2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

最終編

さいしゅうへん

ゲーム『LIVE A LIVE』のシナリオの一つであり、最終シナリオである。
目次[非表示]

己の勝利に酔いしれ
敗者をかえりみない者達「人間」···。
それはとどまらぬ欲望を自重しない
許しがたき存在···。
そう···
敗者が悪なのだ!!
勝者こそ正義なのだ!!
お前達は、素直に···自分の思うままに行動していただけだった···。
しかし敗者には···今も、過去も、明日も、未来もない!!
教えてやらねばならぬ···。
我が名は 魔王···
魔王オディオ···!!

概要

各編の主人公達が集結する最終シナリオ。開始前に各シナリオの主人公から1人を選択し、オルステッドを選んだ時とそれ以外の主人公を選んだ時とでは内容が異なる。

オルステッドの場合

中世編以外の7つの編のボスたちを操って、各主人公たちと戦うことになる。元々かなりの強さを持ったボスを、オルステッド本人の強さを上乗せするため、たいていは圧倒的な力で叩き潰すことができる。しかしその結末は···。

本ゲーム中でも最も救われない重大な展開になる可能性もある。魔王オディオの項目を参照。

オルステッド以外の場合


誘おう…真実を知らしめん為に!!


中世編以外の7つの編の主人公たち(功夫編のみ心山拳老師の弟子の一人が心山拳師範として登場する)がオディオの世界へと召喚され、プレイヤーはそのうちの選んだ主人公でオディオを倒しに行くことになる。選ばなかった主人公たちは各地に点在しており、条件を満たすことでパーティに入れることができるロマンシング サ・ガに近い形式になっている。条件はそれぞれ異なり、話しかけるだけですむ者もいれば、戦闘しなければならなかったり、特定のアイテムを手に入れる必要のある者もいる。
最終編にはこれといった物語がなく目的はラスボスを倒すことだけとなっており、仲間を集めなくてもラスボスと戦うことは可能で、一人だけでクリアすることもできる。また各主人公の最強武器が各地に点在するダンジョンに存在しており、対応した主人公がいないと入れないようになっている。選択した主人公、仲間全員と会ったかラスボス戦後の行動によってエンディングが変化する。また、各編での行動によっても若干変化する。魔王とは何かを考えさせられるものがある。

ちなみに「逃げる」が鍵となっている隠し要素が二つあり、「???回戦闘から逃げる」「ある所で戦わず去ろうとする」と起きるイベントがある。前者は既に最終編のどこでも可能であり、ある回数から初めて何者かから残り5回であることが警告され、以降逃げる度にカウントダウンされていく。そして0になると…?

リメイク版はさらなるところで新しい追加要素として真のラスボスが現れることとなる。
ただし魔王との会話イベントから最後まで、及びオルステッドルートは録画・撮影禁止区間に設定されている。
破ったらスクエニ公式からのハルマゲドン……もとい然るべき対応をされるので注意である。

登場キャラクター



ダンジョン

中世編では入れず何故存在するのか、何の為に造られたのかが謎の迷宮群であり、各主人公がいるのが突入の最低条件となっている。
攻略すると、各主人公の最強武器が入手できる。

本能のダンジョン
ポゴがいる状態で雪山のふもとの青い壁を調べると入れる。奥にはボスのアムルクレチアが生息している。迷わずに進むためには原始編特有の「あのアクション」が鍵である。

鍵のダンジョン
ルクレチア城下町の民家から入れる。おぼろ丸がいる間は『影』と呼ばれるモンスターが「古びた鍵」を落とすようになる。ダンジョンに多数存在する鍵付きの扉は「古びた鍵」がないと開かないため、おぼろ丸がパーティに必要。ボスは不在であり、鍵を開けた扉はおぼろ丸がいなくても通行できる。

技のダンジョン
雪山のふもとの岩を心山拳師範に壊してもらうと進入ができ、ダンジョン内にも師範の特定の技で壊せる岩が点在している。
そのため心山拳の技をすべて覚えていないとまともに探索できないが、リメイク版ではシステムを改善したことで技を覚えられないバグがなくなったため詰む心配がなくなった。
更にリメイク版ではどの岩にどの技を叩き込めばいいかは心山拳師範がヒントを出してくれる。
通路にはボイスハートがうろついている。

時のダンジョン
サンダウンがいる状態で森にいる馬を追いかけていくと入れる。通常エンカウントは一切ないが、時間が経つ毎に鐘が鳴り、ダンジョンが暗くなっていき、最後にはボスのジャギィイエッグが襲いかかる。
完全に暗くなる前にダンジョンから出るとカウントがリセットされるほか、ボス討伐後はカウント自体が廃止されるため明るいままで敵が出ないダンジョンを探索することができる。

力のダンジョン
日勝がいる状態で森にいるボスのアポフィスフィオを倒すと入れる。最初こそ一切のエンカウントがないうえ一本道しかないダンジョンだが、当初は途中の宝箱が開かない。最深部にある最強バンデージを入手すると他の宝箱を開けられるようになるが、高エンカウント率でかつ強いモンスターが出る。
この高いエンカウントを利用することで、レベリングや、ある隠しボスをおびき寄せたりすることにも使える。

心のダンジョン
他のダンジョンと異なり、入り口そのものが存在しない水路らしきものがある謎の空間であり、アキラがテレポートするとたまに入れる。滅びたルクレチアの人々の魂が彷徨っており(何故あの世ではなくここに閉じ込められているのかは不明)、目的を果たすと二度と入れない。ボスは不在。
アムルクレチア曰く「閉ざされた心っちゅーもんはそう何度も開かん」らしい。

知のダンジョン
ファミリオの村の民家が入口。通常エンカウントは一切なく、キューブがいれば謎解きに挑戦でき、先に進める。17ダイオード入手後に再訪するとボスのユラウクスと戦える。
なお、民家がダンジョンと何故かつながっているため、家の屋内そのものには入れない。

関連動画

『ライブアライブ』ファイナルトレーラー
※他の編の内容も入っているが最終編が動画のメインになっている。


リメイク版

オリジナル版は中世編クリアすると同時に最終編が始まるのだが、
リメイク版では中世編クリア後も最終編以外のシナリオをプレイできる。もちろん中世編も再プレイ可能。

最終編を始める前にやり残したこと、やり直したいことがあれば、今一度ほかのシナリオをプレイしてから最終編に挑むことを推奨する。
なお、シナリオ選択画面の「最終編」の欄には、特定のキャラクターが立つ台座のかわりに、各編のボス達が纏っていた赤黒いオーラだけが浮かんだものになっている。

そして、オリジナル版では各主人公の装備しか最終編に持ち込めなかったが、
リメイク版では消費アイテム以外の持ち物も持ち込めるようになった。更には仲間の装備品も持ち込める。ただし、タロイモしか装備できないボーリング玉や、べるしか装備できない野生のバッグや野生のドレスなどの、仲間しか装備できない装備品は持ち込めない。
各主人公と合流した際は各編クリア時の持ち物(消費アイテムを除く)を受け取りが可能。

また、オリジナル版では中世編で城や魔王山のアイテムを取ると、最終編で入手できなくなっていたが、
リメイク版ではアイテムが再配置されているので遠慮なく取っておこう(ものによってはより優れたアイテムに変わっている)。また、よく見ないとわかり辛いが、他の7人が主人公の場合に行けるルクレチア城は実は朽ちている。地名も「廃村」「廃墟の街」「雪山」と地名すら忘れ去られてしまっている始末。

最終編のTIPSはアムルクレチアを倒せば解放され、彼が各地及び隠されたダンジョンについて解説している。

ちなみにリメイク版のボイスハートは姿や行動はオリジナル版と同じだが、キャラクター性(いわばセリフ)が全く異なる。これは昨今のコンプライアンスにより変更されたものである。

関連タグ

ライブアライブ

関連記事

親記事

ライブアライブ らいぶあらいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「最終編」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「最終編」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 357007

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました