ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

模型情報

もけいじょうほうまたはえむじぇい

『模型情報』とは、バンダイが発行していた月刊の情報媒体である。
目次 [非表示]

概要

バンダイが自社のプラモデルガレージキット玩具などの紹介・広報のために発行していた月刊情報媒体。

主に模型店や玩具店で配布・販売されていた。


歴史

1979年8月号から1994年1月号まで発行。

当初はフリーペーパーとして刊行されていたが後に有料化され、50円→100円→200円と値上がり続けた。

一時期は『クロスオーバー』と云う名称に変更されたり、判型サイズを大型化して『MJ(Monthly Bandai Making Journal)』と改名したこともあるが、1993年2月号より川口名人でお馴染みの川口克己氏が編集者となり、判型を縮小して紙面をオールカラー化する等のフルモデルチェンジを行い(ただし値段は200円のまま)「バンダイの商品カタログ」としての体裁が強くなるが、誌名は元の『模型情報』に戻された。

しかし、このモデルチェンジが逆に悪手となり、模型店や玩具店の入荷数が極端に減り、「廃刊した」と勘違いして購読を辞めた読者が続出したうえに、古参の常連購入者達も極端な陳腐化による内容の薄さと幼稚さから購入を次々と辞めてしまう結果となり、1994年1月号をもって突如休刊となった。


終盤は当時放送中だった『機動戦士Vガンダム』のプラモデル宣伝と低年齢層向けの簡易作例ばかりが中心となり、手の込んだモデラーの力作改造作例やBクラブのガレージキット製品紹介が載ることも無くなってしまい、終いには『平成ゴジラシリーズ』の映画特集(主にゴジラvsモスラゴジラvsメカゴジラの2作)に紙面を丸ごと使って読者投稿ページを完全排除する等、あからさまな宣伝広告要素ばかりが目立つ様になって読者からの反感を買い、更には同時期にサンライズの買収騒動も重なっており、当時のバンダイの迷走っぷりがうかがえる。



後に『新・模型情報!!』として一度だけ復刊したことがあるほか、2017年5月に開催された第56回静岡ホビーショーにて、模型情報の初期フォーマットを模したイベントリーフレットが配布されたこともある。


誌面の内容など

バンダイの商品紹介・広報はもちろん、アニメや特撮に関しての情報も多かった。

また、現在のようにキャラクタープラモデルが主力ではあったものの、初期の頃はバンダイでもスケールモデルを開発・販売していたこともあり、その辺の商品の紹介もされていた(2010年代に東京スカイツリーのプラモデルが、バンダイのスケールモデル発売の実績でもある)。

ガイナックスの母体の一つでもあったゼネラルプロダクツ編集プロダクションとして携わっていた影響からか、漫画の連載も存在し、それらがサイバーコミックス発行に至る経緯となている。


関連項目

バンダイ プラモデル B-CLUB SDクラブ サイバーコミックス

デュアルマガジン フリーペーパー

関連記事

親記事

バンダイ ばんだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3187

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました