ピクシブ百科事典

ゲム・カモフ

げむかもふ

ゲム・カモフ(GM Camouf)は、漫画『機動戦士ガンダム MS IGLOO 603』の1エピソード「蝙蝠はソロモンにはばたく」に登場する架空の兵器。 ジオン公国軍のモビルスーツ(MS)。

機体説明

地球連邦軍のMSジムとして誤認させる為だけに製造されたMSである。
ミノフスキー粒子を散布した下での戦闘ではレーダーが使用出来ない為、有視界での戦闘が前提とされる事から、この偽装を用いて連邦軍艦船に接近、潜入、後方撹乱する事を主な目的としている。
それに加え、偽装によって相手に近づいた上で友軍機と誤認させ、油断させた後に、攻撃・破壊する事も目的とされている。
だが、これらを運用する部隊は、その特殊な活動の為すべての公式記録は削除されている。
また、この機体のパイロットは、地球連邦軍から亡命した義勇兵によって構成されており、捨て駒的な扱いを受けている。

基となったのはザクⅡなどの公国軍製の機体と思われるが、改装によってその形状は原形を留めない程変えられている。
改装により軽量化されており、運動性は上がっているが、装甲が犠牲となり、耐弾性能は正規のMSに比べはるかに劣り、パイロットの生存確率を著しく低下させている。
又、その形状から友軍からも攻撃される危険性も伴っている。
その為、作中でもパイロットのエンマ・ライヒ(ライチェ)中尉は、この機体を「戦場の狂気そのもの」と呼んでいた。

その運用上の理由から、正式な型式番号を与えられておらず、その生産数も僅かと推測されている。

作中でも、その擬態により連邦軍艦船を撃沈し、ジムとの誤認率が高い事を証明するものの、事情を知らない友軍のムサイから攻撃され機体は大破、パイロットのライヒ中尉も戦死している。

またライヒ中尉は機体に蝙蝠をあしらったエンブレムを描いており、これが、題名「蝙蝠はソロモンにはばたく」の由来となっている。
このエンブレムは、連邦を裏切ってジオンに加担した自分たち義勇兵を、イソップ寓話の一つ『卑怯なコウモリ』に喩えた皮肉に由来している。

関連項目

ヨルムンガンド ヒルドルブ ヅダ ゼーゴック オッゴ ビグ・ラング
にせガンダム エンマ・ライヒ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲム・カモフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34683

コメント