ピクシブ百科事典

オディ・オブライト

おでぃおぶらいと

スクウェア(現:スクウェア・エニックス)のRPG『ライブアライブ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

現代編の主人公である高原日勝は最強の座を目指すべく、世界の格闘家達と戦って必殺技をマスターしていった。

ムエタイナムキャット
ルチャ・リブレグレート・エイジャ
相撲ジャッキー・イヤウケア
コマンドサンボトゥーラ・ハン
プロレスマックス・モーガン
そして骨法森部生士

…彼らの技を体得して最強の座を得た高原が河原でたたずんでいると、その前に現れた悪の破戒僧にして暗黒の魔人と化した格闘家こそが、オディ・オブライトであった。オブライトは、高原と戦った猛者達をあっけなく撃破し、彼らを皆殺しにしていたのだった。
好敵手達を殺され、ことごとく否定された高原は「てめえがやってるのは格闘技じゃない、ただの殺戮だ!」と激怒してオブライトに決死の戦いを挑む。
猛者達から受け継いだ高原の技と怒り、「敗者には死」を標榜するオブライトの殺法が激突する。

能力値・使用技

レベル:4 HP:832 力:48 速:20 体:21 知:33

  • デスズサイズ:死神のカマと言う名の真空二段蹴り。 攻撃と同時に相手の向きを変える。
  • テリブルシャウト:恐怖の叫びと言う名の回復技。 雄たけびと共にHP・状態異常を回復。
  • アクロDDO:必殺の威力の飛び技で麻痺させる。 デンジャラス・ドライバー・オブライト。
  • 骨法鉄砲:射程の長い拳技。 威力こそ低いが、遠くからチクチク削られるのが厄介。

各種能力値は平凡だが、それを補って余りあるほどのHPの高さ、現代編では一応森部のじーさん
に次ぐレベルの高さを誇るため、レベル2の高原では少々キツい相手と言える。
ただ、森部のじーさんこと森部生士の使う通打で能力を下げ、向きを変えつつ大打撃を加えるあびせげりでハメてしまえば大抵あっけなく勝ててしまうため、他の技を無理に使う必要はない。
しかし、どうせ倒すなら高威力&麻痺のGスープレックス、遠距離から攻撃可能なトルネードプレス、強力なデスズサイズに反撃可能で足固めも狙えるC.H.ホールド、威力は低いが吹き飛ばしハメが可能なアロハリテなども(ついでにスパイラル・ニーも)叩き込んで、好敵手達の無念を晴らしてやりたいところ。
通打の能力ダウンと併せればGスープレックスの麻痺、C.H.ホールドの足固め発生率もかなり高くなり、足固め状態ではデスズサイズも移動も向き変えも不可能になるため、通打後のデスズサイズに対する反撃C.H.ホールドで足固めが決まった場合は背後に回りつつGスープレックスの麻痺も与える事で、接近戦でも一方的に攻撃する事ができるようになる。

高原は猛者達の技と自身の怒りを炸裂させ、オブライトを見事打ち破る。
倒れたオブライトは「最強のためなら自らの命すら厭わない、俺やお前のような奴が次から次へと現れるのはこれからだ… それでもお前は人間でいられるかな…」と言い残す。
そして、その言葉を裏付けるかのごとく、勝利した高原の元には最強の座を求める格闘家が勝負を挑んでくるようになる。

戦闘時の名前は「オディー・O」と何故か伸ばし棒付きの表記がされている。

モデルは「殺人風車」の異名を持つ実在したプロレスラー「ゲーリー・オブライト」と思われる。ただしゲーリー氏は髪の毛と髭を伸ばした巨漢のレスラーであり、オディ・オブライトとは全く似ていない。殺人風車というアダ名ももちろん単なる比喩である。
現実のゲーリー氏は2000年に逝去している。

最終編にて

主人公にオルステッドを選んだ場合はオブライトを操作して高原を叩きのめす事になるが、現代編ではレベル上げの機会がないので、アクロDDO二発で瞬殺可能。操作できるオディオの能力値に影響するオルステッドを強く育てていた場合はそれが顕著であり、もはや最強の高原も単なる知力25と化してしまう。回復量も4倍の80になるため、もはや負ける事は無い。

他の主人公を選んだ場合、再戦時のオブライトのレベルや能力値がアップして強化されており、切り札の通打やアロハリテが効きにくくなるため、高原を鍛え抜くか彼の最強武器“最強バンデージ”を装備させて挑むのが安全策と言える。現代編とは違い初期ステータスに近い状況で挑むと少々辛くはあるが、代わりに最終編ではアイテムが潤沢に使える状況のため、高原を少しばかり鍛えていたり、あるいは鍛え方が足りなくても装備や回復アイテムをしっかり備えていればまず負けることは無いだろう。

関連

ライブアライブ 現代編 魔王オディオ 高原日勝

pixivに投稿された作品 pixivで「オディ・オブライト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10408

コメント