ピクシブ百科事典

目次[非表示]

機体データ

型式番号MSA-005
所属エゥーゴ
開発アナハイム・エレクトロニクス
生産形態試作機
全高26.0m
頭頂高18.1m
全長(MA時)21.8m
本体重量27.8t
全備重量52.4t
出力1,640kW
推力77,000kg
センサー有効半径11,300m
装甲材質ガンダリウム合金
固定武装ビーム・サーベル×6、アーム・ビーム・ガン×2、ミサイル、バルカン砲
携行武装ビーム・ライフル


機体説明

形式番号MSA-005エゥーゴアナハイム・エレクトロニクス社の共同開発プロジェクト、Ζ計画で開発された可変試作型モビルスーツMS)。
主なパイロットはファ・ユイリィレコア・ロンド

可変機構の動作チェックを目的に試作された機体で、同社が使用している作業用MSを母体にアクシズとの技術交換によってもたらされたガザCの設計データを組み込む形で完成した。元が作業用であるためか上半身と下半身が3本のアクチュエーターで接続された構造を採用しており、その結果強度的に問題を抱え格闘戦には不向きな機体となってしまっているが、その分メンテナンスが容易な機体に仕上がっている。加えてMA形態における加速性能や運動性の高さは抜群のものであったため、運用試験が行われた後、戦闘に耐えうる為の多少の改修を受けた上でΖガンダムGディフェンサー共々、アーガマに配備された。

当初はファとレコアが交代で搭乗していたがレコアがティターンズに寝返った後はファがメインパイロットとして乗るようになった(劇場版ではレコア機とファ機が別に存在し、レコア機が破壊された後にファ機が配備されている)。
グリプス戦争を駆け抜け、続く第一次ネオ・ジオン抗争においても運用されたが、ネオ・ジオンのMS相手には性能不足だった感が否めず、また戦闘を重ねる毎に機体のダメージも蓄積していき、最後は下半身を失った状態で出撃しZガンダムのサポートに回った際に被弾、制御不能に陥りコロニー「シャングリラ」へと流され放棄された。

本機の変形機構はΖガンダムと比べ簡便かつ整備性に優れており、後のZⅡリゼルには本機のものを発展させた変形機構が採用されている。
なお背部ユニット(MA形態時の機首部分)は艦内では干渉する事がある為、艦内を移動する際は機首を頭部に被せた中間形態的な状態になる。

武装

アーム・ビーム・ガン

前腕部に搭載された半固定装備。砲身を180度回転させ、使用する。
モビルアーマー形態でも使用可能。
腕の外側に付いているが使用時はわざわざ前腕を回転させて順手持ちするため(トップ画像右手)、使用中はほとんど肘を曲げられない欠点がある。

ビーム・サーベル

脚部に左右合計6本内蔵されている格闘戦用装備。
通常のサーベル状のビームの他、ヒート・ホーク状のビームを発生させる事も可能。
本機はどちらかと言えば「MS形態になれるMA」なので、何故こんなに大量のビームサーベルを格納できる仕様になっているのかは謎。後述する補給目的だったのだろうか?

グレネード・ランチャー(ミサイル)

腕部に搭載されアニメ本編でも使用しているのだが元デザイン画にない武装。その為近年では無かった事にされる事も多い。
ゲーム『機動戦士ガンダム ガンダムvs.Ζガンダム』では使用できるが、そちらではミサイルとなっている。

頭部バルカン砲(?)

こちらもアニメ本編で使用しているが設定上存在が確認されていない武装。

ビーム・ライフル

書籍『プロジェクトファイル Zガンダム』のイラストで登場。百式と同型のライフル2丁にジム・コマンド系のシールドを組み合わせたものをMA形態の脚部に2丁装備する。こちらも補給を目的にしたものだったのだろうか?

修理装置

ゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズに登場する際には修理装置が搭載されている。
これは、機動戦士ガンダムZZでジュドーのZガンダムのライフルの補給をしていたシーンが元になったと思われる(ジュドーが空のエネルギーパックのライフルで出撃してしまい、替えのパックを持って救援に行った)。
この他、劇場版では百式メガ・バズーカ・ランチャーへのエネルギー供給もしている為、実際の劇中ではどちらかと言うと補給要員のイメージが強いが、補給装置が搭載されるのは『第2次スーパーロボット大戦Z』からである。

ゲームでの活躍

主役機に比べ性能、特に攻撃能力は決して高くないが、可変機の為(特にMA形態では)小回りが利きやすく独自の使い道が存在しているケースが多い。

前述の通りスーパーロボット大戦では登場する全ての「メタス」に修理装置が装備されている。なんと1991年発売の『第2次スーパーロボット大戦』からである。本作(と前作に当たる初代)ではガンダムMk-Ⅱが登場しないので、何気に前半主役機より先にスパロボに参戦した事になる。前述のエピソードを元に、ゲームの駒として回復役として設定されたものと思われ、MA形態で地形を無視できる空中移動が大変便利な機体となっているが攻撃力は低い。その後のシリーズにおいても「変形できて(空を飛べて)修理もできるが火力は貧弱」というコンセプトが20年以上堅持され続けている。また、メインパイロットがヒロインのファであることから『機動戦士Zガンダム』が参戦する作品には必ずといっていいほど随伴しており、同シリーズにおける参戦回数はトップクラス。ちなみに大半の作品で序盤から使えるため、飛行ユニットの少ない序盤では戦闘役としても案外馬鹿にならなかったりする。また、パイロットの乗り換え候補が多いガンダム系のユニットである点と、修理の際に経験値が入るスパロボの仕様から、シリーズによっては序盤から終盤まで活躍出来るほぼ唯一のユニットにも成り得る。

『機動戦士ガンダム ガンダムvs.Ζガンダム』では変形とミサイルを駆使したトリッキーな立ち回りが持ち味となっている。
SDガンダム Gジェネレーション』シリーズでは突出した性能の高さはないものの、ゲームの仕様上火力面は存外悪くはない場合が少なくない。また、本機よりZガンダムや百式への開発が可能(作品によってはリゼルへの開発もできる)。

ロストヒーローズ』ではアシストキャラとして登場。コンパチヒーローシリーズのためMSには人格が存在するが、メタスの場合はパイロットがいずれも女性だったからか、女性キャラとなっている。

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』ではクレイ・バズーカ二丁とフラッシュ・グレネードを装備したメタス(重装備仕様)として実装されたが、ビームガンの火力が頭一つ飛び抜けており、装備していた二丁クレイ・バズーカも高性能だった為、実装から僅か一ヶ月で調整が入るという凄まじい勝率を叩き出していた。

バリエーション

アニュス・デイ

ゲームブック『機動戦士ガンダムΖΖ ヘルメス夢幻』に登場。
アナハイム社が自社製の作業用MSを基に試作した可変フレームの実証試験機で、メタスのプロトタイプに当たる機体。簡易的な変形機構を有するが、完成度はメタスと比べて劣る。
エゥーゴには採用されず、アナハイム社の社有機として自衛用に月面施設などに配備された。

メタス(エーヴィ・アルヴァ専用機)

型式番号MSA-005
雑誌企画『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者』に登場。
可変試作機であったメタスを実戦向けに改装した機体。
両脚に収納されているビームサーベル6基の内4基をビーム・ガンに換装し、オプションとしてグレネード・ランチャーを装備する事で火力を強化。構造的に脆弱な胸部をカバーする増加装甲、フレキシブルバインダーの追加によって耐弾性・運動性を向上させている。
結果、ノーマルのメタスより重量が増加した分加速性能が低下してしまったものの、戦闘能力は増大している。
また、本機をSFSとして使用出来るよう、MS用グリップが背部ユニットに設置されている。

メタス(重装備仕様)

型式番号MSA-005
ゲーム『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』に登場。
実戦運用時に火力不足が指摘されるメタスに、クレイ・バズーカ2丁とフラッシュグレネードを追加した仕様。不使用時のクレイ・バズーカはZⅡ同様、銃口を上部に向けて背面に装備され、変形時も運用可能となっている。

ガンキャノン・ディテクター

型式番号MSA-005K
雑誌企画『Ζ-MSV』が初出。
メタスのムーバブルフレームを流用した砲撃戦用機。
詳細はガンキャノン・ディテクターの項目を参照。

メタス改

型式番号MSA-005S
『Ζ-MSV』に登場。
カラバの試作可変MS。ハイ・メガ・キャノンを装備した砲撃戦仕様。
詳細はメタス改を参照。

メタス・マリナー

型式番号MSA-005M
ムック『GUNDAM WARS 2 MISSION ΖΖ』が初出で、後に『ΖΖ-MSV』に組み込まれた。
第一次ネオ・ジオン抗争時、ネオ・ジオンによる地球降下作戦に対抗するため、地球降下からそのまま拠点制圧を行う目的で開発された水陸両用機。
大気圏突入には機体下部に専用のフライングアーマーを装着し、着水後はボートとしても利用でき、排除することで潜水を行う。頭部はバイザータイプのものに換装され胸部の張り出しがないものに変更された。背部には大型ハイドロシステムを装備し水中では高い運動性を誇る。股間部および脚部リアアーマーには計3基のスタビライザーが設置されている。爪先部にはセンサーが増設され、整流を考慮した形状に変更されている。
先行量産機がロールアウトした時点で既に戦局は宇宙へ移ってしまっていたため、量産化には至らなかった。

