ピクシブ百科事典

エルラン

えるらん

エルランとは、『機動戦士ガンダム』の登場人物(メイン画像奥の右側の男性)。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 機動戦士ガンダム』の登場人物。
  2. ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』『暁の女神』の登場人物。→エルラン(ファイアーエムブレム)

本項では1について解説する。

人物像

CV:永井一郎

地球連邦軍に所属する将校。階級中将
レビル将軍を補佐する参謀として彼が指揮するオデッサ作戦の進行を補佐していたが、実際にはスパイとして部下のジュダックを通じてジオンマ・クベに内通しており、オデッサ作戦の情報をジオン側へリークしていた。
当人はオデッサ作戦開始に乗じて連邦を裏切るつもりでいたが、ジュダックの搭乗するドラゴンフライがジオンの基地から発進し、エルランの乗るビッグトレーに着艦するまでの様子をアムロ・レイセイラ・マスによって追跡される。その報告の為に彼の下を訪れたアムロを暗殺しようとするが、エルランを信用していなかったレビル配下の情報将校にその現場を目撃され、ジュダックと共に逮捕された。

この結果オデッサ作戦では、マ・クベが彼の裏切りを想定して手薄に配備していたエルラン軍方面の防衛ラインが真っ先に突破され、ジオンのオデッサ戦敗北の切っ掛けを作るに至る。

人間関係

  • ヨハン・エイブラハム・レビル

オデッサ作戦時の直属の上官。限られた一部の将校しかアテにせず、ほとんど独力で行動するワンマン気味なレビルの指揮手法を快く思っていなかった模様。ちなみにレビルの方もエルランの不審な行動にある程度感付いており、密かに情報将校にその動向を探らせていた。

  • マ・クベ
直接的な内通相手。ジュダックを介して密かに彼と連絡を取り合っていた。

  • ジュダック
表向きはエルランの秘書官だが、その正体はジオンの送り込んだスパイ。連絡を終えて帰還したところをアムロとセイラに目撃され、それがスパイ行為露呈のきっかけとなる。エルランからは二重スパイを疑われたこともある。

  • アムロ・レイ
彼の行動によってスパイ行為を暴かれてしまうこととなる。最初は所詮一兵卒と見下していたが、ジュダックの不審な行動を目撃された上、それをレビルに報告しようとしたため、口封じのために抹殺しようとした。

関連項目

機動戦士ガンダム

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム きどうせんしがんだむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エルラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11929

コメント