ピクシブ百科事典

第5世代移動通信システム

だいごせだいいどうつうしんしすてむ

携帯電話などの移動通信システムの規格で、第5世代に属するものである。
目次[非表示]

第4世代移動通信システムであるLTE-Advancedの次の世代となる通信システムで、日本ではNTTドコモKDDIソフトバンクの各社により2020年にサービスが開始された。一般的には5Gと表記されることが多い。

概要

3.5および4.5GHz帯でサービスを開始し、従来のLTE/LTE-Advancedとの互換性を保ちつつ、ミリ波帯と言われる28 GHz帯帯域も使い、より高速・大容量の通信方式も導入する。サービス開始時の回線速度は、受信時最大が2.0~3.4Gbps、送信時が最大103~182Mbps(キャリアにより異なる
)。

大容量通信が低価格でできるようになること、遅延が著しく短縮されること、同時接続数が4G比で10倍以上に増加することなどが特徴。将来的には20Gbpsを超える速度を目指しており、無線LANが不要になるとも言われているが、無線LANを置き換える「ローカル5G」の普及はまだ先の話である。

特徴

  • 高速大容量

より大容量のデータ通信を低コストで実現できる。が、LTE-Advancedでは既に1Gbpsを超える高速通信サービスが提供されており、4Gの時点で充分な高速化が実現している。もちろん理論値であり実効速度は数分の一以下だが、ほとんどのユーザーにとってはそれでも十分である。5Gの通信容量が本領を発揮するのはVRなど没入型の体験が普及してからだと考えられる。

  • 低遅延
オンラインでネットゲームなどを楽しむユーザーには気になるポイントだろう。4Gの遅延は最大で50ミリ秒程度とされており、マイクロ秒、ナノ秒単位の光回線と比べるともう問題にならないほど遅い。5Gでは遅延が1ミリ秒未満に短縮され、自動運転や遠隔手術などリアルタイムでの通信が要求される用途に活用されることが期待される。

  • 多数同時接続
実は5Gではこれが一番期待されているポイント。1平方kmあたり100万端末が接続できるとされ、イベント会場などで「電波が繋がりにくい」という問題が解消するのはもちろん、ネットに繋がった人工知能が人間を介さず相互に通信するのが当たり前になる。もっともIoTやM2Mの実現には5Gは必須ではなく、現に4Gや無線LANが主流の2010年代末~2020年代初頭において既に実用化が進んでいる技術である。

欠点

  • 通信距離が短く、障害物に弱い

建物の壁や大気・雨といった障害物に弱い。特にミリ波帯を使う28 GHz帯は物陰に入ったり少し離れると通信できなくなる。4Gと同程度の密度のネットワークでは繋がらないスポットだらけになるため、かつてのPHSどころか、下手をすると無線LANのアクセスポイント以上に高密度に基地局を設置しなくてはいけない(スモールセル)。

関連タグ

携帯電話 無線
5G G5
無線LAN LTE WiMAX
第2世代移動通信システム 第3世代移動通信システム 第4世代移動通信システム 第6世代移動通信システム

関連記事

親記事

通信 つうしん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「第5世代移動通信システム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14

コメント