ピクシブ百科事典

トレジャーガウスト

とれじゃーがうすと

2005~08年にバンダイから発売された玩具、およびそれを原作とするアニメ作品。
目次[非表示]

概要

目に見えないし触れもしない、けれど身のまわりにはうようよいる未知の生物「ガウスト」。そんなガウストたちを探してバトって育てて楽しもう!というゲーム。
ガウストは磁束密度の単位「ガウス(gauss)」と幽霊「ゴースト(Ghost)」を組み合わせた単語で、「トレジャーガウスト」には「磁幽霊探知機」と当て字されている。
 
ガウストを探索し、戦って倒せば捕獲成功。格納・育成・バトルが可能となり、また通信によってガウストのデータを交換できたりする。
 
ちなみにこのシリーズ、システムの解説は世界観に合わせたSFチックな表現が用いられている。元々子供向けなので小難しいリアル理論よりもSF風味の方が好都合だったのだろうが、リアル理論で知りたい人はさぞもどかしかった事だろう。

で、ガウストって何?

磁霊界(じれいかい)なる異世界からやってきたモンスターたちで、力を放ちながら幽霊のように人間界を気ままにさまよっているらしい。だから「磁幽霊」と書いてガウスト。
 
それぞれが持ち合わせる様々な能力を使って人間たちに(しょーもない)イタズラを仕掛けることを好み、それが我々の身のまわりで起こるいろんな事の原因になっているという。
ボールを蹴ったらくつが飛んだり、駅で反対のホームに乗ったり、うっかりド忘れしたり、時には怪奇現象や未確認生物の正体だったり。
「身近なアレコレが目に見えないモンスターの仕業」という意味では妖怪ウォッチの先駆けとも言えるだろう。
 
なおガウストたちのイタズラはいずれもそこまで困らない・笑って済ませられるような軽いものにとどまっており、「イタズラでは済まない、取り返しのつかないような事」をしでかすヤツは基本的に存在しない(例外はコイツ)。

GHC

ガウストハンターカンパニー、略してGHC。
ガウストたちの研究を通して共存していくため設立された秘密組織で、世界中に支部があるらしい。
歴代機種はこのGHCが開発したという設定。

シリーズ

トレジャーガウスト ディメンションロッド
初代機種。当初は青&赤の2色で、2005年10月29日発売。2006年3月25日に黒&白が発売されたが、中身は一緒。
また次世代WHF限定で「コロガドランレッド」、公式グッズ店「Gショップ」限定の「コロガドランブルー」が販売されたためカラーは計6色。
ちなみにコロガドランとはコロコロコミックのマスコット・コロドラゴンが進化した姿という設定のガウスト。シリーズの顔になるかと思いきやそんなことはなかった。
 
トレジャーガウスト ストラップハンター
2006年6月24日発売。ガウストごとに使える技が決まっている仕様と拡張アイテムが初登場したが、カラーによる差異がない珍しい機種(他はいずれもカラーごとに登場するガウストが違う)。
 
カラーは5種類。オレンジ・ブルー・レッド、懸賞の景品ゴールド、大会賞品のシルバー。
 
トレジャーガウスト ストラップガンマン
早々に登場した続編で2006年8月10日発売。
カラーはシルバー・ブラック。次世代WHF限定で迷彩柄の機種も。
続編なのでストラップハンターとは互換性があるが、早速互換切りの憂き目に遭った連中も出た。

トレジャーガウスト ギアレットハンター
レバーがリール式だった最後の機種。
2007年発売だがカラーごとに発売日が違い、レッドは2007年6月16日、ブルー、ブラックは同年10月13日、レアバージョンのプラチナゴールドは2008年3月15日であった。
 
トレジャーガウスト ギアレットガンブレード
2008年1月19日発売。
ギアレットハンターを改造して新たなガウストたちに対抗できるようにした機種という設定だが、その結果リストラされた連中多数。
これまでの機種はリールを回して「釣り上げ」たのに対し、この機種は本体を縦に振る「ブレードモード」とレバーをカチャカチャ「ガンモード」を使い分けて戦う。ただし戦闘中の切り替えはできないため事前選択。
 
トレジャーガウスト ガウストショット
シリーズ最後の機種。初代以降ずっと「高性能レーダー」という名目で電子コンパスを採用していたこのシリーズだが、ここに来てまさかの光センサー
念のため言うがガウストは磁力を発する幽霊(みたいなモンスター)である。
何やら壮大なバックストーリーが用意されていたが打ち切られたせいで未消化のまま終わった要素が多数。レッドバージョンは2008年9月20日に発売された。
 
トレジャーガウスト ハンティングナビライザー
2007年11月10日発売。
ギアレットシリーズのガウスト311体を網羅した図鑑で、ホビーとして登場した「ガウスト完全図鑑」はこれが初。ちなみにその機種の登場ガウストを全種類網羅という意味では公式ガイドの「ハンターズバイブル1」と「ダイバーズバイブル」が出ていた。
 
ギアレットシリーズと通信してページを埋めていくことになるので単品でのコンプは無理だが、オート育成機能がついていたりミニゲームで遊べたり、コンプにこだわらないのなら単品でも面白い。
ただしこれ、タッチパネルの対応箇所がひどくズレているせいで画面の半分が反応しない。念のため言うが、編集者が不良品を引いたのではなくそれが普通なのである。
 

トレジャーガウスト ガウストダイバー
DSシリーズに進出した本作は2007年7月5日に発売。どういう仕組みなのか街中を探すとアイテムやガウストがザクザクかかる。でも片田舎だと1時間くらいかかってやっと満杯という事がザラ。
なかなかの良作だがDSに進出してもなおマイナー脱出は叶わなかったようで、続編を意識したのであろう伏線も見事に空を切った。
 
エンディングテーマの「Diver」は隠れた名曲としてコアなファンに人気があり、太鼓の達人に収録されたことも。


漫画

コロコロコミック』にて連載。正式タイトルは『トレジャーガウスト 史上最強のハンターコンビ!!』。作者は勝見直人。全6巻。

アニメ

テレビ東京系の子供番組「おはスタ」内にて、2007年6月11日から6月15日の間放送された。

ストーリー
どこにでもある平和な町、我宇巣町。そこでたびたび謎の怪現象が起こり始まる。その町に暮らす我楽卓人は、ある日、学校で怪現象に巻き込まれてしまう。そこに謎の男が現れたところから物語が始まる。

登場人物


関連イラスト

【リクエスト】久しぶりにザックを見たいです

ハンター一家



関連タグ

フィギュア アニメ 磁幽霊 おはスタ トレジャーガウスト史上最強のハンターコンビ!!

外部リンク

ゲーム公式サイト
ボーイズトイパーク | 玩具情報が満載!Webトリセツやキャラクター商品はここでチェック!

関連記事

親記事

バンダイ ばんだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トレジャーガウスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26698

コメント