ピクシブ百科事典

カマキリアマゾン

かまきりあまぞん

カマキリアマゾンとは、『仮面ライダーアマゾンズ』に登場する怪人。
目次[非表示]

概要

カマキリの形をしたアマゾン。ランクは不明。

結婚式の参列者である女性が溶原性アマゾン細胞に感染して変貌したもので、クワガタアマゾンを倒した千翼イユに襲い掛かったが、カラスアマゾンのパンチで顔を貫かれ死亡した。

カマキリアマゾン2

Episode7で登場。感染者は上記の個体と異なり男性で、普段は作業員の姿をしている。同じく作業員が感染したヒョウアマゾンサイアマゾンと共に人間の女性を「ふれあい動物パーク」跡地まで誘拐し、捕食しようとしたところにカラスアマゾンが駆けつけ戦闘に突入。イユに同行していた長瀬バールらしき鈍器で殴りかかってきた際は彼に狙いを変えて襲い掛かるも、緊急出動してきた黒崎武の銃撃を受け失敗。最後はカラスアマゾンの攻撃で倒れたところに黒崎の銃撃を浴びて死亡した。

余談

元ネタは恐らくカマキリ獣人。また、同話に登場したクワガタアマゾンとは交尾後にオスを捕食する昆虫がモチーフという繋がりがある。

関連タグ

アマゾン(仮面ライダーアマゾンズ)

コメント