ピクシブ百科事典

サカイ・ミナト

さかいみなと

サカイ・ミナトとは、アニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』の登場人物である。
目次[非表示]

「ガンプラバトルの神髄は、ガンプラとファイターが一体化して戦うことや!ガンプラは自由や!」
CV:興津和幸

人物像

天大寺学園中学に在籍し、関西を代表する中学生ガンプラビルダー。大阪で生まれ育った生粋の関西人。
京都ヤサカ・マオと同じく珍庵の下で「ガンプラ心形流造形術」を学ぶ門下生であり、限定的な制作環境であっても完成度の高い作品を短時間で作り上げることが出来るなど高い製作技術を持つ。
楽しむことを神髄とする心形流の教えを尊重し、設定に囚われない自由なガンプラの制作を信条としており、心形流を極めることをライフワークとしている。その為、ファイターと言うよりはビルダー寄りであり、たびたび学校のプラモ部からの勧誘を辞退している。
レイコー(関西圏に於けるアイスコーヒー)をこよなく愛するが、ガムシロップを3つ入れるほどの甘党
普段は明るく気さくに振るまうが、一方でプライドが高い上に思い込みが非常に激しく感情が表に出やすく負けず嫌いな一面も見られる。
激昂して他者や周囲への配慮に欠いた言動や行いが多い上に人の好き嫌いが非常に激しく、大阪生まれとして東京の人間に対して一方的な対抗心を向けるなど、温厚な性格の珍庵やマオと比較すると人格的に未成熟な部分が見られる。
そのこともあって行く先々でトラブルを抱える事も多く、カミキ・セカイホシノ・フミナとの確執を産んでいる。
一方で、旧知の仲であるスドウ・シュンスケや実力を惚れ込んだホシノ・フミナなど自身が認めた相手には例え東京の人間であっても好意的に接しており、一概に東京の人間全てを嫌っているわけでは無く、フミナに対しては好意も抱いたが、度重なる所業が災いして快く思われていない。
また、セカイに対してバトルを通してガンプラバトルとは何かを説くなど、決して心形流の心得を蔑ろにしていないが、我の強さが災いして結果的に成果や戦績をフイにする事もあり、その才能を高く評価する者たちから苦言を呈される事も珍しくない。

戦績

前述の通り、人格面では問題が多いものの、ガンプラビルダーとして引き受けた仕事は必ずこなす責任感の強さを持ち、作品も顧客の要望に合わせられる柔軟性を持ち合わせている。
ビルダーとしては常識に囚われない幅広い作風を持ち、時としてその奇抜な発想から他者を驚かせることも少なくはない。
また、ファイターとしてのガンプラ操作技術も高く、関節可動範囲の限られる荒鬼頑駄無を即席で製作した上でセカイのレジェンドBB武者號斗丸と互角以上に戦い、勝利するだけの操縦技術を誇る。
また、宮里学院高校のスドウ・シュンスケとも旧知の仲であり、彼の依頼で選手権用のガンプラを仕上げることもあり、代表作の一つである百万式もシュンスケの依頼で制作した物である。

