ピクシブ百科事典

Zザク

ぜーたざく

『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場するMSである。
目次[非表示]

問題のシーン

イーノ 「Zガンダム発進できます!」
トーレス 「えぇ、もう修理できたのか!?」
イーノ 「応急処置ですがなんとかいけます。」
ブライト 「よし、頼むぞイーノ、無理はするな。」
イーノ 「了解。」
トーレス 「あっ、艦長、あれ!!」
ブライト 「あっ、なんだあれは!?」

概要

機動戦士ガンダムZZ 第12話「リィナが消えた」に登場。
一言で表せば「ΖガンダムザクⅡの頭を載せた機体」である。

ハンマ・ハンマとの戦いで頭部を破壊されたZガンダムを、イーノ・アッバーブが応急で修理した機体。
そしてイーノがそのまま搭乗し出撃、戦闘に参加している。
この際、誤射されるかもしれないという周りの危惧に対し、イーノは「体はZガンダムだから大丈夫」「エンドラの機体にザクはいません」と返事していた。艦長のブライトは念を入れて「ザク顔のZ」が出撃したので同士討ちせぬよう「人相で敵と思うな!」とジュドーに通信を入れるがミノフスキー粒子が濃かったのかZZのジュドー・アーシタにはちゃんと受信できていなかった。その為ZZに合流したイーノ機は案の定危惧通りにザクと誤認されて同士討ちしそうになるが「胴体がZ」であることをジュドーに確認させ難を逃れている。またグレミーからはその外見から「中途半端な機体」呼ばわりされている

どちらかといえばお笑い系MSと言って良いが、この回のストーリーは主人公ジュドーの妹リィナが敵軍に連れ去られるヘビーな終わり方をしたので、見た目のインパクトほど話の展開にかかわったという印象もなかった。

性能

基本的な性能は通常のZガンダムとかわりは無いが、メインカメラがザクⅡのもので全天周モニターが使えない(恐らくハイザックの頭であればその辺りの整合性も取れたと考えられる)ばかりか、正面のフレームが視界の妨げになり、さらには変形が不可能(形状から推測)となるなど応急処置もいいところであった。

尚、Zガンダムにザクの頭部が装着できた理由はZの開発元であるアナハイム社のMS開発母体がジオニック社であったためか、機体部品がマッチングできたと言う。

MSでの戦闘経験の無い(コアファイター等ではある)イーノが操縦したこともあって、大した戦果も(損傷も)ないまま、数話後には頭部も修理され元通りになった。

HGUC GUNPLA EVOLUTION PROJECT Zガンダムでは同スケールのザクⅡを使用すれば、改造なしでこの形態を再現できる。

ゲーム作品での扱い

スパロボ

登場は無い

Gジェネ

Gジェネシリ-ズでは最初期から登場している。

クライマックスU.C.

エクストラステージ、ザクの惑星にてステージボスにザクとして登場する。
カミーユやジュドーなど一部のパイロットとの特別な掛け合いがある。
またカミーユが乗ると「ちょっと、ザクの頭って…俺の注文と違うじゃないか!!」という台詞が出る。
性能自体は変形がオミットされている以外は同等である。
アクティブスキルはランダムに発動する「???」。

EXVS

当初(フルブースト)はZZのアシスト機として登場。ビームライフルを3連射し、ZZの中~遠距離でのプレッシャー強化に一役買ってくれる。
その後、PS3のDLCとしてまさかの参戦。マキシブーストにも続投(但し、有料会員限定で一般のプレイヤーは使用不可)。それどころか、エンブレムとしてザクの頭のアップまでも出る始末。どちらもコストは最低数値で、性能は相応に弱められているものの武装は本家Zとさして変わらず、変形不可になったり、ビームコンフューズが百式呼出になったり、ビームライフルの弾数が半分になった程度。覚醒技はビームサーベル振り下ろし(イーノ曰く「ジャンク屋殺法」)で、カミーユ機と比べてビームサーベルが短くなっている。

余談だがEXVSでのZザクの名称が「ザク頭Zガンダム」となっており、何故公式名称※であるZザクではないのかは不明


機動戦士ガンダムZZの公式サイトでは「Zザク」と表記されている(参考リンク

関連タグ

アプサラス ジムヘッド
フリーダムガンダムロウ・ギュールフリーダムジンにされそうになったことがある)

pixivに投稿された作品 pixivで「Zザク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35998

コメント