ピクシブ百科事典

天草四郎

あまくさしろう

島原の乱(天草・島原の乱)におけるキリストの生まれ変わりと言われた少年。あるいは同人をモチーフとしたキャラクター。
目次[非表示]

史実

「海とロザリオ」


江戸時代初期のキリシタン(1621年?~1638年4月12日/寛永15年2月28日)。本名は益田四郎時貞。
島原の乱(天草・島原の乱)における一揆軍の精神的指導者(俗に言う救世主)とされる。
実在していたことは間違いないが、詳しい人物像については未だ明らかになっていない部分がある。
武士の息子で父・益田好次も乱の主要人物であったが、四郎自身は乱の時点で10代であり、当然戦の経験があるはずもない。
そのため、実際に一揆軍の指揮を執っていたのは現地の庄屋や浪人たちであり、四郎自身は一揆軍に属していたキリシタン向けに戦意を高揚させる神輿として担ぎ出された青年に過ぎないとも言われている。

乱が鎮圧された際、幕府側は四郎の顔を知らなかったため四郎を討ち取ったかどうかが分からなかった。
そのため、捕えた四郎の母親に首を大量に見せ、母親が泣き崩れた首を四郎のものと断定したと言われている。

伝説

・海を歩いて渡った。
・手をかざすと突然鳩が現れて士郎の手に卵を産んだ。卵を割ると神の託宣が書かれた紙が出てきた。
大坂の陣で死んだ豊臣秀頼の落胤である。

もっともこうした伝説は、一揆軍が四郎をカリスマとして祭り上げるに当たって創作された面も多分にあると思われる。

フィクション

美輪明宏が生まれ変わり

スピリチャル番組オーラの泉で美輪明宏天草四郎の生まれ変わりだと発言していた。真相は定かではない。

悪として

「反体制派のカリスマ」を逆に捉えられ「妖しげな魅力で周りをたぶらかす悪役」扱いをされがち。
次の2作品は代表的だが、一応元は善人であったものの史実の通り幕府に皆殺しされたため、自分たちを救ってくれなかった神を呪うようになったと言う扱い。

サムライスピリッツ

四郎さん


天草四郎時貞の項目を参照。後に善と悪の二つに分かれる

魔界転生

魔界転生


山田風太郎作の小説「魔界転生」及び同作を原作とした映画・舞台・ゲームの登場キャラクター。

演者

映画(1981年版):沢田研二(サムスピ版の元ネタ)
映画(2003年版):窪塚洋介
舞台(1981年版):志穂美悦子
舞台(2006年版):成宮寛貴
舞台(2011年版):浪川大輔
アニメ:置鮎龍太郎

その他の登場作品

など。

関連タグ

天草 四郎 島原
柳生十兵衛 水野勝成 宮本武蔵 宮本伊織 立花宗茂

関連記事

親記事

キリシタン きりしたん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「天草四郎」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「天草四郎」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10136176

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました