ピクシブ百科事典

田沼意次

たぬまおきつぐ

江戸時代中期の旗本、のち大名(相良藩初代藩主)、江戸幕府老中。
目次[非表示]

概要

享保4年(1719年)7月27日江戸旗本の家に生まれ、9代将軍・徳川家重により1万石の大名に取り立てられた。
第10代将軍・徳川家治の信任を背景に側用人となり、安永元年(1772年)、ついに江戸幕府の施政を取り仕切る老中に就任。

田沼を中心とする幕府閣僚は、悪化する幕府の財政赤字を食い止めるべく、重商主義政策を採る。

具体的には、株仲間(同業者のカルテル)の結成を奨励し、株仲間に税金(冥加金)を課しこれを財源とした。
また、幕府の直営事業として座などの専売制の実施、平賀源内らを起用して鉱山の開発などに取り組み一定の成果を得た。

その結果、幕府の財政は改善に向かい、景気もよくなった。
しかし、社会の初期資本主義化によって、都市部で町人の文化が発展する一方、益の薄い農業で困窮した農民を放棄し、都市部へ流れ込んだために農村の荒廃が生じた。
加えて、1782年(天明2年)から1788年(天明8年)にかけて浅間山の爆発を遠因とした天明の大飢饉が発生。対処に失敗し、一揆打ちこわしが激化。

そこに追い打ちをかけるようにロシア帝国との交易や学者の重用を企図していたことから幕府内保守派の怒りを買い、長子の意知を殺されてしまう。

天明6年(1786年)、家治の死去を期に田沼は失脚し、その後に老中となった白河藩主・松平定信(11代将軍徳川家斉の従兄、8代将軍・徳川吉宗の孫でもある)らにより「寛政の改革」が行われたが、これらの政策は8代将軍・徳川吉宗が主導した「享保の改革」の焼き直しとして農業の奨励(重農主義)と質素・倹約が奨励された。

また、最大5万7000石といわれた田沼家の所領も軒並み剥ぎ取られ、本領の遠州相良も破却された。
失意の中で天明8年(1788年)6月24日、70年の生涯を閉じた。

評価

一般には、「江戸三大改革」とされる松平定信の「寛政の改革」と対比される形で、「汚い政治家」「賄賂政治」として非難されやすい人物である。
ただし、「米」を経済単位とした江戸幕府の政経体制は、設立から時間が経ったこともありこの時代には相当大きなひずみが生じていた(簡単に言うと、「武士は米を給料として貰うのに、それを貰ったその日に金に代えて生活していたため、米の相場に応じて経済が大きく揺らぐ」という問題が多発していた。最初から給料を金で与えていれば経済は大きく安定するはず)。
それを改善するために、貨幣経済中心の政策へとシフトする現実的な対策を取った点に関しては、近年再評価の向きも出てきている。
彼の場合、飢饉や噴火と言った「人の身ではどうにもならない天災」が在任期間中に多発したのが不幸だったのかもしれない(儒教では「天人相関説」と言って「上に立つ者が不徳だと世に災いが起きる」という考えがあったので、在任中の天災は今の感覚より遥かに重大だった)。松平定信の重農政策・倹約令はその揺り戻しと言え、幕府の倹約政策が市中にまで徹底されたことにより息苦しさに「白河の清き流れに魚住まず 濁れる田沼のいまは恋しき」と落首が詠まれるありさまとなった。
また、田沼の汚職関連に関してはその大半が松平定信及び彼のシンパによる記録であることも鑑みる必要がある。要は「定信が自分を良く見せるために田沼を過剰に悪く書いているんじゃないの?」という捉え方もある、ということである。

余談

10代将軍・徳川家治の死去にあたって、意次は病床に伏した家治のために町医者を紹介、しかし、町医者の調合した薬を飲用後に家治の容態が急変して死去したため、一時は意次による毒殺説がささやかれることになったが、政権の後ろ楯となっている家治を意次が毒殺する理由がないため、現在ではこの説は否定されている。

関連タグ

江戸時代 江戸幕府 徳川家治 徳川吉宗
剣客商売

pixivに投稿された作品 pixivで「田沼意次」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3056

コメント