ピクシブ百科事典

EXAM

えぐざむ

EXAMとは、ゲーム「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」に登場する対ニュータイプ用OSである。

「exam system stand by」

音声:ゆきのさつき/林原めぐみ

概要

クルスト・モーゼスが、ジオンのフラナガン機関で開発していたモビルスーツ用オペレーションシステム。

当初はニュータイプの戦闘能力を再現したサポートシステムであったが、クルストは研究を続ける内に「ニュータイプはオールドタイプを滅ぼす存在に成りうる」という結果を導き出し、その強迫観念に取り憑かれるかのようにオールドタイプでもニュータイプに対抗しうるシステムへとそのコンセプトを変貌させた。
当初は、その要求性能の高さもあって開発は難航するも、開発途中に起きた事故でテストパイロットだったマリオン・ウェルチの感応波を取り込んで誕生したのがEXAMシステムである。

EXAMシステムは、作動時には人間の脳波を電磁波として捉え、その中から「殺気」を察知する事によって敵の位置の特定や攻撃の回避といったニュータイプに近い戦闘能力を発揮する。
その性質上、特に乱戦に於いて高い効果を発揮し、その能力を持ってすればモビルスーツ単機での敵基地制圧を成し遂げる事も可能。
しかし、EXAMは機体の損耗を抑えるために設定しているハード性能を限界まで引き出すため、稼働部や動力部に多大な負荷を掛け、機体のオーバーヒートを誘発してしまう欠点を有する。
またシステムに取り込まれているマリオンの意識による救済祈願やシステムの破壊衝動など、パイロットへの精神的影響も図り知れない。

そして、本システムの最大の特徴として、ニュータイプが戦場に現れた際にリミッターが解除され、パイロットの制御を離れて暴走する事が挙げられる。
これはクルストが意図したEXAM本来の仕様であるが、戦場で頻繁に起こりうる「人の死」と強い殺気に晒される事でもシステムは暴走し、またEXAM搭載機同士が同じ戦場に投入された場合、お互いをニュータイプと誤認し、同士討ちを開始する致命的な欠点を持つ。

システムは全4基のオリジナル・コアが制作され、内一基をイフリートに搭載し各種テストが行われた。しかし、システムが初期型だった事に加えて電装関連の技術が未発展だった事もあってシステムの要求に機体性能が追いつかず、ジオンのモビルスーツ開発技術に限界を感じたクルストは残りのシステムを手土産に連邦へと亡命。陸戦型ジム陸戦型ガンダムをベースにしたブルーディスティニーシリーズを開発するに至った。
しかし、クルストは一年戦争中に死亡、更にシステムを搭載した4機のモビルスーツも全て失われた事からシステムの再現は不可能となり、その存在は歴史の闇に埋もれる事になった(システムの再現が不可能な点についてはシステムを構成しているソフトウェア及びハードウェアにクルスト独自のノウハウが組み込まれている事、そしてクルストがシステムの本質を隠して開発を続けていた事が重なったと言える)。

また、システム搭載機は急遽実戦投入されたため塗る時間がなかったブルーディスティニー3号機を除き、共通して蒼い色で塗られている。
これはモーゼス博士の趣味とされているが、一説には「ニュータイプには宇宙が蒼く見える」という話をモーゼス博士が聞き、蒼に塗ればニュータイプと相対した際にカモフラージュ効果を発揮すると考えたためとされている。

EXAMから派生したシステムとして、一年戦争後期にオーガスタ研究所が開発した「HADES」がある。
これはEXAMの量産を前提としたシステム「オルタ」のデータを基に開発されているが、EXAMの本質たる「ニュータイプ殲滅」の理念から外れた「モビルスーツの性能向上システム」としてのコンセプトを受け継いでいるに過ぎない。
また、宇宙世紀96年に開発されたユニコーンガンダムのNT-Dもまた、ニュータイプの殲滅を謳ったシステムであるが、こちらは「概念としてのニュータイプを否定する事でジオンの理念(=ジオン・ズム・ダイクンの掲げた思想)を破壊する」というEXAMとは違う意図を持ったシステムとして完成している。

関連項目

機動戦士ガンダム外伝THEBLUEDESTINY
ブルーディスティニー イフリート改 
ジムスナイパーK9

pixivに投稿された作品 pixivで「EXAM」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67922

コメント