ピクシブ百科事典

ZⅡ

ぜっつー

Z-MSVに登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

概要

Ζ計画に基づいて開発されたΖガンダムの発展機。
変形機構をメタスに準じたものに改めた事で複雑だった可変機構を簡略化し、生産性や操縦性を向上させている。
性能的にも同時期に開発されたモビルスーツと比較しても遜色無く、十分実用レベルに達していた。

飛行形態は空間戦闘に特化した形態となっており、大気圏突入能力および大気圏内の飛行能力が省略されているが、Ζガンダムに因み便宜上ウェイブライダー形態と呼ばれることが多い。加速性能も高く、航宙戦闘機として良好な性能を持つ。

主なパイロットはケイ・キリシマ、トラヴィス・カークランド、セイン・アマディオ。

グリプス戦役後、財政的に逼迫していたエゥーゴ上層部の意向により、さらに多機能なΖΖガンダムの開発が優先された為に開発計画は凍結されるが、第一次ネオジオン抗争に於いて試作機が宇宙での戦力の要としてエゥーゴによるアクシズ攻撃作戦に用いられた。

その後はアナハイム社にて保管されていたが、アナハイムにパイプを持つトラヴィスが裏から手を回して横流しさせ、個人所有の機体として運用した。
また、その際に「目的を果たすまでは『亡霊(レイス)』で有り続ける」という決意から、トラヴィスがかつて率いた特殊部隊「スレイヴ・レイス」の機体群と同じく、黒系統の「レイス・カラー」に塗られている。

また、宇宙世紀0095年に本機のコンセプトを流用した可変式量産型MSリゼルが開発され、連邦軍で制式採用されるなど、その機体性質は良好であった事が伺える。

武装はビーム・ライフル、メガ・ビーム・ライフル、ビーム・サーベルを標準装備とする。また、百式リック・ディアス等で運用されたクレイ・バズーカを背部に二基装備可能。
また、ウェイブライダー形態では機体各部のジェネレーターとメガ・ビーム・ライフルを直結させることによって、エネルギーチャージを十分行うことができ、ハイパー・メガ・ランチャーに匹敵する威力を発揮するとされている。

機体データ

型式番号MSZ-008
全高18.3m
本体重量31.1t
全備重量69.7t
出力2,130kw
推力114,300kg
センサー有効半径14,000m
装甲材質ガンダリウム合金
パイロットケイ・キリシマ、トラヴィス・カークランド


武装

  • ビーム・サーベル×2
  • メガ・ビーム・ライフル
  • ビーム・ライフル
  • クレイ・バズーカ×2


関連イラスト

ΖⅡ
戦地におもむくは


関連項目

Z-MSV
リゼル Ζガンダム メタス
機動戦士ガンダムサイドストーリーズ

バリエーション

ZⅡV型

宇宙世紀0089年を描いた漫画「機動戦士ガンダムヴァルプルギス」(ストーリー:海冬レイジ、画:葛木ヒヨン)に登場する。
型式番号MSZ-008V。
パイロットはセイン・アマディオ大尉。
アーガマ改級ユーロンのハウンド隊に配備されていた。
ZⅡはエゥーゴの内のコンペに二度敗れ、一時は廃案扱いになっていた。
しかしエゥーゴ参謀本部の開戦派によってハマーン戦争中期に少数生産され、ケイ・キリシマ、セイン・アマディオらの運用実戦データが手に入った事で数種類の改良機が作られた。
V型は白兵戦能力が向上したモデルで、特徴は頭部ツインアイ部のバイザー化。
バイザー部分は赤色。
腕部をZガンダムと同型に変更。
新規にキャノピー型のビームキャノン付きシールドが追加されており、ブースターが内蔵されている。
ただし、普通のシールドみたいにビームを受けたりするようなものではない。
武装はスーパーガンダムジム・ストライカーの兵装を合わせたツインビームスピア機能付きロングライフル。

ZⅡV型Bst仕様

ZⅡV型の高機動型仕様。
ランディングギア、マイクロミサイルポッド4基、ブースター、ウィング、プロペラントタンクで構成されている。
オプション兵装になっており元々は一撃離脱(単独離脱)戦法などで用いる装備。
ZプラスやSガンダムと異なり、脚部をブースターに交換するのではなくそのままの脚部に装着させる方式。
その為、状況に応じて装備を分離できる。
オリンポスコロニーでの対ハマーン・カーン部隊戦で用いられた。
アーガマ改級ユーロンの整備兵からは接近戦に不向きだと言われている。
また、パイロットのセイン大尉は殺人的な加速から「イカれてんだよまったくこんなバケモノ作りやがって」とBst装備の感想を述べている。
作戦中、直線的な動きしかできないためザク・マシーナリー(エルナルド機)の長距離狙撃の直撃を受け、セイン大尉が分離、廃棄した。

pixivに投稿された作品 pixivで「ZⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142849

コメント