ピクシブ百科事典

シェリー・アリスン

しぇりーありすん

PS3ソフト『機動戦士ガンダム戦記』およびそのメディアミックスに登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV中村千絵

人物像

地球連邦軍特務部隊『ファントムスイープ』中尉。24歳。

もとはオーガスタ基地でテストパイロットを務めていたが、その操縦技能を見出され、ファントムスイープ隊に召集される。
軍人ながら戦闘をあまり好まない物静かな女性で、未だ終わらないジオン残党の抵抗に対していつも葛藤を抱いていた。

その正体はジオン軍のスパイで、本名は『タチアナ・デーア』である。
一年戦争終結と同時に連邦軍に潜入し、テストパイロットの任に就きつつ情報収集にあたっていたが、残党狩り部隊であるファントムスイープ隊に入隊してから、自らの味方である残党と戦わなければならないことに思い悩み始める。

が、皮肉にもファントムスイープ隊は、彼女が本来所属するジオン軍部隊『インビジブル・ナイツ』の追撃の任に当たることになってしまい、その戦闘のさなか、味方の窮地を救うためとはいえ、かつての幼なじみであったフリッツ・バウアーを撃墜・死亡させてしまう。
そしてこの出来事があってから、彼女は、幼なじみを含む同胞を数多く手にかけてしまった自分が、果たしてどんな顔をして仲間の元に戻れたものかと思い悩むとともに、フリッツを殺めてしまったことに対する罪の意識を抱くことになる。同時に自らがスパイであることも連邦側に露見、彼女は捕虜となってしまう。

しかし、オーガスタ基地襲撃の騒ぎにまぎれて脱走、アデン基地に向かい一度は合流することを決意するが、最後は自らが守ると誓った隊長のユーグを追い詰めていたイフリート・ナハトを道連れに、基地の爆発に飲み込まれ行方不明となった。その時のイフリートのパイロットは、皮肉にも自らの兄、クリストであった。

連邦、ジオン関係なく、ただひたすらに平和だけを願い、非情な戦乱の運命に流されて命を落とした悲劇の女性と言える。エリク・ブランケにとっては姉のような存在だったが、エリク自身は姉以上の存在だと思っていることは最後まで知らないままであった。

ちなみに、漫画版においては、兄クリストが爆発際に彼女の機体を壁の中に押し込んだことによって奇跡的に生存していた。終戦後ユーグとも再会するがすでに死亡認定された身であり、結局は軍に戻ることなく、いずこへか姿を消した。
また、彼女がテストパイロット時代に試験に関わっていたのはガンダム7号機であったが、これまた皮肉にも、彼女が行方不明となった直後にファントムスイープ隊に配備されることとなった。

外部出演でのシェリー

Gジェネレーションシリーズ

スカウト出来るコストがコストだけあり、全体的に能力は低め。しかし守備の伸びが優秀な為、部隊の楯役が期待できる。
しかし、シェリーの真価はパイロットアビリティにある。
小隊長の指揮エリアを拡大させ、同時に機体の攻撃力と防御力を上昇させる「インビジブル・ナイツ」と「ファントムスイープ」を両方習得でき、さらにその効果は重複される為、両方ともレベルをMAXにすれば、小隊長エリア+6・攻撃力+24・守備力+24となる。
この事から長射程の武器を持つ、もしくは防御能力の高いMSとは特に相性が良いので、ケルディムガンダムセラヴィーガンダムだとその真価を発揮しやすい。
また、あえて楯役としての役割を考慮して、機体のHPが下がると性能が上昇するALICEを搭載したEx-Sガンダム(と言うよりGクルーザー)を乗せると、ALICEが発動すれば手のつけられない壁兼援護ユニットが完成する。

関連記事

親記事

ガンダム戦記 がんだむせんき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シェリー・アリスン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27797

コメント