2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

今よりちょっとだけ未来。
超能力を持つ少年がいた。
人々の本音を見すぎケンカに
あけくれる日々だったが・・・・
人の心を読む事が出来る
読心能力を持っている少年・・・・
はたして古代ロボット魔神
ブリキ大王は復活するのか!?

概要

キャラクターデザイン:島本和彦
主人公:アキラ
元ネタ:80年代のロボットアニメ、AKIRA、ブラッドミュージック、某新興宗教団体など

アキラには超能力があり、Yボタンを押すことで人の心を読むことができる。この力を駆使して話を進めていく。話を進めると、発明家の藤兵衛がアイテムを改造してくれるようになり、アキラの装備やタロイモの武器を作れるようになる。タロイモの武器はキューブの武器にもなるため、アキラに装備させて最終編に持っていくと、キューブの武器を簡単に増やすことができる(アイテム欄から使えばよいので誰でも使えるのだが)。
最後には巨大ロボットブリキ大王に乗り込んで戦うことになる。ブリキ大王はかなり強く、苦戦するのは怒竜と隠呼大仏ぐらいで、他の敵は軽く蹴散らせる。

登場キャラクター

(声優はリメイク版のもの)

  • アキラ(田所晃) (CV:赤羽根健治)
    • 主人公。他人の心を読むなど複数の超能力を持つ少年。
  • 無法松(本名:マツイケンイチ)(CV:石川英郎
    • アキラをはじめとした孤児院になにかと世話を焼く男。
  • タロイモ(CV:ノブオ(ペンギンズ))
    • タロキチの命を助けるために作り上げたロボット。
  • ブリキ大王
    • 古代バビロニアの巨大ロボット。精神力で動作するらしい。
  • 田所カオリ(CV:三上枝織
    • アキラの妹。お兄ちゃんっこで心優しい性格。亀のタロキチを可愛がっている。病弱であり、死ぬくらいなら液体人間になると言いだすなど、激しい感情を持つのは兄譲り。
  • 田所タダシ(CV:杉田智和)
    • アキラとカオリの亡父。機動隊の長と言う要職にありながら子供達を可愛がり、部下を気遣うなど情の濃い性格。その情けは敵にも向けられ、クルセイダーズの総長・マツイに向けられるが射殺される。彼の死に泣き叫ぶアキラを尻目に逃げた総長とは、ある形で再会することに
  • 藤兵衛(CV:チョー
    • 近所にある骨董品店「壽商会」の経営者で、身体を機械仕掛けにしてしまった発明家の物知りじいさん。筑波の幹部だったが、シンデルマン博士と対立して逃亡した過去がある。地下にブリキ大王を保管している。
    • フリー行動できる時にはアイテム改造をしてくれるが、失敗する場合も。
  • 妙子(CV:下屋則子
    • 孤児院・『チビッコハウス』の女性職員。松は彼女に頭が上がらないらしく、敬遠したり、「男のすること(リメイク版では「男のケジメ」)に口出しすんじゃねえぜ」となだめたりする。お洗濯に子供達のお世話と仕事に余念がない。気丈な彼女だが、松の死には号泣するなど、松に惚れこんでいたことが後半で分かる。
    • テレポートで、入浴中の彼女と鉢合わせすることもある。ただし、リメイク版ではこのハプニングはコンプライアンスの関係か使われていない。
  • 園長(CV:佐藤麻子)
    • チビッコハウスの経営者で、品の良い老女。カオリの病気を気遣い、ワタナベの父が行方不明なのを案じるなど温かい性格。松に感謝している。
  • チビッコハウスの子供達
    • 孤児院に入居している子供達で、元気印のガキ大将だがクルセイダーに攫われるカズ(CV:林りんこ)、おませでプロレス(特にミサワ)が大好きなユキ(CV:大空直美)、常識人で妙子を気遣う優しいアッキー(CV:桜祐)、そしていじられ役のワタナベ(CV:上村彩子)がいる。
    • 特にワタナベはひどい目に遭うと「ひどいよ…」と泣き出したり、アキラと組んで下着泥、ユキのお尻を触る(リメイク版ではアキラと組んでヘソクリ泥、ユキの前ですかしっぺをする)など様々なイベントに絡むが、最愛の父との再会は叶わず仕舞いと悲劇的なキャラクターでもある。
  • クルセイダーズ
    • 世間を騒がせている誘拐集団。
  • 雲龍(CV:千葉繁
    • 日暮里の寺で怪しいお経を唱えているインコの顔をした住職。
  • シンデルマン(CV:中尾隆聖
    • 不気味な顔つきをした筑波の科学者。
  • W1号(CV:時田貴司
    • シンデルマン博士が作り上げた機動兵器。だがその正体は………
  • ヤマザキ(CV:玄田哲章
    • 陸軍総帥。
  • 隠呼大仏 - リメイク版では大隠呼像
    • 日暮里の寺に置かれている巨大な仏像。
  • ヨシカズ&レイコ
    • 公園でイチャついてるバカップル。ヨシカズがレイコに対してプロポーズしようとしていた時にブリキ大王が出現してレイコが逃亡、その時ヨシカズは叫んだ❗
    『うそつきっ‼️』(CV:島本和彦吼えろペンRRRの中では炎尾燃))


コミカライズ!?

