ピクシブ百科事典

現代編

げんだいへん

ゲーム『LIVE A LIVE』のシナリオの一つ。サブタイトルは「最強」。
目次[非表示]

世界に点在する
あらゆる格闘技の奥義を身につけ
『最強』の座を手に入れようと
野心をする若者の激闘!
ムエタイ・プロレス・ルチャ・骨法
サンボ・スモウ・・・・
すべての格闘技の必殺技を
その肉体で受け 習得するのだ!

概要

キャラクターデザイン:皆川亮二
主人公:高原日勝
元ネタ:格闘対戦ゲーム(特にストリートファイターII)、実在する格闘家、架空の格闘家など

プレイヤーができるのは、対戦相手選択画面で対戦相手を選択し、1対1の戦闘を行うことだけ。戦闘では、特定の技を受けることでその技を覚えることができ、高原日勝が覚えられる全ての技を覚えることが可能となっている。現代編ではキャラクターのレベルを上げることができないため、どの技を覚えたかで戦闘の難易度がかなり変わる。最初から表示されている6人の対戦相手を全て倒すと、ボスとの対戦になる。

SF編とは逆に戦闘オンリーであり、たった7回のバトルしかない分、どの順番で挑んでいくかが重要で、技を覚えることでしか強化できないことから1戦1戦の立ち回りが問われる。戦闘システムにかなり慣れていないとすべての敵に対処するのは困難を極める。

思い切って答えを言ってしまうと、攻撃範囲を考えてあびせげりを使っていれば、大抵の場合勝てるのだが、そこに自力で思い至ったならもはや控えめに見ても初心者とは言い難いと書けば、闇雲に戦っていては突破できないシナリオであることもわかる。

登場キャラクター


関連タグ

ライブアライブ
近未来編 - 現代編と年代が近いため他のシナリオの主人公と違い対面できる可能性が1番高く相手側も同様である。

ロックマン - 現代編は対戦格闘ゲームがモチーフだが、システムとしてはこれに一番近い(初期が必要最低限の武器のみ・相手を倒す事で能力を得ていく等)。

青魔道士 - 敵の特定の技を自分が食らって覚える点で同じ。

関連記事

親記事

ライブアライブ らいぶあらいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「現代編」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36264

コメント