ピクシブ百科事典

ブルーディスティニー3号機

ぶるーでぃすてぃにーごうき

「機動戦士ガンダム外伝THEBLUEDESTINY」に登場するモビルスーツ「ブルーディスティニー」の3号機である。
目次[非表示]

機体概要

ブルーディスティニーシリーズの3番機。型式番号RX-79BD-3。
本来は1、2号機のパーツ取り用の予備機だったが、強奪された2号機の追撃任務を受け急遽実戦投入された。
常時稼動前に開発者であるクルスト博士が死亡したため、BDシリーズのパーソナルカラーである蒼に塗装されておらず、機体の色はほぼベース機である陸戦型ガンダム標準カラーのままになっている。
損傷した1号機に代わりユウ・カジマが搭乗し、強奪された2号機の奪還・破壊任務を帯びて各地を転戦。EXAMシステム実験施設において2号機と交戦し、相打ちになった。
シールドはRX-78とほぼ同型の直面タイプに、四隅に打突用の突起がついたものを装備している(媒体によっては曲面シールドを装備したり、2号機も同様のシールドを装備している場合もある)。また、システム発動時のリミッターも1号機と同様に設定されており、2号機と比べて50%しか機能しない。装備の一部に量産化を視野に入れたデバイスなどを実装するなど、より実戦向きの機体となっている。
リメイク漫画版「ザ・ブルー・ディスティニー」での変更点として、2号機と同じく新型をベースとした高機動型MSとして開発されたほか、塗装もパイロットに合わせて陸戦型ガンダムに近いカラーリングにした事になっている。というのは建前で実際は連邦軍から開発予算をもらうための宣伝材料という側面も持つ。

バリエーション

ブルーディスティニー3号機改

ゲーム『SDガンダム GGENERATION ギャザービート』に登場するMS。
3号機を改修した機体となる。EXAMシステムが無くなったために主に汎用型MSとして運用される。

ブルーディスティニー3号機改(ジムヘッド)

漫画『ガンダムEXA』に登場するMS。型式番号RX-79BD-3Re
アナハイム・エレクトロニクス社の技術員が大破した2号機と3号機を回収し、技術研究のために修復した機体とされ、頭部が1号機と同じジム系統のものに変えられている。
EXAM起動時には関節部分が発光し、頭部、脚部、バックパックのパーツが展開する。

関連タグ

ブルーディスティニー

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルーディスティニー3号機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 378

コメント