キャラクターデザインの島本氏が2018年冬のコミケで「超級!近未来編」を頒布。つまり、島本先生による島本節全開の近未来編の漫画化が行われたのである。しかも120ページ!!(なお現在は在庫が島本氏の手元に一冊だけしか残って無いとのこと)ちなみにカラーコミック化版も存在する。

またライブアライブがSwitchにてHD-2Dリマスターされることを受けて島本先生のTwitterにて新たに『超級‼️近未来編R』が掲載されることとなった。
しかもサプライズゲストとして通りすがりの炎の漫画家屋さん』と『通りすがりのゲームプロデューサー屋さんが田所晃の前に登場する事となる。

ちなみに両者共にスクウェア・エニックスの公式ではない。特に前者はあくまでも島本氏による同人作品としてのコミカライズ化である。ただし「超級!近未来編」が少なからずともリメイク版への機運そして近未来編のリファインに影響を与えたのかもしれない。

………と思ったら月刊ビッグガンガンVol.08(スクウェア・エニックス発行)で特別読切「燃えよペンRRR 1993『LIVE A LIVE』制作記録編」が、そして月刊サンデーGX2022年8月号(小学館発行)掲載の「吼えろペンRRR」でもリメイク版「LIVE A LIVE」制作舞台裏を執筆する事となった。(勿論両雑誌掲載分のストーリーはスクウェア・エニックス公認、「LIVE A LIVE」プロデューサーの時田貴司氏が完全監修、そして主人公は炎尾燃が島本和彦先生のアバターとして登場する。)

かつてライブアライブのプロジェクトが立ち上がった時、原始編のキャラクターデザインをした小林よしのり氏協力の下、月刊コロコロコミックプロジェクトの経緯を連載記事「よしりんのライブ・ア・ライブ」というのを掲載していたが、リメイク版ではまさかの島本氏だった。


近未来編 ショートトレーラー



余談

近未来編の年代は2014年(2010年説も有り)である。
ライブアライブ発売当時(1994年)なら近未来であるが、令和(2020年)に突入した現在ではちょっと昔になってしまった。
2022年2月10日のニンテンドーダイレクトにてHD2Dを用いたリメイクが発表されたが、同日のファミ通インタビューにて時田貴司が年代を更に未来にするとスマートフォンやインターネットがないことを指摘される可能性や昭和の男というワードもあるため変更しないとのこと。

この編はHD-2D版においては特に破格すぎる程の熱が入っており、限定版特典のブリキ大王の組み立てキットによる立体化かつそのボックスアートに島本氏の描き下ろし新規イラスト、さらに主題歌「GO!GO!ブリキ大王!!」の歌唱に影山ヒロノブ氏の起用といった豪華すぎるにも程がある熱の入れようである。

さらに島本氏はこのリメイク版において何かを収録する為に参加している事も判明している。

内容のアツさからよく勘違いされやすいが、シナリオは島本和彦氏は担当していない(もっと言えば時田氏ではなく別のスタッフが担当していた)。前述のキャラクターデザインと「GO!GO!ブリキ大王!!」の二番の投稿だけである。ただし、リメイク版インタビューで時田氏はライターから上がってきた当初のシナリオは今よりも陰鬱なものだったらしく、島本作品特有の熱さを意識かつ加味してシナリオは作り直されたと述べている。

小ネタとしてチビッコハウスのリビングにあるテレビではプロレス中継をしているが、100ラウンドまで見るとこの人が現れる展開になるも中継が放送終了してしまう。おそらくリメイク版の製作時点を考えても偶然だが、その人(の中の人)が引退を表明したのもまた時代を越えた出来事と言える。

ちなみに「獣神シャツ」はもはや説明は要らないだろう。時田氏は彼の大ファンである。

リメイク版の変更点

  • 一部アイテム、演出、台詞の変更

流石に一部のアイテムが現在のコンプライアンスに引っかかるためか、変更されている(ただし、変更した結果がいろんな意味でヤバいものになっている。なお、妙子のパンチはそのまま登場する。モーションはビンタだけど)。
同様にセクハラ系の描写やイベント、一部セリフ回しも現在のコンプライアンスに合わせてか変更されている(藤兵衛のトイレイベントは何故か変更されていない)。
ただし、台詞に関しては追加されてよりわかりやすくなった部分もあり、この点については他の編でも同様である。

なお、ある場面でアキラが叫ぶ「それどこじゃねーか!」という誤植のような台詞が何故か修正されず、しかもしっかりボイス付きである
そしてまたある場面の無法松の迷セリフ「ろれろホゲェ!」「ポゲラルゴォ~!」は別に変更は無かったものの、マタンゴの実態がボカされている(食べると集中力を上げる事ができる怪しいキノコになっている)ことを含め、麻薬を連想する表現がコンプライアンスに反しているためかオリジナル版のラリっているかのような動きも無く、ボイスも必殺技のような大真面目な声音になっている

