こしており、この爆発を目に受けてしまったキラルは失明してしまっている。
これにより彼は一時ファイター生命を絶たれ、挙句に放逐されてしまい、恨みから暗殺者に身を窶すことになる。

なお、本来ならば固定武装とはいえビームクローは発生を解除できる機構であるため、漫画『超級!』では連戦激闘によるシステムの劣化に伴って発生したマシントラブルとして描写された。

関連イラスト

キラル殺法曼陀羅円陣
マンダラガンダム



関連タグ

機動武闘伝Gガンダム  キラル・メキレル  モビルファイター

関連記事

親記事

キラル・メキレル きらるめきれる

pixivに投稿された作品 pixivで「マンダラガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58156

コメント