ピクシブ百科事典

ガンダムVSガンダム

がんだむばーさすがんだむ

『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム』とは、「ガンダムシリーズ」を題材にした対戦アクションゲーム。 開発はカプコン、発売はバンプレストが担当した。 「機動戦士ガンダム vs.シリーズ」のアーケード版弟7作である。
目次[非表示]

機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムとは、対戦アクションゲーム。
「機動戦士ガンダム vs.シリーズ」のアーケード版第7作である。

概要

過去にアニメ化されたガンダムシリーズの16作品から主要モビルスーツが集結したオールスター作品。
キャッチコピーは「全機主役!! 作品の誇りを賭けて今、戦え!!」。

ストーリー

2030年、あるゲームセンターでデビルガンダムが実体化、機動戦士ガンダムvs.シリーズを一つに統合してしまう。一つの世界に集まったガンダム達はデビルガンダムを倒すために立ち上がった。

システム

機体ごとに1000・2000・3000のいずれかのコストが設定されており、撃墜されるとコスト分戦力ゲージが減る。
敵軍の戦力ゲージを0にすれば勝ち、自軍のゲージが0になると負けとなっている。
対戦の場合は両軍共に戦力ゲージ量は6000、CPU戦ではステージにより相手のゲージ量が変動する。

1人で遊ぶ場合はCPUが操作する機体が僚機として登場する。
CPU戦の場合はステージごとに決まった機体が登場(一部高難易度ステージでは僚機なしの場合もある)し、対戦の場合はランダムとなる。
CPU僚機はコストが通常の半分となっている。

また、コストオーバーという要素が取り入れられており、撃破された後に復活する際、残り戦力ゲージが機体のコストを下回っている場合に、最大HPよりも低い状態で復活というデメリットが加わっている。
このため、コスト1000の機体は基本的にこれを心配する必要がないものの、2000や3000の機体は影響が大きく出るため要注意。自分とパートナーの機体コストには十分考慮が必要となる。

Gクロスオーバー

Gクロスオーバー発動!!
少年達の問いかけ


Gゲージと呼ばれるゲージがたまると、任意発動でGクロスオーバーと呼ばれるMAP兵器を使用できる。落ちる位置はマーカーで表示されるため、避けることは容易。そのため、Gクロスオーバーから逃げる敵を狙い撃ちにする、などと言った戦法が必須になる。
使用されているMAP兵器はコロニー落としアクシズ月光蝶デストロイガンダムといった作品内で猛威を振るった戦略兵器(中には「バーニィの作戦」「かつて戦争があった」など作中の「事件」を再現したものも)が採用されているが、ライバル機ならともかく主人公たちが「落ちろー!落ちろ落ちろ落ちろーッ!!」「いっけえーっ!!」などと叫ぶのはかなりシュールな光景でもある。

モビルアシスト

Gファイターハイゴッグなどのメカを虚空から呼び出し、攻撃のアシストを行う。
機体ごとに、1出撃で使用できる回数が決まっている。

換装

ガンダムF91やストライクガンダムなどの一部の機体は武装の換装が可能。

参戦作品

機動戦士ガンダム
機動戦士Ζガンダム
機動戦士ガンダムΖΖ
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動戦士ガンダムF91
機動戦士Vガンダム
機動武闘伝Gガンダム
新機動戦記ガンダムW
機動新世紀ガンダムX
∀ガンダム
機動戦士ガンダムSEED
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
機動戦士ガンダム第08MS小隊
機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
機動戦士ガンダム00

参戦機体

★マークはPSP版追加機体

機動戦士ガンダム

機体名パイロットコストアシスト備考
ガンダムRX-78-2アムロ・レイ2000Gファイター
シャア専用ザクⅡシャア・アズナブル1000ドップ
ガンタンクハヤト・コバヤシ1000Gスカイイージー
ドムミゲル・ガイア1000ドム
ガンキャノンカイ・シデン1000ガンペリーPSP版にて追加


