ピクシブ百科事典

かまきり男

かまきりおとこ

かまきり男とは、仮面ライダーに登場した怪人である。
目次[非表示]

「もうおまえなど改造し直さなくてもいい!すぐに死んでもらう!」
「この爆弾はとびきり上等だからな!」
CV:辻村真人

概要

第5話「怪人かまきり男」に登場。
カマキリ改造人間で、周囲の風景に溶け込む能力や罠を仕掛けるなど蟷螂特有の能力を持っている。身長175㎝、体重68㎏。鳴き声は「ギェギェッギェー」
残忍かつ用心深い性格の持ち主で、残忍かまきり男との異名を持つ。

左手はカマキリらしくだが、主に鎖鎌武器にしており、彼の配下の戦闘員も蟷螂拳のような構えを取る。また、口から人間を白いのような姿にして溶かす毒針を発射することも可能。劇中では地震研究所の守衛戦闘員の1人がこの毒針で溶かされた。

ショッカーが企てる東京都の地盤の弱い個所に小型核爆弾をセットし爆破。これにより人工的に巨大地震を起こして首都を壊滅させる『人工地震計画』の発動のため、地震学者で本郷猛の友人である雨宮ちか子を誘拐し、彼女に催眠術をかけて本郷をおびき出し、改造をやり直す必要は無いと称してライダーの抹殺を図った。

彼女の救出にやってきた本郷を、ちか子を利用して落とし穴に落っことすことに成功し、穴の中に爆弾を投下する。しかし、本郷は爆風風車に受けたことでライダーに変身しや飛散した破片はどうでもいいのだろうか)、穴からアッサリ脱走されちか子共々逃げられてしまう。

その後再びちか子を誘拐すると、暗示をかけて本郷が暮らしているマンションに送り込み、本郷を殴って失神させアジトに連れ戻す。
しかし、本郷はちか子に発信器を付けていたためアジトの所在がばれてしまい、アジトに現れた仮面ライダー1号と対戦することとなる。
ライダーが戦闘員から核爆弾のありかを聞き出したため、慌てて核爆弾のスイッチを押そうとするもぎりぎりでライダーキックが命中し、のように溶けていった。また、それと同時にダメージを受けていないはずの戦闘員たちも次々と倒れて消滅した。

その後は第13話「トカゲロンと怪人軍団」でトカゲロン配下の再生怪人軍団の一員として登場する。しかし大して活躍もないまま蜂女と共に投げ飛ばされ、さらには電光ライダーキックで蹴り返されたバーリア破壊ボールの爆発に巻き込まれトカゲロンと共に爆死した。

また、劇場映画「仮面ライダー対ショッカー」では予告編でのみ登場したが、その時は体の色が黄色くなっていた。

なお公式設定ではないが、新・仮面ライダーSPIRITSにおいて、一文字隼人を、死神博士の要請を受けて(先の原子力研究所の襲撃作戦と並行して)第二期強化改造人間(ショッカーライダーのプロトタイプ制作)の資材として他の再生怪人たちの強力の元、腕を鎖鎌で押させて拉致・改造計画に協力していたことが後に発覚する。

関連タグ

仮面ライダー ショッカー ショッカー怪人 カマキリ
カビビンガ(後に同じへまをした怪人)

カマキリの怪人

ワシカマギリ カマキリメラン カマキリ獣人 カマキリ奇械人 
カマキリジン カマキリガン カマキロイド カマキリ怪人 ガイナカマキル
メ・ガリマ・バ マンティスロード マンティスオルフェノク
マンティスアンデッド パラドキサアンデッド セクティオワーム
マンティスイマジン マンティスファンガイア カマキリヤミー カマキリアマゾン

pixivに投稿された作品 pixivで「かまきり男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4105

コメント