ピクシブ百科事典

オーヴェロン

おーゔぇろん

漫画『機動戦士ガンダムヴァルプルギス』に登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

※名前の元となる妖精王については、妖精王オベロンの記事を参照。

スペック

形式番号AGX-11
全高20.5m
本体重量40.2t
全備重量66.3t
ジェネレーター出力4,950kW
スラスター総推力135,800kg
装甲材質ガンダリウム合金
開発組織アナハイム・エレクトロニクス社
設計パプテマス・シロッコ
武装
  • 60mmバルカン砲
  • ビーム・ショットライフル
  • ビーム・サーベル
  • シールド(ヒートシザーズ付き)
  • シールド内拡散メガ粒子砲
  • ヒートシザース
パイロット


概要

パプテマス・シロッコジ・Oに次ぐ戦力として考案していたハンドメイド試作モビルスーツ。
完成前にシロッコが死亡したため日の目を見ることはなかったが、シロッコの設計をもとにアナハイム・エレクトロニクスが開発。シロッコが戦後の象徴としてタイタニアと並行して開発を進めていた機体であり、タイタニアの隣に並ぶその姿から妖精の王「オベロン」の名が与えられた。
ネオ・ジオンからは「白のグリモア」と呼ばれている。

当機体を発見したネオ・ジオンから強奪したフィオリーナ・フィリーマシロ・オークスのもとへと届け、紆余曲折を経てマシロがパイロットとなる。

当初はジ・Oに似た白とグレーを基調とする偽装装甲が施された姿(アーマー形態)だった。背部にマシロの父が射出したコアポッドが接続されることで偽装が解除され、ガンダムタイプの姿へと変わる。

汎用性はオプションの装着によって補い、本体は基本性能のみを追求するという思想で開発されている。オプションは前述した偽装装甲の他、メッサーラ・グラシュティンなど様々な物を装着できる。

機体はフィオリーナとリンクしており、通常はリミッターがかけられた状態。ガンダムフェイスはフェイスガードで覆われ、ブレードアンテナも閉じられている。
マシロ搭乗時に特定の条件が揃うとリミッターが解除される。その際にサイコフィールドらしき現象が発生している事から、何らかの形でサイコミュに関するシステムが搭載されていると推測される。

メッサーラ・グラシュティン

形式番号PMX-000G
設計パプテマス・シロッコ
武装
  • ハイパー・メガ・ランチャー
  • メガ粒子砲×2
  • 隠し腕(腕部クロー)×2
パイロット


オーヴェロンの支援機であるモビルアーマー。名称にもある通りメッサーラの流れを汲んだ機体だが、部品の流用がない完全な新規開発機であり、モビルスーツ形態はない。
支援機だけあって、真価を発揮するのはオーヴェロンと共に運用した場合となる。第二形態では後の時代に登場するメガライダーを思わせる形でオーヴェロンが搭乗し、第三・第四形態では分離した機体各部をオーヴェロンが装備する。

ハイパー・メガ・ランチャーの出力はメガライダーのハイパー・メガ・キャノンよりも劣るが、取り回しが良く命中させやすい。
大型スラスター・ユニットの底面には隠し腕として大型の腕部クローを装備している。

形態

"白のグリモア"と呼ばれる搭載システム「"0"Ver.ON」の起動の有無と、オプションの装備状態でいくつかの形態に分類される。

オーヴェロン(アーマー形態)

「"0"Ver.ON」を物理的にロック、封印している形態。
ジ・Oに似た偽装外装を纏っているが、これはガンダムタイプであることを隠すだけでなく、「"0"Ver.ON」が起動していないことによる性能低下を補う役目がある。「"0"Ver.ON」起動と同時に外装はパージされるが、再装備には外装を回収して設備のある場所で再装備する必要がある。
この形態でもビームサーベルとビーム・ショットライフル、頭部の60mmバルカン砲が使用可能。両膝の隠し腕は使用できない。

