ピクシブ百科事典

エリク・ブランケ

えりくぶらんけ

PS3ゲーム『機動戦士ガンダム戦記』およびそのメディアミックスに登場するキャラクター。
目次[非表示]

人物像

ジオン公国軍少佐。20歳。特務部隊『インビジブル・ナイツ』を指揮する隊長。

ジオン名家の出であり兵役免除の対象者であったが、幼なじみの親友二人が軍に召集されたのを受けて自ら軍に志願した。
軍本部からの特命により、二階級特進の上でマスドライバーを用いた質量弾投下作戦『水天の涙』を実行する部隊の隊長に任命され、その部隊『インビジブル・ナイツ』とともに一年戦争に身を投じるが、水天の涙作戦実行直前に一年戦争は終結してしまう。

エリクはそれをよしとせず、仲間とともに抗戦を続けていくことを決意、宇宙世紀0081年に再び水天の涙作戦を実行に移すべく行動を開始する。
途中、自分たちを追撃する連邦軍の特務部隊との交戦を繰り返し、予期せぬマスドライバーの制圧や潜入スパイの裏切りなど度重なる困難を乗り越え、ついに水天の涙作戦を成功、地球への質量弾射出に成功(ゲーム内ジオン側エンディングのみ)する。
ゲーム内ではその後の消息は語られていない。
なお漫画版では、作戦実行ののち連邦軍の捕虜となり、度重なるゲリラ行為などの罪で死刑を言い渡されており、射出した質量弾が砕けて流れ星(水天の涙)となり地球に降り注ぐのを見上げながら連邦軍によって護送されて行く姿が描かれている。

また、漫画版では一年戦争中のエピソードも語られており、士官学校を首席で卒業している他、19歳にしてMS一個中隊の隊長を務めるなどその能力は高かったことがうかがえる。さらに、戦場で命を削る新兵に対し、無駄に死んではならないと後退の指示を出すなど、部下思いの場面も見せる。
漫画およびゲームの初回特典の映像においてはガンダムガンキャノンとも交戦しており、連邦のMSの性能の高さに驚愕していた。

乗機

パーソナルカラーは黒。専用にカスタマイズされたザクⅠゲルググ(高機動型)の他、ゲームオリジナル機体イフリート・ナハトのパイロットも務める。
ゲーム内でもそうだが、ほとんどが格闘寄りの性能を有しており、接近戦を得意とするエリクの能力に合わせたものである。

備考

Pixivに投稿されるイラストは、その容姿も手伝ってほとんどが腐向けである。
またCMでは突撃命令を下して怪我しないでねと後退する彼の姿が見られた。

pixivに投稿された作品 pixivで「エリク・ブランケ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5267

コメント