ピクシブ百科事典

宇宙要塞ソロモン

うちゅうようさいそろもん

宇宙要塞ソロモンとは『機動戦士ガンダムシリーズ』に登場する宇宙要塞である。
目次[非表示]

概要

ジオン公国軍の宇宙要塞。元々はルナⅡと同じく資源採掘用にアステロイドベルトから運ばれてきた小惑星だったが、一年戦争前にジオン公国が軍事用の要塞に改装された。
旧サイド1宙域に位置し、宇宙世紀0079年の一年戦争時にはア・バオア・クーと月面のグラナダ基地と共に、ジオン公国の本国サイド3を守る重要拠点の一つとなり、ドズル・ザビ中将が司令官を務めた。
何度か地球連邦軍はアンタレス作戦などと言った作戦で攻略を試みたが失敗に終わっており、まさに難攻不落の要塞であった。

だが12月の戦争末期にオデッサ作戦成功以降から勢力を盛り返した連邦軍が宇宙での反攻に打って出始めるとソロモンは必然的にターゲットとなった。

略歴

チェンバロ作戦

12月24日、ティアンム提督率いる地球連邦軍艦隊による攻略作戦「チェンバロ作戦」が開始され、激しい攻防戦が展開された。当然連邦軍側には第13独立戦隊ことホワイトベース隊も参加している。
ソロモンは衛星ミサイルや浮き砲台を全方位に張り巡らせた鉄壁の防衛ラインを敷いており、対する連邦軍はこの困難な戦いに際して新兵器ソーラ・システムを投入、ソロモンはその攻撃により大打撃を受ける。被害はまず第6スペースゲートが繋留艦隊もろとも壊滅、その後は要塞設備と守備部隊の双方に甚大な被害を受けた。そしてその時に空いた穴から連邦軍が突入し、ジオンは連邦軍の要塞突入を許してしまう。
戦力をズタズタにされて不利になったドズルは敵艦隊を要塞本体まで引き付けて叩く水際迎撃作戦に切り替えた。同時に妻子と侍女たちを脱出させた。ソロモンの危機に際してジオン側ではザビ家内の派閥抗争で前線への効果的な戦力集中が為されず、グラナダからキシリア・ザビの命で部隊が発進したがもう間に合わなかった。それでも形勢が逆転できなかったドズルは要塞の放棄を決定、残存部隊に対して退避を命じると自らモビルアーマービグ・ザムに搭乗し、連邦軍へ突撃、多くの敵を撃破するがホワイトベース隊のスレッガー・ロウ中尉の特攻とアムロ・レイの駆るガンダムの手により撃破され、ドズルも戦死した。
この時、撤退するジオン部隊へ追撃を行った部隊がアナベル・ガトー少佐の活躍で壊滅している。
時に12月25日である。

コンペイトウへ

その後地球連邦軍に占領されたソロモンは「コンペイトウ」と名付けられ、連邦軍のジオン侵攻作戦「星1号作戦」の足掛かりとなる。だがコンペイトウに着陣した地球連邦軍の各艦隊が戦力の再編制と要塞施設の修理修繕を行っていた頃、ザンジバル隊のエルメスによる長距離遠隔攻撃を受けて周辺にいた数隻の艦船が撃破された。連邦側はエルメスから放たれたビットを視認出来ず「ラ・ラ」という音と共に突然爆発が起きたと錯覚したため、ソロモンに巣食う悪霊の仕業と噂されるようになった。

戦後の観艦式において

一年戦争終結後もコンペイトウことソロモンは、地球連邦軍の一拠点として使用されていた。周辺宙域には先のソロモン戦で発生したデブリが散乱しており、その中に無人警備衛星を潜ませている。また、周辺宙域を複数の管制区に分割した防衛体制を取っていた。
宇宙世紀0083年11月10日、地球連邦軍は自らの威信を世界に示す為の一大イベント観艦式をコンペイトウで開催した。しかしこれに対してジオン残党軍最大勢力のデラーズ・フリートはこれの襲撃を敢行、ガトーが連邦軍から奪取した核兵器搭載機ガンダムGP-02を駆り、旗艦バーミンガムに向けて核弾頭を放ち、艦隊の3分の2(実質的に連邦軍が保有する艦艇の過半数)を撃沈、もしくは行動不能に追いやってしまった。

それ以降

それ以降もコンペイトウは連邦軍の基地として機能しており、グリプス戦役時にはティターンズの一拠点として運用されており内部ではガンダムTR-1を始めとするTRシリーズの開発が行われていたが後にエゥーゴの攻撃と基地内のシンパの手で陥落した。その後の第1次ネオ・ジオン抗争でも連邦軍の鎮守府の一つとして運用されている。
宇宙世紀120年代でも要塞である模様。

余談

名前の元ネタは勿論ソロモンである。
SD戦国伝では同要塞がモチーフの阻路門と言う地名が登場している。

関連タグ

ジオン公国
ドズル・ザビ
ビグ・ザム
アナベル・ガトー

関連記事

親記事

ジオン軍 じおんぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「宇宙要塞ソロモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56

コメント