ピクシブ百科事典

ガマヘビ変化

がまへびへんげ

スクウェア(現スクウェア・エニックス)のゲーム『ライブアライブ』幕末編に登場するボスキャラ・尾手院王が変化した姿である。
目次[非表示]

概要

幕末編のボスにして尾手藩主である尾手院王は、とらわれの男こと坂本龍馬を捕らえ、からくりと竜馬本人を入れ替える事で維新を牛耳り、徳川に代わって日本国を支配しようと目論んでいたが、炎魔忍軍が送り込んだおぼろ丸によって龍馬を救出されてしまう。

おぼろ丸は「城主に礼をするぜよ」と言う龍馬と共に城の天守閣に攻め込み、宮本武蔵淀君など妖怪化した幹部を撃破してしまう。追い詰められた院王は天守閣に登るや否や、辺りの空気を邪悪なものに変え、その中で自らも妖怪化してガマヘビ変化に変わり、決戦を挑んだ。

腕がヘビで身体はイボだらけのカエルと言うおぞましい風貌の妖魔ガマヘビ変化は、“毒の牙”で弱らせ、鳴き声を用いた“げこげこ”で麻痺させ、吸血で自らを回復するなど技巧的な技を使う。中でも強烈な必殺技は、広範囲を自らに有利な毒フィールド(本人は毒の床で回復できる)に変える“毒蛇ムチ”である。終始厄介に感じる相手だが、その分抜け道もあり、いんろうや水神のウロコで知力を上げたりコイツぁたまゲタと言った毒床無効アイテムがあれば楽に勝てる。
悪魔を売ってまで日本を束ねる力を求めた猛者たる尾手院王も、人の道に目覚めたおぼろ丸と未来を夢見る龍馬のタッグの前に敗北。力尽きて天守閣から落下し、墜落死した。

最終編で

オルステッドを主人公にした場合、彼の視点でおぼろ丸・坂本龍馬の抹殺を実現できる。幕末編で育てすぎたり、毒床無効の装備をしていなければ、吸血や毒蛇ムチと言う二つの必殺技でおぼろ・龍馬コンビを粉砕可能。相手を育てすぎた場合は、中世編でオルステッドのレベルをそれ以上に上げておき、毒蛇ムチによる毒フィールドの回復に頼りながら戦おう。

巨大キャラなので毒フィールドのマス目×ダメージ(恩恵)を多大に受ける事が可能。毒フィールドで大回復しつつ、おぼろ丸と坂本龍馬を弱らせて持久戦に持ち込める。

関連

ライブアライブ 幕末編 尾手院王
おぼろ丸 魔王オディオ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガマヘビ変化」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7055

コメント