2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

時は幕末
この天地動乱の時代にも
影ながら生き続ける「忍び」に
密命が下った・・・・
敵の城へ潜入し
数々の敵や からくりを突破し
とらわれの人物を救出せよ!
なるか100人斬り!?

概要

キャラクターデザイン:青山剛昌
主人公:おぼろ丸
元ネタ:時代劇、戦国時代や江戸時代の実在する人物など

目的はとらわれの男を救出することなのだが、ついでに日本を乗っ取ろうと画策している敵たちを倒すことになる。舞台は尾手城のみだが、城内は広く入り組んでおり行動範囲は少なくない。任務を放棄して抜け忍になることもできるが、何度も追手たちと戦うことになる上、追手を全員倒してもゲームオーバーになってしまう。また、ボス戦後の選択によって、最終編のエンディングが変化する。
100人斬り、0人斬り、条件を満たすともらえるアイテム、岩間さまや魔神竜之介などの強敵と、他の編と比べてやり込み要素が多くなっている。Yボタンを押すことで、敵から姿が見えなくなる隠れ蓑が使用でき、敵をやり過ごすことができるので、アイテム回収や0人斬りをするのに役立つ。また、おぼろ丸カラクリ丸は、特定の敵の特定の技を受けることで技を習得できる。
リメイク版ではレーダーや城の見取り図が追加されており、表示の切り替えが可能である。

登場キャラクター

※CVはリメイク版

▲は本作に言及のない、モデルとなった人物の記事。



幕末編 ショートトレーラー



余談

やりこみ要素として有名な100人斬りだが、最後に報酬がもらえる0人斬りとは違い、実は成功しても特典はない。純粋なやり込み要素であり、むしろ一部の隠しアイテムやイベントが見れないなどの欠点もある。どの方法を辿っても一度に全てのイベントを見られるわけではないが、登場人物がイベントに関わる以上、100人斬りが最もその影響を受けることになる。
また、達成するためには、ただただ敵を斬っていくだけではダメで、特定の手順を踏んだり、一部の敵を後回しにしないと達成できない。

一方の0人斬りも、一部のイベントやアイテム(特に、特定の敵を倒さないと入手できないレアアイテム)をあきらめざるを得なくなる。リメイク版では後述の新アイテムも入手できなくなってしまう。また、殺害数にカウントされない敵を何度も倒してレベリングしないといけないという手間もある。

突き詰めると、幕末編の攻略パターンは

  • 100人斬り
  • 0人斬り
  • 斬る人数は中途半端になるが、レアアイテム等を可能な限り入手していく
の3通りに分類されてくる。このうち3番目は、リメイク版では最終編へのアイテム持ち込みの制限が緩和されたこともあり、より重要度が増している。

いずれのパターンにせよ、少しでも手順をミスすれば達成不可能となりかねないので、可能ならば事前に攻略情報などを調べて計画を練ってから挑みたい。

リメイク版の変更点

  • 名前

オリジナル版ではおぼろ丸の名前を変更しても必ず「◯◯丸」になるが、リメイク版では『丸』も含めて好きな名前に変更可能。

  • 隠れ蓑
リメイク版は敵がこちらを見つけるとどこまでも追いかけてくるが、隠れ蓑を使うとこちらを見失い、探すように歩き回るようになる。
隠れ蓑を使っても動き回っていたオリジナル版と違い、リメイク版ではこちら見失った敵は辺りを見回しながらしばらく立ち止まるので、これを利用してやり過ごすこともできる。

  • 合言葉
鐘が鳴る度に合言葉が変わるのは同じだが、リメイク版では鐘が鳴るとおぼろ丸が現在の合言葉がどれかを確認してくれる。
合言葉はオリジナル版と同じく『川』と『元』のどちらかなので、100人斬りを目指す場合は『芋』と『下』を選ぶ事を推奨する(二の丸屋根裏前の忍者は『川』と『元』の合言葉じゃない方を答えなければならない)。

  • 蔵の幽霊
0人斬り攻略の貴重な経験値稼ぎ相手となる蔵の中の人魂。
オリジナル版ではおきょうという女幽霊を倒すと人魂が現れなくなってしまうが、
リメイク版ではおきょうを倒した後でも人魂が出現する。

  • 般若丸
100人斬り攻略の最大の壁の1つである般若丸だが、リメイク版では通路が広くなった上に4人の侍の配置が変わって通り抜けやすくなったため、オリジナル版よりは難易度が下がった(それでもモタモタしていると、オリジナル版と同様に侍達を斬り殺されてしまう)。

  • 新アイテム
一度倒すとしつこく付き纏ってくるオカメの方にトドメを刺すと、特攻が20も上がる「美しい帯」を手に入れる事ができる。
当然、0人斬り攻略時には入手できない装備である(15回目までなら倒しても支障はないが、16回目でトドメを刺すと殺害人数に入ってしまう)。

  • ワタナベイベント
ワタナベイベント発生前に、真下にいる敵を倒すとワタナベ親子がいなくなるのはオリジナル版と同じだが、
リメイク版ではワタナベ親子生存後、抜け忍エンドを選ぶと逃亡中の背景にワタナベ親子が現れる

  • その他
オリジナル版は100人斬りの際には、相手によっては敵意のない人間も斬ることとなったが、
リメイク版では斬る選択を選んだ際、かすていらをくれる家老と五ェ門以外の全員が「やはり騙されんか!」「よくぞ見破った!」などと敵の刺客が化けていた扱いになって戦闘に入るという罪悪感が薄くなる改変になった。見逃した場合はオリジナル版と同じ(腰元の帯と印籠をくれる腰元も、リメイク版では斬る選択を選ぶとおぼろ丸を騙すつもりで近付いた扱いになる)。
また、一部イベント戦を除き、話しかけたら戦闘になる人間は逃げることができる。

オリジナル版は正門の後ろからスタートしていたが、リメイク版では正門前からスタートである(そのまま城に背を向けて進むと抜け忍エンドになる)。
その代わり門前の見張りは隠れ蓑で戦闘せずにやり過ごすことができるようになった(オリジナル版のように戦闘に入ってから逃げてやり過ごすことも可能)。

余談だが、リメイク版において性的描写はコンプライアンスに反するため描写変更されているが、帯回しや腰元の帯、オカメの方、淀君の誘惑はそのまま残っている。

また、ラストシーンの日の出を迎える風景が、0人斬り・100人斬り・そのどちらでもない場合の3パターン用意されている。

関連タグ

ライブアライブ

メタルギアシリーズ:隠密任務(潜入)・敵との戦いを回避するといった点で類似。リメイク版によって敵がこちらを見つけた時に頭に「!」、見失ったときは「?」が出るのも共通。

関連記事

親記事

ライブアライブ らいぶあらいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「幕末編」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「幕末編」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 208795

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました