ピクシブ百科事典

ジンバ・ラル

じんばらる

ジンバ・ラルとは機動戦士ガンダムの登場人物である

CV:滝雅也/茶風林(THE ORIGIIN)

概要

サイド3の独立運動家であるジオン・ズム・ダイクンの側近。ランバ・ラルの父。
後のジオン公王でるデギン・ソド・ザビとは対立していた。
この事が優秀な軍人である息子ランバが冷や飯食いになった原因の模様。
ダイクンの死後、遺児であるアルテイシアとキャスバルを保護し匿った人物。

アルテイシアからはアニメでは「じいや」と呼ばれ親しまれてたようだが、小説版では表舞台に出てほしいとしつこくせがむ彼のことを疎んでいた模様(後述のTHE ORIGINでも嫌われていた)。

THE ORIGIINではダイクンの急死をザビ家によるものだと断定するがこの世界ではダイクンは病死だった為、ジンバによる被害妄想か政敵であるザビ家を嫌っての発言と思われる。あまりに偏狭的な意見に捕らわれているため息子ランバやマス家の当主テアボロ・マスにも否定気味にみられていた。こちらの世界ではジンバを危険視したキシリアの命によって派遣された暗殺者によって殺害されたため、死亡が確認されている。

関連タグ

機動戦士ガンダム ランバ・ラル シャア・アズナブル セイラ・マス
デギン・ソド・ザビ 老害

コメント