ピクシブ百科事典

エルディール

えるでぃーる

エルディールとは、「イース4」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

有翼人の生き残り。白い天使のような大きな翼をもつ青年。昔から聖域の城で一人静かに暮らしてきた。だがその心の内には常に孤独を抱いていた。

昔から有翼人を崇める高原の村ハイランド(PCE版では大地の村ラパロ)の村人が有翼人の世話をしてきたが、今ではごく一部の者しか行ってなく、聖域の城にいるエルディールのことを知るものもごく少数。当代の世話係は長老の孫娘リーザである。

眉目秀麗で、さらに教養に溢れ、慈愛に満ち、穏やかで温厚な性格…とまさに完璧超人。リーザからは慕われ愛されているが、エルディールがリーザをどう思っているかは、媒体によって異なっている。


各媒体による扱い

イース4はゲーム、小説等、様々な設定のものが発売されているが、エルディールは媒体によって扱いが違っているキャラクターである。

ファルコム原案に忠実に製作されたSFC版『イースIV MASK OF THE SUN』ではラスボス。
聖域にやってきた闇の一族のグルーダたちにそそのかされて、古代文明を復活させてセルセタを混乱に陥れた。目の前でリーザがグルーダたちにリンチを受けて殺されるのを静観するなど、一見冷酷と思いきや、その後でリーザを輝きの首飾りの力で蘇生させて助けたことから、グルーダたちの手前、冷酷さを装っているだけで、完全に悪に染まったというわけではない。
最終決戦でアドルに破れたことで、自らの過ちを認めて潔く謝罪。そこに駆けつけたリーザに、強く生きるようにと別れを告げて、アドルたちと共に転送することで脱出させた。

PCE版『イースIV The Dawn of Ys』ではグルーダたちに利用されたあげく、自分を慕うリーザすら犠牲にしようとするなど、完全に闇堕ちしてしまっている。リーザを生け贄にして、太陽の仮面復活の儀式を執り行おうとするが、グルーダに背後から剣で貫かれて殺されてしまう。

小説版『イースIV 樹海に沈みし魔宮』では、裏切ったグルーダによって瀕死の重傷を負わされるが、輝きの首飾りを通じてリーザの祈りが通じ、一命をとりとめた。その後リーザを連れて逃げるようにアドルとドギに頼むが、リーザは一緒に逃げようとエルディールに肩を貸し、ドギは何人も面倒はみれないとアドルだけかついで脱出。その後はリーザと共に生死不明になる。逃げようとしているエルディールとリーザを見たというカーナの言葉や、ドギの「固い絆で結ばれた二人をセルセタの4人の神様が見捨てるはずがない」という言葉から、生き延びてどこかで生きていると思われる。これに関しては作家である大場惑氏がSFC版ともPCE版とも違う結末になるとあとがきで公言していた。

奥田ひとし氏による漫画『イース太陽の仮面 -Mask of the Sun』では故人(ジーナスによってひそかに殺害されていた)


リーザとの関係

リーザとの関係も媒体によって異なっている。

SFC版『イースIV MASK OF THE SUN』では、グルーダたちによって目の前でリンチを受けて殺されるリーザを冷たく見ていた冷血男と思いきや、その後でリーザを蘇生させて助けるなど、冷酷さを装いつつも、内心は彼女を大切にしていた。最終決戦の後、「最後までお仕えするんです」とエルディールと死を共にしようとするリーザに、強く生きるように言い残して、彼女を脱出させて別れを選んだ(死別)

PCE版『イースIV The Dawn of Ys』では、リーザを生贄として殺そうとしたあげくグルーダに殺害されて死別(リーザ曰く「私はあの方の心に入ることはできなかった(心を開いてくれなかった)」)

小説版イース4である『イースIV 序章 翼あるものの肖像』では、自分に尽くしてくれるリーザの気持ちをうれしく思うものの、エルディール自身は恋愛感情には至っていない。だが争いに巻き込まれることがないようにリーザに城に来ないように言うなど、エルディールなりにリーザのことは配慮していた(結局リーザのエルディールへの恋心に気づいたバミーの進言で出入り禁止はなくなった)
ゲーム本編のノベライズである『イースIV 樹海に沈みし魔宮』では、グルーダに殺されたリーザを輝きの首飾りで蘇生させたりするなど、リーザを大事に思っている。輝きの首飾りの力とリーザの想いで一命をとりとめた後、崩壊する都市からリーザと共に脱出しようとしている姿を、同じく逃亡中のカーナたちが見たのを最後に、その後はリーザと共に消息不明になる。ドギ曰く「固い絆で結ばれた二人をセルセタの4人の神様が見捨てるはずがない」と言っていたことから、どこかでひっそりと生き延びたということになっている。

イース4の最新作にあたるPC版『イース セルセタの樹海』では、リーザをアドルの現地嫁にしたいスタッフの意図か、エルディールはリーザを見守る父親的存在になっている。


人物

人間から神々と崇められる一族の者だけあって、高潔で穏やかな人物。教養もあり、性格も慈愛に満ちていて、さらに美青年。例えるなら、男性版フィーナ(もしくはレア)といえるだろう。


関連イラスト

片翼の神
エルディール様



関連タグ

Ys イース4 リーザ(Ys)

関連記事

親記事

イース4 いーすふぉー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エルディール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185

コメント