その他としては、無法松の最期のシーンにて、オリジナル版では藤兵衛がやれやれと肩をすくめる不謹慎なものだったが、
リメイク版ではガックリと肩を落として首を横に振るという良識的な行動になった。
そして妙子の場合は膝から崩れ落ちて泣き崩れるというより悲壮感が増している。

  • シナリオ必須イベントの順番の変更
オリジナル版ではタロイモを仲間にした後、寿商会でブリキ大王を動かそうとして失敗し(※スキップ可能・ただし飛ばすとアイテム改造が不可能に)、その後ちびっこハウスでワタナベに妙子のパンツを取りに行かせるイベント(厳密には「妙子のパンチ」を食らう所まででOK)の後にカズが誘拐されるという流れだった。
リメイク版ではタロイモを仲間にした後、ちびっこハウスでワタナベに「妙子のヘソクリ」を取りに行かせるイベント(なお「妙子のヘソクリ」を入手しないとちびっこハウスから出られない)の後、寿商会でブリキ大王を動かそうとして失敗し(こちらも必須イベント化)、その後ちびっこハウスの中に入るとカズが誘拐されるという流れに変更されている。

  • 背景の一部の修正
戦闘時の道路の車線はSFC版では舞台が日本なのに何故か左ハンドル車が主な国のタイプだったのを、リメイク版ではきちんと日本の道路に則った車線に修正されている。わかりやすく言うと車線の矢印の位置をSFC版とリメイク版で見比べるとわかる。

また、オリジナル版ではグラフィックの都合上わかりにくかったコンセントの位置が明確化している

  • オープニングムービー
オリジナル版は町中を無法松が運転するバイクが走り抜けるものであったが、
HD-2D版は影山ヒロノブ氏が熱唱する『GO!GO!ブリキ大王!!』をバックにスーパーロボットアニメのオープニングよろしく熱のこもった演出になっている。

  • ブレイクダウン
他の編でも同様だが、リーダーを倒してブレイクダウンしてもアイテムをドロップできるほか、ブレイクダウンする敵に対しても行動を狂わせる状態異常が効く
特に近未来編は厄介なメカが敵として現れる事が多いため、積極的にブレイクダウンを狙った方が楽に攻略できる。

  • ブリキ大王
ブリキ大王自体SFC版よりかなり細かくドット絵描写され、島本氏のイラストにより忠実に近付いている。そしてブリキ大王の攻撃にモーションが追加されており、どうやら同人誌「超級!近未来編」で描かれたブリキ大王の動きが参考にされていた様子。
また、ラスボスの元へ向かう際のフィールド上の操作中、戦車や戦闘機と戦闘になる場所が可視化された。街中に戦車が配置されているため、接触することで戦闘になる。なお、怒竜は2機登場するが、配置が変化しているため両方とも戦うことになる可能性が高い(オリジナル版では最短距離で向かうと1機目とは戦闘にならなかった)。演出も徘徊型1機と目的地手前で現れる1機で構成されている。

スーパーロボットアニメにおけるお約束の技名シャウトを採用している為、ブリキ大王の各技を繰り出すと赤羽根健治氏による熱いシャウトが飛び出しまくる。

  • 液体人間
リメイク版ではより生々しい描写になっている。
W1号が撃破され爆発した際は、床や壁に液体人間の一部が飛び散ってべっとりと付着する

隠呼大仏撃破後の描写も、液体人間がヤマザキ達を襲うシーンはオリジナル版では一応逃げ道があったが、
リメイク版では四方を液体人間に囲まれて逃げ場がなくなり、そのまま液体人間に覆いかぶさるように襲われる結末になった。

更にブリキ大王にも襲いかかるシーンでも、コックピット内に液体人間が侵食するようになり、より危機感と恐怖感を増す演出になっている。

ここまでの演出を強化したのはオリジナル版当時、スーパーファミコンの制約上どうしてもできなかった事をリメイク版では実現可能になった為だとされる。

…再三言うが、近未来編はリメイク版では一二を争う演出への熱量が半端ない事だけは確かである。特にブリキ大王に関しては時田氏でさえ「(こだわりのあまり)やりすぎて開発が終わらなくなる」と言わしめた程。

関連タグ

ライブアライブ

現代編:近未来編と年代が近く互いの主人公の国籍も同じ日本と思われるため、他のシナリオの主人公の面々と違い対面できる可能性が1番高く相手側も同様である。
その為かこんなイラストが…

「Hello,近未来」



炎尾燃燃えよペン吼えろペンアオイホノオの主人公にして島本先生のアバター、そして上記に記述した『超級‼️近未来編R』の登場人物となる『炎の漫画家屋さん』でもある。
そして上記にもあるようにビッグガンガンサンデーGXに掲載されるライブアライブ公式制作舞台裏公開漫画でも島本先生のアバターとして出演。

関連記事

親記事

ライブアライブ らいぶあらいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「近未来編」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「近未来編」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 204787

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました