ピクシブ百科事典

レッドウォーリア

れっどうぉーりあ

やまと虹一の漫画『プラモ狂四朗』に登場したパーフェクトガンダム三号機。全身を真紅に染め抜いたデザインと、独特のパーツ造形や武装で統一されている。そのシャープなデザインから現在でも根強い人気を誇る。
目次[非表示]

概要

ワールドシミュレーション大会の関東地区決勝戦、対アニメショップ・ゼロ戦において狂四郎が用いたオリジナルガンダム。
パーフェクトガンダムパーフェクトガンダムⅡの流れを汲む機体であり、「パーフェクトガンダムⅢ」、または「レッドガンダム」の別名を持つ。

全身を真紅を染め抜き、ガンダムの象徴と言うべき「口の造形」を平坦なマスク型に一新している。
ガンダムにおける「」はシャア・アズナブル(もしくはジョニー・ライデン)の色という認識があったため、ガンダムを赤く塗るという発想は見るものを騒然とさせた。
前作パーフェクトガンダムⅠ及び〜Ⅱが重武装型の火力重視だったのに対し、肩に可動式バーニア・足首に強化アクチュエータ(関節機構)を配して機動力重視の設計を施している。
また、これまでのパーフェクトガンダムは装備外装による機体強化がメインであった事から、そこからその外観で戦略を読まれる事が多くなった為、武装を内蔵式にして外見から戦略を読まれにくくするよう工夫されている。

固定武装として頭部バルカン砲、バックパックと連動したバズーカ砲(『SDガンダム GGENERATION』ではビームバズーカに設定されている)、腕部内蔵型ビームサーベルを装備。また胸部に隠し武装としてミサイルランチャーを内蔵し、シールドは従来のものを小型化して左腕部に固定されている(GFF版では内部にキャノン砲を有している)。
ロムとクズ鉄の操作する支援機「ガンキャリアー」と合体することも可能で、構想としてはGアーマーの運用思想に似る。

外部展開

元々は「パーフェクトガンダムMk-Ⅲ」という名称でデザインされたものを、物語用に更に改良して発表したもの。その後『MSV(モビルスーツバリエーション)企画』の採用候補に挙がるも、企画終了によって採用には至らなかったらしい。

プラモ狂四郎の連載終了後、SDガンダムブームの到来から続編である「超戦士ガンダム野郎」に再登場し、「プラモ狂四郎の弟子」を名乗る少年モデラー・豪多亜留(ごうたある)の愛機「3×3クロス」シリーズの内の1機としてSDガンダムタイプのレッドウォーリアが登場した。更にバリエーションに武者型の「紅武者」、後継機の「レッドウォーリア改」やF91をベースにした「レッドファイター91」等も登場している。
また、並行して展開されたSDガンダム各作品にも騎士系の「麗騎士レッドウォーリア」、コマンド系の「海賊騎士キャプテンレッド」、武者系の「赤龍頑駄無」、ガンドランダー系の「機竜士レッドランダー」などが登場。映像作品においても『SDガンダム外伝』に「吟遊騎士レッドウォーリアR」が出演し、レッドウォーリアの人気キャラクターとしての地位を確固たるものとした。

それから時が流れ2014年、『ガンダムビルドファイターズトライ』で三代目メイジン・カワグチがさらに改修を加えた改造ガンプラガンダムアメイジングレッドウォーリア」として、ついにTV映像作品への登場を果たす。
更に同作の最終回に於いてレディ・カワグチの使用ガンプラとして前述の紅武者をベースにした改造ガンプラ「紅武者アメイジング」が登場。その人気が衰えていないことをアピールした。

関連イラスト

レッドウォーリア
レッドウォーリア


紅龍頑駄無
アーマーパージ!


関連項目

機動戦士ガンダム ガンダム
RX-78 パーフェクトガンダム ガンダムアメイジングレッドウォーリア
やまと虹一
プラモ狂四郎 超戦士ガンダム野郎 ガンダムビルドファイターズトライ
真紅

pixivに投稿された作品 pixivで「レッドウォーリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99735

コメント