ピクシブ百科事典

ワシカマギリ

わしかまぎり

ワシカマギリとは、仮面ライダーに登場するゲルショッカーの改造人間の名称である。
目次[非表示]

CV/谷津勲沢りつお(正義の系譜)

概要

仮面ライダー』第86話「怪人ワシカマギリの人間狩り」に登場するカマキリの能力を兼ね備えた合成怪人

ゲルショッカーに必要な人員=改造人間の素体となる人間を確保する「人間狩り作戦」の遂行を任務としており、大森山山中に様々なを張り巡らせて素材となる人間を逃さないようにし、捕えた人間を次々に戦場ヶ原に構えたゲルショッカーのアジトへと運び込んでいた。鳴き声は「ギィーラァー‼」

能力

飛行能力を有しており、から特殊なを吹きかけて浴びた者を仮死状態にして固めることが出来る。
この泡は仮面ライダーといえども浴びれば怯んでしまうほどの威力を持っており、固まった泡を溶かすには(おそらく)怪人血液から生成された『還元液』が必要。

また、鋼鉄を持引き裂くほどの威力を持つ左手の鋭いブーメランのように投擲する右手ダーツ型のを射出してに突き刺して攻撃する『羽根ミサイル』を駆使して敵に襲いかかる戦法を得意としている。

なお、色の血液をしている。

活動歴

改造人間用のスペア人間確保を目的祖した「人間狩り作戦」の遂行を任務するワシカマギリは、大森山山中から下るバスを襲撃し乗員・乗客達を捕らえた。
更に人間狩りから逃れた桜井大作も捕えるとアジトへ連行するが、彼の息子の圭太には気付かず、逃げられてしまう。

その後、謎の失踪事件の調査に当たっていた滝和也を罠に掛けて捕えてようと画策するが、そこに駆けつけた仮面ライダー新1号と交戦。

激戦の末にライダー諸共海へ転落し、ライダーを倒したと思ってアジトへ帰投する。
だが実際にはライダーは生きており、怪人が負傷して流した血を辿ってアジトを突き止めると囚われた人々を救出する為にアジトへと突入。

その場に居合わせたブラック将軍の叱責を背中言受けながらライダーとの最後の決戦に挑むワシカマギリはアジトの外へライダーを誘うと右腕の鎌を投げてライダーを苦戦させるが、最後は投げつけた鎌を『ライダーキック』で蹴り返され、その蹴り返された鎌が自身の頭部に蹴り返された鎌が眉間に命中して真っ二つに斬り裂かれて爆死するというあえない最期を迎えた。

仮面ライダー 正義の系統

PS2専用ソフト『仮面ライダー 正義の系統』において邪眼の手により復活。
ガニコウモルとの分岐で登場し、1988年8月の時間軸においてブラック将軍の作戦補佐を担当。
最後はそれを阻止せんとする仮面ライダーBLACKとの激しい攻防戦の末に倒された。

関連項目

ゲルショッカー怪人 合成怪人  カマキリ 初代ライダー

pixivに投稿された作品 pixivで「ワシカマギリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント