ピクシブ百科事典

アクト・ザク

あくとざく

MS-11アクト・ザクはプラモデル企画MS-X、オリジナルストーリー『宇宙、閃光の果てに…』に登場するジオン公国の量産型MS。
目次[非表示]

概要

一年戦争末期、ジオン公国軍の軍事計画「ペズン計画」に則り小惑星基地「ペズン」で開発されたモビルスーツ
ザクⅡをベースとしながらも桁違いの性能を誇ることから新たにMS-11の型式番号を割り当てられている。なお、MS-11のナンバーは本来ゲルググに割り当てられるものであったが、開発が難航した為に本機へ番号を譲った経緯を持つ。

本機最大の特徴として、機体の関節駆動にフィールド・モーター及びマグネット・コーティングを採用している点が挙げられる。そのため、外見的な特徴として一年戦争時代のザク系列機の多くに見られる流体パルスシステム特有の動力パイプが腕部や脚部に存在しない。
また、ジェネレーター出力の強化によってビーム兵器の携行を可能としている点も特筆すべき点と言える。
これによってザク系列機特有の生産性を維持しつつ機動力と火力の両立を実現している。
しかし、フィールド・モーターとマグネット・コーティングは連邦系の技術であり、その機体構造や出自などに高い秘匿性を持つ機体であると言える。また、フルスペックで運用した場合、一般的な兵士ではまともに操縦出来ない程の機動力を発揮するとされ、運用の際にはパイロットに合わせてリミッターを設けている。

武装はヒート・ホーク、四連装ブルパップ・マシンガンを装備するが、前述の通りビーム兵器の運用が可能である為、ビーム・ライフルやビーム・サーベルを装備する事も可能。

開発が戦争末期であった事もあり、機体は試作段階で終戦を迎えたが、試作機のうちグラナダ基地に配備された機体がグラナダ特戦隊のリーダー、マレット・サンギーヌの乗機として実戦投入された。その際、頭部に指揮官機を表すブレードアンテナを増設し、基本武装のビームライフルとゲルググと同型のシールドを携行した。

アクト・ザク(マレット・サンギーヌ機)


地球連邦軍のサラブレッド隊と交戦するも、ガンダム4号機のメガ・ビームランチャーを受けて撤退を余儀なくされた。(このときマレットも顔に大怪我を負った)
その後、ア・バオア・クー陥落の報と共にグラナダに展開したジオン軍も停戦に至ったが、マレットは停戦を受け入れず、本機のリミッターを解除。同時に自身も投薬で無理矢理身体を強化し、ガンダム5号機に襲い掛かる。
アクト・ザク本来の戦闘力でガンダムのみならず、止めようとした友軍や連邦軍までも無差別に攻撃しながら戦い続けたが、最終的にガンダム5号機によって撃破された。

一年戦争終結後、本機を接収した地球連邦軍がその高性能に着目し、オーガスタ研究所等に配備され、連邦軍の次世代モビルスーツ開発の礎となった。
この際、コクピットを全天周囲モニター・リニアシートに換装されるなどの近代化改修が施され、ハイザックと同型のビームライフルやザク・マシンガン改といった連邦規格の武装を装備していた。
一年戦争中に開発された機体であるが、本格運用が開始されたのが一年戦争後、それも連邦軍によって接収された後という珍しい機体である。
また宇宙世紀0090年にネオ・ジオンが運用していたマイナーバージョンも存在する。

キシリア隊仕様

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN MSDに登場。
ぺズン計画を主導した突撃機動軍司令官キシリア・ザビ中将直属の親衛隊専用機。
機体のカラーリングは黒で頭部には所属部隊を示す鶏冠「クレスト」が付いている。配備当時はテスト段階で専用のスラスター及び融合炉は完成しておらず、両肩及びバックパックはザクⅡのものを転用している。


関連項目

ザクⅡ ザク
MS-X
マレット・サンギーヌ
宇宙、閃光の果てに… 機動戦士Ζガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「アクト・ザク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7091

コメント