機動戦士Ζガンダム

機体名パイロットコストアシスト備考
Ζガンダムカミーユ・ビダン2000メタス7強の一つ
ガンダムMk-Ⅱエマ・シーン2000リック・ディアススーパーガンダムに換装可能


機動戦士ガンダムΖΖ

機体名パイロットコストアシスト備考
ΖΖガンダムジュドー・アーシタ2000ネオ・コアファイター後格闘以外の格闘が投げ技
キュベレイMk-Ⅱエルピー・プル1000キュベレイMk-Ⅱ7強の一つ


機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

機体名パイロットコストアシスト備考
νガンダムアムロ・レイ3000リ・ガズィ
サザビーシャア・アズナブル2000ヤクト・ドーガ


機動戦士ガンダムF91

機体名パイロットコストアシスト備考
ガンダムF91シーブック・アノー2000ヘビーガン
ビギナ・ギナセシリー・フェアチャイルド1000ベルガ・ギロス


機動戦士Vガンダム

機体名パイロットコストアシスト備考
ヴィクトリーガンダムウッソ・エヴィン1000ガンイージ
V2ガンダムウッソ・エヴィン3000ガンブラスターアサルトバスターに換装可能

機動武闘伝Gガンダム

機体名パイロットコストアシスト備考
ゴッドガンダムドモン・カッシュ3000ネーデルガンダム7強の一つ
マスターガンダム東方不敗マスター・アジア2000デスアーミー(デスビースト)7強の一つ
デビルガンダムなしBOSSガンダムヘッドCPU専用。本作のラスボス


新機動戦記ガンダムW

機体名パイロットコストアシスト備考
ウイングガンダムゼロヒイロ・ユイ3000ヴァイエイト
ガンダムヘビーアームズ改トロワ・バートン2000メリクリウス


機動新世紀ガンダムX

機体名パイロットコストアシスト備考
ガンダムXガロード・ラン&ティファ・アディール3000GXビットガードしているとシールドが破壊されメインが使用不能になる
ガンダムヴァサーゴシャギア・フロスト2000D.O.M.E.ビット


∀ガンダム

機体名パイロットコストアシスト備考
∀ガンダムロラン・セアック3000ヒップヘビー
カプルソシエ・ハイム1000ヒップヘビー


機動戦士ガンダムSEED

機体名パイロットコストアシスト備考
ストライクガンダムキラ・ヤマト2000メビウス・ゼロエール、ソード、ランチャーに換装可能
イージスガンダムアスラン・ザラ1000バスターガンダム


機動戦士ガンダムSEED DESTINY

機体名パイロットコストアシスト備考
インパルスガンダムシン・アスカ2000セイバーガンダムブラスト、ソードには換装できない
フリーダムガンダムキラ・ヤマト3000ストライクルージュ7強の一つ。
デスティニーガンダムシン・アスカ3000レジェンドガンダムPSP版にて追加


機動戦士ガンダム 第08MS小隊

機体名パイロットコストアシスト備考
陸戦型ガンダムシロー・アマダ1000ホバートラック
グフカスタムノリス・パッカード1000マゼラ・アタック7強の一つ


機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争

機体名パイロットコストアシスト備考
アレックスクリスチーナ・マッケンジー1000ジム・スナイパーⅡ
ザク改バーナード・ワイズマン1000ハイゴッグ
★ケンプファーミハイル・カミンスキー1000ズゴックEPSP版にて追加


機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY

機体名パイロットコストアシスト備考
ガンダム試作3号機ステイメンコウ・ウラキ2000ジム・カスタム
ガンダム試作2号機サイサリスアナベル・ガトー2000ザメル
★ガンダム試作1号機/フルバーニアンコウ・ウラキ2000ジム・キャノンⅡPSP版にて追加


機動戦士ガンダム00

機体名パイロットコストアシスト備考
ガンダムエクシア刹那・F・セイエイ2000ガンダムデュナメス当初はCPU専用機になる予定だった


評価

ゲームバランスが悪いために評価は低い。
具体的には
桁外れの機動性を誇り「存在自体がバグ」とまで言われるフリーダムガンダム
そのフリーダムにもダメージを与えられる凶悪ファンネルを持つキュベレイMk-Ⅱ
射撃をヒラヒラ掻い潜り敵を拳でボコボコにするゴッドガンダムマスターガンダム
などが強機体。
(逆にガンダムNT-1アレックスインパルスガンダムなどは弱機体とされる)

