ピクシブ百科事典

ザニー

ざにー

『GUNDAM TACTICS MOBILITY FLEET0079』が初出のモビルスーツ。

機体概要

地球連邦軍が開発し、運用した最初期のモビルスーツ
V作戦におけるRXタイプとは別の経路で開発が計画され、当初の設定では「ブリティッシュ作戦やルウム戦役で廃棄、鹵獲したザクから改造ないしはレストアした物でありその為胴体の形状等、ザクⅡとの共通点が見られる。」という文字設定であったがGジェネでは「極秘裏に月のグラナダにあったジオニック社からMS-06のパーツを入手し完成させた機体である」という設定に変更され以降のゲーム作品などではこちらの設定が採用されているケースが多い。

しかし、連邦軍の本部主導で技術の粋を集め、予算も豊富であったV作戦開発機体群とは違い、末端の宇宙軍の実験的企画に過ぎない上に予算や技術力の不足もあってザニーの開発計画は中途半端なものとなってしまい、完成した機体はザクⅡとカタログ上は同程度の性能は有していたものの操作性が悪く、試験運用中の故障も多いなど信頼性を欠くものになってしまった。またマニピュレーターも三本指で保持力や精密操作性に欠ける物だった。

上記の理由により正式に量産はされなかったが、一年戦争においてはジムの宇宙戦対応機がロールアウトするまでの「繋ぎの戦力」や当時まだ多かった連邦軍の宇宙戦闘機乗りを機種転換するMSパイロットの育成用機体として使われ、一線を退いた後も補助任務や輸送船団の護衛用として運用され続けた。
また、ザニーの運用成果はジムの宙間機動ノウハウなどの形で引き継がれており、ガンダムとは違う形で連邦軍MSの雛型となったと言える。

武装は連邦型MSとしては初の額部60mmバルカン砲左右一対二基を備え、ガンタンクもしくはボールの物を手持ち式に改修した120mm低反動キャノン砲を装備している。
先述の通り、手部の性能が低い為白兵格闘武装は持たせる事が出来ない。
また、ベースがMS-06の前期型であり、その為元機体で想定されていないビーム兵器の運用は不可能。

機動戦士ガンダムサンダーボルトでは反連邦勢力南洋同盟ザクⅡジムなどと共に運用されている(アニメ版ではダーレという機体に置き換わっている)。

関連項目

ジム ザクⅡ ダーレ

pixivに投稿された作品 pixivで「ザニー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8203

コメント