オーヴェロン("白のグリモア"起動時)

リミッターが解除されて「"0"Ver.ON」が起動した形態。
偽装外装をパージすると共に頭部が変形してガンダムタイプとしての姿を露わにする他、パイロットを務めるマシロがシロッコの器として覚醒し、性格や言動が激変する。
武装はすべて使用可能になっており、どれも高出力になっている。

オーヴェロン("白のグリモア"停止時)

外装をパージ後、「"0"Ver.ON」が停止した形態。
4本あるVアンテナがメインカメラに寄せて折りたたまれ、ひさし部分がツインアイ側に下降、フェイス左右にある装甲が閉じている(2巻冒頭などフェイス左右の装甲は閉じない場合もあるが、違いは不明)。また、ツインアイの点灯光が漏れてバイザーのように見えるため、ジムタイプの様相となる。
戦闘は可能だが機体の性能が低下しており、シールドに装備されたビーム兵器の出力や、スラスターの出力が低下していることが確認できる。

オーヴェロン&メッサーラ・グラシュティン(第二形態)

支援機であるメッサーラ・グラシュティンにオーヴェロンが跨り、SFSとして使用する形態(SFSとしてMSを搭乗させるためのグリップが背中から立ち上がる)。
2機のジェネレターが接続されることで相補的に性能が向上する。
機首部分はハイパー・メガ・ランチャーになっており、使用する際はメッサーラの機首アーマーをパージする。
セイン大尉はこの様子を見て"騎兵"と例えた。

オーヴェロン&メッサーラ・グラシュティン(第三形態)

メッサーラ・グラシュティンの大型スラスター・ユニット2基を背部コアポッドに装備した形態。
高機動戦闘や近接格闘を想定しており、ブースターに折りたたんであった巨大なクローアームが使用可能になる。
メッサーラ・グラシュティンの機首部分は独立したままサポートを行う。

オーヴェロン&メッサーラ・グラシュティン(第四形態)

第三形態の状態から、メッサーラ・グラシュティンの機首部分をハイパー・メガ・ランチャーとして携行した状態。
機首のモノアイ部分は背中側に立ち上がりセンサーが露出するようになると同時に、オーヴェロンの頭頂部メインカメラ及びツインアイが赤色に点灯する。
グリプス戦役末期にはシロッコがこの形態に至るまで設計を完了していた。

別作品での活躍

初のゲスト出演。
最終話にアーマー形態だけが登場した。

  • スーパーガンダムロワイヤル
ゲーム作品への初参戦。
パイロットのマシロにはボイスあり(畠中祐氏が担当)。

アクションゲームへの初参戦。第三次アップデート追加機体であり、マシロの声優は引き続き畠中祐氏。
コスト2500。基本は"白のグリモア"起動状態で、『グリプスの呪縛』も再現されている他、第四形態になるとシロッコの残留思念が復活する演出が見られる。

本機は変形(ブーストボタンを押しながらレバーを2回倒す)でメッサーラ・グラシュティンに跨る第二形態、時限強化使用中は第四形態へと複数の形態を切り替えながら戦う。

本領は第四形態になってから。ハイパー・メガ・ランチャーやプレッシャーと言った強力な武装が使用可能になる。さらに『グリプスの呪縛』の再現として第四形態のオーヴェロンの至近距離にいる相手に鈍足効果効果を付与する特殊武装まで発現する。
ただし通常時は機動力や自衛面に難があり、そういった点を変形等でうまくカバーする必要のある玄人向け機体となっている。

覚醒技は上空からサイコフレアが降り注ぎ爆風を発生させる。直前に着弾地点が現れるので避けられやすいが、使うと時限強化が回復する。

関連項目

機動戦士ガンダムヴァルプルギス
ジ・O
タイタニア(MS)

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムヴァルプルギス きどうせんしがんだむゔぁるぷるぎす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オーヴェロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4456

コメント