「ならこいつらを使ってCPU戦をやればいいんじゃね」と思ったキミ、甘い。本作はCPUが異様に賢く、与えるダメージも尋常ではないため、非常に難易度の高い作品となっているのだ。初心者ならば、「バグ機体」と言われるフリーダムを使っても一番簡単なノーマルコースすらラスボスにたどり着けないとまで言われている。まあ、習うより慣れろだ。
なお、一番難しいアルティメットコースにいたってはステージ1からプレイヤーを殺しに来ている。
続編ではおおむね改善された。

続編

機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT

2009年3月18日に稼働開始。最後にカプコンが開発に関わったVSシリーズ。
前作のゲームバランス崩壊は大きく改善されており、Gクロスオーバーが廃止され、新アクション「ネクストダッシュ」を追加。
新規参戦作品は「機動戦士ガンダムUC」。
ストライクフリーダムガンダムがボス機体として登場した。
後に家庭版であるNEXT PLUSが2009年12月3日にPSPで発売され、ミッションモード「NEXT PLUSモード」の追加や、アニメ版ガンダムUCに先駆けてバナージのボイスが追加された。新たに「新機動戦記ガンダムW ENDLESS WALTZ」「機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)」の機体が参戦している。

機動戦士ガンダム EXTREME VS.

2010年9月28日稼働開始。VSシリーズ10周年記念作品。
戦績を保存できるICカードと、ゲームと連動できるケータイサイトが初登場。
アシストが共通の武装ではなくなり、ステップやダッシュで攻撃をキャンセル出来る「エクストリームアクション」と、連合VSZAFT以来となる覚醒システム「EXバースト」が追加され、一部の機体では覚醒中3ボタン押しで強力な必殺技(FB以降では「バーストアタック」)を放つことが出来た。この他にもすべての機体がガードを使用可能になった。
新規参戦作品は「MS IGLOO」「クロスボーン・ガンダム(「鋼鉄の7人」も含む)」「SEED ASTRAY」「劇場版機動戦士ガンダム00」。
ラスボスはゲームオリジナルのMS・エクストリームガンダム。声優にGACKTを起用したり、ガンプラが発売されるなど、話題を呼んだ。

家庭版は2011年12月1日にPS3で発売され、ガンダムVSZガンダム以来となるオンライン対戦が登場。新たに「ベルトーチカ・チルドレン」と「機動戦士ガンダム外伝(戦慄のブルー)」が参戦し、アルケーガンダムやブルーディスティニー1号機などの追加機体がDLCとして登場。
この他にも一人用のモードとして「トライアルミッション」が実装された。

機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST

2012年4月5日稼働開始。EXVSシリーズ第2弾。
EXバーストが2種類に増え、一気に攻め込む「アサルトバースト」(A覚醒)、じっくり攻め込む「ブラストバースト」(B覚醒)が追加。
今作から、戦績を記録できるICカードがバナパスポートカードになった。
また、漫画雑誌「ガンダムエース」で本作と連動する漫画作品「ガンダムEXA」が連載され、主人公であるレオス・アロイがプレイヤーキャラに、ヒロインのセシア・アウェアがナビキャラクターとしてゲームに登場している。
新規参戦作品は「STARGAZER」「ガンダムEXA」「閃光のハサウェイ」。


家庭版は2014年1月30日にPS3で発売。シリーズ初、オンラインでCPU戦が出来るようになった。新たに「ガンダム・センチネル」「MSV」の機体が参戦。
DLC機体は、既存の機体にパイロットを乗せ換えた所謂コンパチ機体や、CPU専用機をプレイアブル機体に仕上げた機体が多数を占めている。
一人用のモードとして「フルブーストミッション」が実装。オフラインとオンラインでミッションの内容が異なるほか、オンラインのみ協力プレーが可能となった。

