ピクシブ百科事典

無線LAN

むせんらん

無線通信を利用してデータの送受信を行うネットワークシステム。

概要

SHFUHFなどのマイクロ波を利用してデータの送受信を行うコンピュータネットワークシステム(LAN)のこと。LANケーブルを必要としない。

同じ周波数帯を使うものにBluetoothがあるが、無線LANはBluetoothよりも消費電力が多くなりがちな反面、ある程度アクセスポイントから離れても通信できるという特徴がある(Bluetoothの到達距離は10m程度、無線LANの場合は周辺の状況によって極端に変化するが30-100m程度が目安。障害物を隔てた場合直線距離が1m未満でも接続が切れることがある一方、状況によっては1km以上遠くに到達する場合もある)。

無線LANで初期から使われていたのはUHF2.4GHz帯(電子レンジと同じ)である。しかし2.4GHz帯の帯域は狭く、同じ場所に4台以上の無線LAN機器が集中すると干渉が起きやすくなる。

スマートフォンやゲーム機など、無線LAN機器の普及が進むにつれ、帯域が広く多数の機器を同時に使える5GHz帯への移行が進んでいるが、5GHz帯は2.4GHz帯に比べ障害物の影響を受けやすい。一つの部屋の中で多数の機器を使う場合は5GHz帯、複数の部屋を隔てた環境で通信したい場合は2.4GHz帯など、条件により両方の周波数帯が使い分けられている。

利用

一般家庭では、ノートパソコンスマートフォンタブレット端末、携帯ゲーム機などを無線LANを通じてルーターに接続する。また無線LAN機能を内蔵したデジタルカメラなどと直接通信を行い写真などを転送することもできる。近年のデスクトップパソコンや据え置きゲーム機なども無線LAN接続機能を備えており、近年の多くの家庭では無線LANを通じたネット接続が主流である。

企業や学校などでもLANケーブルを必要としないメリットから急速に拡大が進んでいる。しかし企業内ネットワークに接続するコンピューターの台数は非常に多いため、一般家庭用の無線LANよりも高機能なものを使用する。

便利な一方で、それは悪用する側にとっても便利なため、外部からの傍受される恐れがあるデメリットも持っており、法人向けPCなどは無線LAN機能を取り除いたカスタムモデルが注文されることもある。

pixivに投稿された作品 pixivで「無線LAN」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41212

コメント