ピクシブ百科事典

クロエ・クローチェ

くろえくろーちぇ

「機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク」の登場人物

※この記事には作品のネタバレが含まれています!






CV:能登麻美子

概要

機動戦士ガンダムサイドストーリーズのミッシングリンク編に登場する。
元は戦災孤児で、1年戦争時、オーガスタ研究所製の特殊システムHADESの被験体であり、それを搭載するモビルスーツ・ペイルライダーのパイロットでもあった。
漫画版においてはジオン軍のブリティッシュ作戦の被害者である描写が描かれている。

当時の階級は少尉。だが、正規の軍人ではなく、実戦投入の際にトラブルがあると面倒なので上層部の取り計らいで便宜的に階級が与えられていたに過ぎない。
HADESの負荷に耐えるための度重なる薬物投与の結果、重度の記憶障害を引き起こしており、その度合はペイルライダーに搭乗していることを忘れるまでに進行していた。
(後の強化人間のような処置であったが彼女自身にニュータイプとしての能力はない。)

一年戦争終盤、ア・バオア・クーにおけるマルコシアス隊との交戦の結果、ペイルライダーは鹵獲され、コックピットで怯えているところを隊員のヴィンセント・グライスナーに保護された。
漫画版ではア・バオア・クーにおけるトラヴィス・カークランドの駆るペイルライダー・キャバルリーとの激戦の末に拿捕。
その後は彼女の過去を知らされたヴィンセントに託される形でア・バオア・クー脱出艦隊へと向かった。

元々戦災孤児であった彼女に拠り所は存在せず、ヴィンセントの監視の下で共に闘いながらその後10年を過ごしていた。そうして過ごしていく中で彼女はヴィンセントを慕い、愛情に似た感情を抱くまでになった。
ヴィンセントはそんな彼女に対し、怒りや憎しみや憐れみの情こそ入り混じっていたが、彼女と同じく、彼も10年の長い月日は彼女への情を抱かせていたのも事実であった。
葛藤から、戦場で不意に銃口を向けられる事もクロエは把握しており、「ヴィンセントにならば殺されてもいい」と思っている。
そして、HADESの負荷による自身の肉体の限界が近いことも悟っている。




そして宇宙世紀0090。第二次ネオ・ジオン戦争が起こる直前。
彼女は新生ネオ・ジオンに参加し、グレミー・トト派の残存勢力を排除すべく、
トーリスリッターと名を改めたペイルライダーとギラ・ドーガを駆るヴィンセントと共にその作戦に従事していた。
だが、グレミー軍残党の第一波を殲滅した時、彼女の肉体は遂に限界を迎えようとしていた。

更に敵の増援に囲まれ、窮地に陥った彼らのもとに1機の可変MSが近づく。
それはかつて、クロエやヴィンセントが1年戦争時に戦ったスレイヴ・レイス隊隊長の
トラヴィス・カークランドが駆る黒いZⅡだった。
彼はかつての部下の情報提供により、実子であるヴィンセントと非合法な実験の被験体となっていたクロエの行方を追っていたのだった。

トラヴィスの協力もあり、敵の増援を退けた二人だったが、そこにマルコシアス隊のエンブレムを付けた赤いクィン・マンサが現れる。
搭乗者はかつてのヴィンセントの部下であり、ニュータイプであるアンネローゼ・ローゼンハインだった。
だが、彼女は仲間の敵であるペイルライダーと共に居る彼らに殺意を向け、攻撃を掛ける。
トラヴィスはアンネローゼを説得するものの、彼女の頑なな心には中々聞き入れられず、激しく揺れ動くだけだった。ついに感情を暴発させたアンネローゼは彼らをまとめて殺そうとする。だが、クロエの駆るトーリスリッターがそれを阻止。相打ちとなり2機は大破する。

だが脱出ポッドが作動し、クロエとアンネローゼは生き残った。
アンネローゼは以前にも薄々、復讐の戦いの無意味さを悟っていた。
だが、復讐の無意味さを改めて悟り、ポッドの中で号哭するのであった。

その後、彼ら三人はトラヴィスの下で保護され、戦争とは無縁に幸せに過ごした模様である。
クロエはペイルライダーが破壊され、HADESの影響を受けることが無くなったのか無事生き延び、ヴィンセントの妻となり、彼との間に一子を儲けたようだ。


関連タグ

機動戦士ガンダムサイドストーリーズ ペイルライダー(ガンダム)

pixivに投稿された作品 pixivで「クロエ・クローチェ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4958

コメント