メタスX-1

型式番号MSA-005X-1
Web企画『アナハイム・ラボラトリー・ログ』に登場。
大気圏内での制空性能の獲得を目指し、アナハイム社が「メタス・プロジェクト」で開発したメタスの派生型。
MA形態での空中戦能力に重きを置いており、MA形態ではステルス性も考慮した第5世代ジェット戦闘機に酷似した形状になる。速度性能や機動性、高高度性能といった戦闘機としての能力は高く、実証試験中の模擬空戦でも通常の戦闘機に勝利している。
実験機のため武装は装備されておらず、内装式・外装式の武装が複数検討されていたがいずれも実現せずに終わっている。
開発はハービック社から移籍したスタッフを中心とするキャリフォルニア・ベース支社で行われ、MA形態に固定された非可変の試作機による実証試験では良好な性能を示したが、続いて行われた変形可能な試作機の試験中、音速飛行時におけるMS形態への変形試験の際に空中分解事故を起こして大破し、開発は中止された。
試験時のデータや、電子機器とプロペラントタンクを収めるために採用されたテール・スタビレーターなどの要素は、後のΖプラスA1型開発時に参考にされている。

メタスX-2

型式番号MSA-005X-2
『アナハイム・ラボラトリー・ログ』に登場
メタスX-1と同様にメタス・プロジェクトによって開発された機体。
MA形態での攻撃・移動性能とMS形態での戦闘能力の両立を大気圏内外双方で図ったもので、開発時にはギャプランが参考とされている。
MA形態では機体後方に大型の長距離ブースターを装着することが可能。両肩のバインダーには推進器とともに大型メガ粒子砲を装備し、これを用いた一撃離脱を行う予定だった。また、ビーム・サーベルが装備されるなどMS形態での対MS戦も想定されていたが、同時に機体のスリム化も行われていたため、MS形態は戦闘に臨むには脆弱と判断されている。
旧MIP社のスタッフによってグラナダ支社で開発され、アナハイム社の月面MS実験場で各種試験に従事した後、コンセプトを継承した機体としてZⅡの開発が開始されている。

メタスX-3

型式番号MSA-005X-3
『アナハイム・ラボラトリー・ログ』に登場。
メタス・プロジェクトによって開発されたメタスの派生機。
敵防空網制圧を任務とする拠点攻略用の機体として開発されたもので、対空攻撃に備えるべく重装甲化が図られるとともに、背部のメガ粒子砲と装甲各部に内蔵されたミサイルベイを用いて対空火器の制圧を行うことも想定されている。また、腕部にはビーム・ガンとともに施設破壊用のナックルガードが装備されている。
これらの装備で増加した重量を補うため、MA形態では機体後方に追加ブースター(メタスX-2のものより小型)を装着することもできる。
また、メタスX-2がMSなどの敵機、X-3が施設攻撃を担当する形で両機の連携も計画されていた。
開発は旧MIP社のスタッフのうち、メタスX-2とは別のチームが担当した。X-2と同時に月面MS実験場で各種試験が行われた結果、再設計が行われメタス改として完成している。

リゼル

型式番号RGZ-95
小説・アニメ『機動戦士ガンダムUC』に登場。
ジムシリーズ初の可変機。ZⅡを経由する形で設計にメタスのデータが使われており、内装の一部をジェガン系列と統一化することにより、可変機の多くにあった生産性及び整備性の低さをクリアした傑作。
詳細はリゼルを参照。

立体物

1/144並びにHGUCシリーズにラインナップされている。双方可変機構を忠実に再現しており、後者は艦内移動形態が再現可能で劇場版『Zガンダム』で百式のサポート時に使用したコードが付属する。

SDガンダムフルカラーでもラインナップされているが、現在は入手困難。

こぼれ話

当初は単なる非変形の宇宙戦闘機だったが、ある人物から「どう変形するの?」と言われビックリし、慌てて可変型MSにリファインしたとの逸話もあり、この辺はガンダムエース編集部から変形機構を要求され取り入れたファントムガンダムを連想する。

余談

メタスの由来は『目多数』から。
モノアイが多数あるハンブラビのデザインをメタスのものとして用いる予定があった名残である。

関連項目

機動戦士Ζガンダム
Ζガンダム ΖΖガンダム ガンダムMk-Ⅱ 百式 リゼル

ファ・ユイリィ レコア・ロンド

ホシノ・フミナ:アニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』に登場するキャラ。模型の世界へ飛び込む時のデビュー作として本機のHGUCのキットを選んでいる

関連記事

親記事

Ζ計画 ぜーたけいかく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メタス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 214318

コメント