ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

劇場版『機動戦士ガンダム』めぐりあい宇宙編で追加されたドズル・ザビの台詞。
地球連邦軍の宇宙総攻撃に対し、宇宙攻撃軍司令官のドズルはであるジオン軍総帥ギレン・ザビに増援を要請した。しかし送られてきたのは、ビグ・ザムただ1機。「それさえあれば師団数個に匹敵する戦力があるだろうから連邦の戦艦MSなど相手にならんだろう(意訳)」というそっけない態度を示したギレンに対し、ドズルが反論したのがこの台詞である。
「ジオンに兵無し」などと言われる通り慢性的な戦力不足に悩むジオン軍にとっては、痛い問題である。

実際、一年戦争においてMSを始め数々の新兵器を開発していったジオンに対して連邦がジムボールなど生産性の高い兵器群を量産し、最終的に勝利を収めている事からもこの言葉が如何に真理を突いていたかを窺い知ることができる。

ルウム戦役において専用のザクⅡを駆り5隻の戦艦を沈めたシャア・アズナブルを始め一機のMSや一人のエースパイロットが戦況を大きく動かした事例も数多く存在するなど、ギレンの言葉もあながち的外れとも言えないのだが、連邦がパイロットの質をソフトウェアの性能向上で補い、ジオンはエースパイロットを多数喪っている状況を考えればこそのドズルの発言なのであろう。そもそも初期の優位性は質と言うよりも新しい戦法を使いそれが当たりだっただけの節が強い。対策されていなかった事と相手の準備が整っていないところを狙った奇襲によるものだと現場から離れて政争を行っていたギレンにはすでに理解できなかったとも言える。マ・クベの敗北した時点で戦略が立て直し不可能なほど破綻しているのに戦争の継続した点からも政争が優先になっていたと考えられる

尤も、ビグ・ザム一機だけを投げつけた理由としては、「コンスコンを始めとした決して少なくない戦力を下手に動かした結果撃破され、その結果戦力不足に陥ったドズルに対する説教としての意味もあるのでは?」という説もある。

因みに「戦いは数だよ兄」は誤り。ドズルは兄弟には意外とフランクな人間である。

余談

劇中でのソロモン戦ではドズルらはソーラ・システムを照射寸前に発見し、迎撃が間に合わずに照射を止められなかったが、
もしMSの数がもう少し多かったらソーラ・システムの発見が早くなり、戦況は一転していた可能性もある。
そう考えるとやはり戦いは数なのかもしれない。

真・ガンダム無双ではこのセリフを意識した特殊ミッションが存在する。
更に、数揃えただけでは勝てないと悟ったドズルが”質”も補うべくデストロイガンダムを大量量産して戦いを挑んでくるミッションもある。
更にはそれでもなお勝てないということを思い知ったドズルの経験から更に士気まで限界まで引き上げて総力戦をジオン軍が仕掛けてくるという集大成ともいえるミッションまである。

なお、後に自分の自分の娘婿になるかもしれない男1機のMSチート能力で戦況をひっくり返してこの名セリフを根底から否定することになるのは皮肉である。
ただしこのチートには大量のサイコフレームが必要でありその点では1から10までドズル理論が否定されたわけではない。

関連イラスト

地球連邦軍
負けられぬ戦



関連項目

劇場版ガンダム
戦争 ガンダム ザビ家

関連記事

親記事

ドズル・ザビ どずるざび

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「戦いは数だよ兄貴!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133274

コメント