機動戦士ガンダム EXTREME VS. MAXI BOOST

2014年3月6日稼働開始。EXVSシリーズ第3弾。
新たなシステムとして、機体を一時的に強化できる「EXオーバードライブ」が登場。射撃性能を強化する「シューティングドライブ」と、格闘性能を強化する「ファイティングドライブ」の2種類。EXバーストは再び1種類にまとまった。
さらに、今作から1000コストが廃止され、これまで1000コストだった機体が1500コストにコストアップした。
新たなゲームモードとして、勢力同士のエリア争奪戦「VS.コンクエスト」が登場。全国のプレイヤーが複数の勢力に分かれて所属勢力のエリア数を競い合い、シーズン内で占有エリアが多い勢力の方が勝ちとなる。勝った勢力には新機体の先行プレイ権などの特典もあった。
VSモバイル会員限定の機体「エクストラ機体」も今作から実装された。
新規参戦作品は「機動戦士ガンダムAGE」「機動戦士ガンダム00V」「プラモ狂四郎」。

大型アップデートによりEXVSMBONとなったため、現時点で唯一、EXVSシリーズで家庭版が発売されなかった作品でもある。

機動戦士ガンダム EXTREME VS. FORCE

2015年12月23日にPSVITAで発売。EXVSシリーズ第4弾。
VS.シリーズ初となる家庭用オリジナル作品で、これまでのVSシリーズに比べて1人プレー要素が強く、通信対戦も2人までとなっている。また、使用可能機体数も40機(DLCやアプデ追加機体を含めれば51機)と、過去作の中では一番少ない。
操作性はガンダムバトルシリーズやガンダムアサルトサヴァイブに近い。
本作の世界観はガンダムEXAの物語が始まるはるか前の時代を描いたものである。
新規参戦作品は「Gのレコンギスタ」「鉄血のオルフェンズ」。

機動戦士ガンダム EXTREME VS. MAXI BOOST ON

2016年3月9日稼働開始。EXVSシリーズ第5弾。マキシブーストのバージョンアップ版。
アーケード版初のオンライン対戦を実装し、日本全国のプレイヤーとの対戦が可能となった。ただしシステムの都合上、CPU戦をプレイするには店舗内対戦モードに設定しないと出来ないという問題点もあった。
EXバーストとEXオーバードライブが統合され、射撃性能を強化する「シューティングバースト」(S覚醒)、格闘性能を強化する「ファイティングバースト」(F覚醒)、回避性能を強化する「エクステンドバースト」(E覚醒)の3種類のEXバーストが登場した。
新規参戦作品は「サンダーボルト」「ビルドファイターズAR」「ビルドファイターズ」。

AC版は2019年11月26日にネットワークサービス終了に伴い稼働終了(ゲームの起動にはオンライン環境が必要の為オフラインでは稼働できない)。

家庭版は2020年7月30日にPS4で発売され、EXVS2の機体であるザクアメイジング、モンテーロ、ガンダム・バルバトスルプスレクスが追加機体として参戦(レクスは後に有料DLCとして登場)。
今作の一人用モードとして「マキシブーストミッション」が登場。
更にPS4を4台接続する事でオフラインで4人対戦が出来る「LANバトル」も実装された。


ガンダムバーサス

2017年7月6日にPS4で発売された。シリーズ15周年を迎えるガンダムVSシリーズの第15弾。
FORCEと同じくアーケードからの移植作品ではなく、家庭用に特化した独自の展開を行っている。
シリーズ御馴染の2on2チーム戦だけではなく、PS4ならではの3VS3や1VS1、マルチプレイでボス討伐といったアーケードとは一味違う楽しさを追求したタイトルとなっている。
総コストは連邦VSジオンと同じく1000に変更され、各機体のコストも500、400、300、200の4種に。
新たなアクションとして「ブーストダイブ」が登場。これにより、好きなタイミングで自由落下できるようになった。また、ガンネク以来となるモビルアシストシステム「ストライカー」が登場し、好きなアシストを選べるようになっている。
覚醒システムも健在で、短期決戦向けのブレイズギアと長期決戦向けのライトニングギアが存在する。
しかし、当時稼働していたMBONの差別化を図ったのか、MBONと比べて参戦作品・機体数がやや少なめであり(XやSEED DESTINY、劇場版00等が未参戦)、プレイアブル機体であったアッガイやVガンダムヘキサが敵専用機に降格されたり、ゴッドガンダムやガンダムAGE-1といった過去作品のプレイアブル機体が有料DLCで登場した事もあり、プレイヤーからの不満も少なくはなかった。
新規参戦作品は「ミッシングリンク」「クロスボーン・ガンダム ゴースト」「コロニーの落ちた地で…」「ジオニックフロント」。

