ピクシブ百科事典

マレット・サンギーヌ

まれっとさんぎーぬ

機動戦士ガンダムシリーズに登場するキャラクター。

「俺は選ばれた人間なんだ!アースノイドもスペースノイドも超越した、新世界をこの手に握るのだ!!」

概要

PS2ソフト「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」に収録されたオリジナルストーリー『宇宙、閃光の果てに…』のキャラクター。正確には漫画版と小説版におけるライバルキャラクターであり、ゲーム本編には登場しない。

24歳で階級は大尉。キシリア・ザビ麾下の直属部隊『グラナダ特戦隊』の隊長を務める。
直情的でプライドが高く、自身をジオン国民の優良種だと自称するなど傲慢な性格。そのうえ戦略的な視点にも欠けている。しかしMSの操縦技術はすさまじく高く、部下からの信頼は厚い。
小説版ではキシリアに死んだ母親の面影を見ているというマザコンのような設定があり、またジオンが敗北することを予測し、いずれキシリアを総帥としてジオン国民の中から最も優良な人間だけを選んだ新たなジオンを建国しようと言うたわけた野望を抱いていた。

搭乗機は自分用にカスタムした専用のアクト・ザク、指揮官機であることを示す角がついているほか、機動力、ジェネレーター出力を高く調整されており、ヒート・ホークの二丁持ち、およびビームライフルの使用が可能となっている。

グラナダ特戦隊として部下を率いて活躍するが、ガンダム4号機のメガ・ビームランチャーの砲撃に巻き込まれて顔が焼け爛れたことがきっかけでガンダムへの執着心が憎しみとともに膨れ上がることとなる。
グラナダが降伏して両軍が停戦した事を聞くと、勧告を無視してリミッターを解除したアクト・ザクで無断出撃。パイロットの反射神経を高める強化薬を打ち半ば狂った状態でガンダム5号機と激しい戦いを繰り広げるが、紙一重の差でコックピットを貫かれ、戦死している。

こんな救いようのない人物ではあるが、部下のリリア・フローベールからは信奉されると同時に恋心を抱かれていた。だが、マレット側が彼女に好意を持つことはなく、小説版に至ってはキシリアに重宝されるリリアを疎んでで私刑を行ったうえ、顔が焼け爛れた際には思い付きで彼女にキスを要求するというセクハラ行為に及んでいる。
なお、リリアは全く嫌悪感を示さずにキスしてきたため少しだけ「救われた」という感情が芽生えかけたが、彼女の感情に母性だけではなく恋愛感情がある事を悟ると逆ギレ。徹底的な拒絶を示し、より深刻な狂気に陥ってしまった。

関連タグ

リリア・フローベール アクト・ザク

pixivに投稿された作品 pixivで「マレット・サンギーヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 742

コメント