関東を代表するビルダーであるコウサカ・ユウマをライバル視しており、当初はビルダーとして専念するようになったユウマと決着をつけるつもりで全日本ガンプラバトル選手権への出場に興味を示さなかったが、そのユウマがチーム「トライ・ファイターズ」の一員として選手権へ出場したことから、彼が自分と戦う気が無いと思い込み敵意を剥き出しにするが、その結果「トライ・ファイターズ」の動向に気をかけるようになる。
ユウマのチームメイトであるセカイに関しては筋は悪くないと評しながらも見下す態度を見せていたが、自分とのバトルの後に驚異的なまでの成長を遂げた彼のバトルスタイルに驚愕することになり、またホシノ・フミナに関しても当初こそ関心を持たなかったが、ウイニングガンダムをSDガンダムならではの方法で支援機として仕上げ、それを操る力量に惚れ込んでいく。
トライ・ファイターズに対してはユウマへの当て付けとフミナ目当てで何かとちょっかいを出していたが、西東京地区予選大会決勝戦にて自らが作り上げた百万式がユウマのライトニングガンダムに降され、さらにユウマのファイターとしての挟持を見せつけられたことで、自らの覚悟の甘さを痛感させられた結果、大阪へ舞い戻り「打倒トライ・ファイターズ」を掲げ母校の天大寺学園プラモ部に入部。
天大寺学園プラモ部の面々とは、当初こそ勧誘を蹴っていたことから友好な関係とは言えなかったが、その後頭を下げてまで入部を懇願し、また彼の意を汲んであえてチームメンバーから外れたコデラ・マサミの存在も手伝い、高い結束力を持つに至った。
そして、「打倒トライ・ファイターズ」を目標にチーム「ビルドバスターズ」の一員としてガンダムトライオン3を引っさげて全日本ガンプラバトル選手権全国大会へ参入。トライオン3のその自由な発想を極めたギミックを使いこなしてトーナメントを勝ち上がり、ベスト4まで駒を進めた。
準決勝ではユウマ達トライ・ファイターズと対決。トライオン3のハイパワーと全武装を駆使してトライバーニングガンダムスターウイニングガンダムを戦闘不能に追い込んだところで粒子残量が少なくなったため時間切れによる判定勝ちを狙うが、ユウマの最後まで諦めない姿勢とコデラ達の後押しで思いとどまり、ライトニングガンダムフルバーニアンとの死闘の末に惜敗した。
試合後、ユウマから全国大会の二週間後に開催されるメイジン杯での勝負を挑まれ、それに応じると共にリベンジを宣言し、決勝戦前夜では試合直前にも関わらずガンプラの大改造を敢行したユウマを手伝った。

そして迎えたメイジン杯ではフミナをモデルに作ったMS少女「すーぱーふみな」を出品するが、ミナトはこれを制作するにあたりモデルとなったフミナに許可を取らなかった為に優勝はユウマと彼のライトニングΖガンダムの手に渡る。この際、ガンプラを審査したメイジン・カワグチに異議を唱えた結果、メイジンの鶴の一声によってユウマとのバトルに発展するが、勝敗はセカイをはじめ多くのファイター達が乱入したため、有耶無耶に終わった。
その後もユウマに対する対抗心は消えることはなく、彼のライトニングΖを意識したΖΖⅡを制作。さらにすーぱーふみなのティターンズメイドVerを披露している(流石にフミナからは嫌悪され、鉄拳制裁すらされているが)など、自分の心のままにガンプラを作るスタイルを貫いている。

バトローグ第2話では、G-クエストのこけら落としイベントにユウマと招待され、ユウマのライトニングブラックウォーリアと自身のドライオンⅢで共闘したが、終盤に我の強さから仲間割れをしてゲームクリアに至らなかった。

やがてすーぱーふみなの発展型・ういにんぐふみなを製作。その際、フミナからはウイニングガンダムモチーフのガンプラをつくると言う名目で許可を得ながらも、勝手にフミナをモデルにしたという事で、結局は無許可で製作という事となった。また、このMS少女風ガンプラ製作に関してはサザキ・タテオにも影響を与えてしまい、タテオのからは複雑な心境に至らせている。これら一連の行動はその才能や実力を認めるメイジン・カワグチコウサカ・ユウマからも異口同音に苦言を呈されている。

関連項目

ガンダムビルドファイターズトライ
カミキ・セカイ コウサカ・ユウマ ホシノ・フミナ スドウ・シュンスケ
ヤサカ・マオ 珍庵 ガンプラ心形流
百万式 ガンダムトライオン3 すーぱーふみな ういにんぐふみな

pixivに投稿された作品 pixivで「サカイ・ミナト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 345438

コメント