ピクシブ百科事典

イフリート・ナハト

いふりーとなはと

『機動戦士ガンダム戦記』に登場するMS。ジオン側の看板機体。
目次[非表示]

概要

ゲーム『機動戦士ガンダム戦記』に登場するMS。

MS-08TX イフリートをベースに強力なジャミング機能を搭載した機体。
ナハトとはドイツ語で『夜』を意味し、名前の通り当初から夜間戦闘も視野に入れて開発が行われたと言われ、夜間戦闘に効果を発揮する紫色のカラーリングがされている。

日本刀型の実体剣「ナハトブレード」を二振りと投擲用小型実体剣「コールドクナイ」、左腕装甲内には3連装ガトリング砲を内蔵し、高い白兵戦能力を持つ。但し、完全に陸戦用に仕上げられており、水中戦と宇宙戦には対応できないという欠点がある。

オデッサ基地司令官だったマ・クベ大佐が所有しており、一年戦争後に地球連邦軍が接収。同基地にて稼働実験が行われていた所を、ジオン残党軍インビジブルナイツの襲撃を受け、奪取されている。
以降は「水天の涙作戦」を実行するため、インビジブルナイツ所属機として各地を転戦、地球連邦軍のファントムスイープ隊と数度の戦闘を行っている。イフリートなだけあって戦闘能力は高く、連邦軍の新型機ジーラインとも互角の戦いを演じてみせる。
その後、HLVで宇宙へ発進するインビジブルナイツを防衛すべく、クリスト・デーア整備長が搭乗。ファントムスイープ隊の隊長機に肉薄するも、シェリー・アリスンタチアナ・デーア)の妨害でアデン基地の自爆に巻き込まれ、共に消滅する。

ゲームにおけるイフリート・ナハト

機動戦士ガンダム戦記

イフリート・ナハトが初めて登場した作品で、機動性と格闘性能に優れる機体という位置づけ。
ジャミング機能は直接ロックオンできるまでレーダーに映らない特性がある。対戦モードにおいては(地上戦に限れば)トリッキーな高速戦闘が可能な面白い機体。
ジオン側においては序盤から中盤の終わりまでを支える主力機として、連邦では高い格闘性能と攻撃力・スピードを備えた厄介な敵として登場する。

SDガンダムGジェネレーションシリーズ

「WORLD」以降の作品に登場。設定を生かし、敵に狙われにくいアビリティを有する。Gジェネにおいてはイフリート、イフリート改に続く3機目のイフリートである。

戦場の絆

ジオンの格闘機体の中ではギャンと並ぶ高コスト機であるが、ロックオンされるまでレーダーに映らないというステルス性能が最大の持ち味。見えないところから猛スピードで敵を急襲し、高い火力で戦場をかき回す、このゲームきっての隠れた猛者。
REV3.29にて性能に大幅な調整が入り、コストが下がって気軽に扱えるようになった。武装面でも三連装ガトリング砲がメインに移されて牽制に使いやすくなり、同じくメインにはコールド・ブレードによる切り抜けも追加。格闘連撃後に標的の後ろをとりやすくなった。
さらにサブ枠には相手のFCSを強制的に外す「ジャミング機能」が追加。相手の格闘やミサイル等の誘導を切れるようになった。アセンブルによっては非常に尖った性能になる、玄人向けの機体と言えるだろう。

バトルオペレーション

キャンペーン機体として配布されたキャンペーン限定配布機体。アッガイガンダム・ピクシー同様、ステルス搭載機。コストが400とかなりの高コスト。立ち位置的にはピクシーの対応機(ピクシーよりコスト50高いが、よろけ兵装を二つ持っている。その上強制噴射持ちである為、明らかに使いやすい)。ジオンの格闘機の中でもトップレベルの性能であるが、アンチステルスを持っているスレイヴ・レイスデザート・ジム、火力がずば抜けて高いパワード・ジムとかに目を付けられると確実にフルボッコされる事も多々あるので運用には注意する必要がある。

表記ゆれ

イフリートナハト

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イフリート・ナハト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17612

コメント