ピクシブ百科事典

松平信綱

まつだいらのぶつな

松平信綱とは江戸時代前期の大名、老中。
目次[非表示]

概要

徳川家康の家来大河内久綱の長男、武蔵国忍藩主後に川越藩主、松平伊豆守信綱とも言う。

プロフィール

時代江戸時代
生誕慶長元年10月30日(1596年12月19日
死没寛文2年3月16日(1662年5月4日
官位従五位下、伊豆守、従四位下、侍従
幕府江戸幕府
氏族大河内氏
父母父:大河内久綱、母:深井好秀の娘、養父:松平正綱
正室:井上正就の長女
子女輝綱、ほか


略歴

誕生から元服まで

慶長元年(1596年)10月30日に大河内久綱の長男として誕生、叔父の松平正綱の養子になり松平三十郎と名乗る。慶長16年(1611年)に元服をして正永と名乗った。

伊豆守に就任

元和6年(1620年)に500石、同年に養父に利綱が誕生し、正永から信綱に改名。元和9年(1623年)に御小姓組番頭、そして伊豆守の職に就いた。

島原の乱の総大将

寛永14年(1637年)に島原半島でキリシタンと農民が反乱を起こした、当時総大将は板倉重昌が総大将だったが翌年の寛永15年(1638年)に戦死し信綱が総大将となる。信綱は立花宗茂水野勝成などの大名と協議して兵糧攻めをする。そして同年の2月28日に総攻撃し原城を落城させた。

川越藩主

乱後一揆の鎮圧を尽くした信綱は川越藩に移封し、城下町の整備や川越街道と新河岸川の整備や農政の振興に尽くした。

4代将軍家綱の補佐

慶安4年(1651年)に徳川家光が死去し家光の子家綱が将軍になると信綱は家綱の補佐をした。同年に発生した。由比正雪の乱を鎮圧する。寛文2年(1662年)に薨去。

外部リンク

松平信綱 - Wikipedia

関連タグ

江戸時代 江戸幕府 老中

関連記事

親記事

老中 ろうじゅう

pixivに投稿された作品 pixivで「松平信綱」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79536

コメント