ピクシブ百科事典

サマナ・フュリス

さまなふゅりす

サマナ・ヒュリスとは、『機動戦士ガンダム外伝THEBLUEDESTINY』の登場人物である。

CV:関智一

概要

地球連邦軍准尉。モルモット隊のメンバーでMSパイロットを務める。EXAM計画を巡る一連の騒動に巻き込まれてしまう。モルモット隊に選抜されるだけあって腕前は平均以上だが、基本に忠実過ぎるのが仇となり、最前線では苦戦を強いられることもあった。
乗機はジム・コマンドザクⅡボールを乗り継ぎ、一年戦争を戦い抜いた(ガンダムエース連載の漫画版では乗機のジム・コマンドを改造したジム・コマンドキャノンに搭乗している)。
平均以上の実力及び基本に忠実な操縦技術を買われ、グリプス戦役以降は訓練将校となり、多くの新兵を鍛えて前線に送り込んだ。

人物像

生真面目だが、敵と遭遇してパニックに陥りやすいところがあるなど頼りない印象のある人物。
同僚のフィリップ・ヒューズ少尉からはからかわれることがあり反論することはあるものの、関係は良好。ユウ・カジマに対しては「ただのエースパイロットじゃないですね」と高く評価している。

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム外伝THEBLUEDESTINY きどうせんしがんだむがいでんざぶるーでぃすてぃにー

兄弟記事

コメント