機動戦士ガンダム EXTREME VS.2

2018年10月30日稼働開始。EXVSシリーズ第6弾。
筐体(基盤)やライブモニター等を一新させ、更なるグラフィック表現の進化を実現させている。基盤変更に伴い、機体を一からデザインしなくてはならなくなったため(一部はGVSからの流用もある)、エクストラ機体を含む一部プレイアブル機や、アシスト限定で登場した機体、エクストリームガンダム等の一部のボス機体が参戦しなくなった。この他にもキャラの立ち絵やカットインが変更されている。
クレジットを2回投入し様々な恩恵を得られる「プラスコインモード」や、シリーズ初の「トレーニングモード」を実装している。
EXバーストはMBONの3種類に加え、機動力特化の「モビリティバースト」(M覚醒)、サポート特化の「リンケージバースト」(L覚醒)の2種類が追加され、5種類のEXバーストが選べるようになった。
ラスボスはオリジナルMSであるガンダムガルヴァリア。
新規参戦作品は「ビルドファイターズトライ」「SDガンダム外伝」「機動戦士ガンダムNT」「ビルドダイバーズ」。

機動戦士ガンダム EXTREME VS.2 X BOOST

2021年3月10日稼働予定。EXVSシリーズ第7弾にしてEXVS2のバージョンアップ版。
新たなEXバーストが追加され、スーパーアーマーが付与される「レイジングバースト」(R覚醒)、モビリティバーストとリンケージバーストの効果が統合された「カバーリングバースト」(C覚醒)の2種類が登場(F覚醒、S覚醒、M覚醒は今作でも使用可能)。更に、僚機と自機のEXバーストの発動時間が重なると発生する「EXバーストクロス」が登場。こちらは覚醒によって効果が異なる。
更に、オンライン対戦がランクマッチとカジュアルマッチに分かれたほか、店内優先マッチも登場し、これまでオンライン対戦のシステムの都合上出来なかった店舗内対戦が可能となった。
また、CPU戦に乱入対戦がなくなりワンコインで最後までプレー可能になったほか、CPU戦とトレーニングモードが常設化され(但し1P~4Pの台まで。5P以降の台は設定で消すことが出来る)、ゲーム初心者や対戦が苦手なプレイヤーに対する救済処置がなされている。

ガンダム争鋒対決(敢达争锋对决)

中国バンダイナムコ上海からリリースされたスマートフォン専用ゲーム。
中国市場に向けたガンダムのアクションゲームで、操作やルール等がVSシリーズを彷彿とさせる。ゲーム登録には実名認証が必須のため、中国以外でのプレイは非常に難しい。
メニューなどのUIに使われているのは中国語だが、ボイスは日本語となっている。
2020年現在、日本のVSシリーズには登場しない機体がいくつか参戦しており、ベアッガイⅢFAΖΖムーンガンダムウイングガンダムスノーホワイトプレリュード等の参戦が確認されている。


関連タグ

ガンダム バンダイナムコゲームス
ガンダムVSガンダムNEXT
EXVS EXVSFB EXVSMB EXVSMBON EXVSFORCE EXVS2 EXVS2XB
ガンダムバーサス
アルティメットルート ジョインジョインフリーダムゥ

関連記事

親記事

バンプレスト ばんぷれすと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムVSガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 403013

コメント