ピクシブ百科事典

ユウキ・タツヤ

ゆうきたつや

ユウキ・タツヤとは、アニメ『ガンダムビルドファイターズ』の登場人物。外伝作品『ビルドファイターズA』および『ビルドファイターズD』の主人公でもある。
目次[非表示]

「目先の勝利に興味はないよ――僕たちが目指すものはもっと、はるか先にあるのだから」
CV:佐藤拓也

人物像

私立聖鳳学園の高等部3年生。生徒会長の他、模型部の部長も務めている。17歳。身長180cm。
実家が大手塗料メーカーを営んでおり、使用人を雇える程に裕福。物腰の柔らかい美青年とあって、女子生徒のファンも多い学園のアイドル的存在。模型制作の技術も抜きん出ており、ゴンダ・モンタらからも尊敬の念を受けている。父親は学園の後援会長をしており、模型部が所有するバトルシステムもタツヤの父が寄贈した物。
ガンプラバトル選手権の世界大会にも出場した経験の持ち主で、「紅の彗星」の異名を持つ。

父の後を継ぐべく幼いころより勉強漬けの日々を送っていたが、7歳の夏休みに訪れた避暑地で、不動産業経営者の息子であるサツキ・トオルと出会い、彼と友情を結んだ事からガンダム作品、そしてガンプラバトルにのめり込んでいった。
中学時代には父親からガンプラ禁止令を出された上でイギリスロンドンに留学しており、そこでイオリ・タケシと邂逅を果たし、タケシの口添えで父からガンプラ禁止令を撤回する代わりに、高校入学までの間、二代目メイジン・カワグチのガンプラ塾に入門する事になる。
ガンプラ塾で様々なガンプラファイター達と激闘を繰り広げながらも二代目と対戦する権利を得ており、そこで後にPPSE社の技術主任となるアラン・アダムスやイギリスのガンプラファイターであるジュリアン・マッケンジーらと交友を結んだ。

普段はクールで物静かな性格だが、バトルにかける情熱は人一倍であり、ガンプラバトルの際には髪を荒くかき上げ、目つきも険しく変貌し、荒々しく闘争心剥き出しの熱い性格に一変する(これはイオリ・タケシとのバトルで顕になった癖のようなものである)。
一時期離れていた時期があるとはいえ、ガンプラバトル黎明期からのファイターであり、様々な有名ファイター、更には歴代ガンダム作品の登場人物を相手にした脳内戦闘(それも自分が勝ったことにしない真剣勝負)で技量を磨いており、相手の動きの見切りや狙いの正確さも一級品。
強敵との対戦に飢えており、燃え上がるようなバトルができる相手には激しい操縦テクニックを発揮するが、決して力押しのファイターではなく、実力差のある相手を傷付けずに降参させるだけの技巧と冷静さも備えている。

恩人であるタケシの息子であるイオリ・セイのビルダーとしての技術に惚れ込んでおり、彼のガンプラを操りサザキ・ススムを打ち破ったレイジに興味を示し、ガンプラバトルに興味の無かったレイジを対戦で圧倒することで焚き付け、選手権に引き込んだ。
セイ、レイジとは選手権で改めて雌雄を決すると宣言し、良きライバル関係を築くも、選手権予選の最中にアランから「二代目メイジンが倒れた」という報せと共に三代目にスカウトされ、「メイジン」の名を襲名すべく準々決勝を辞退してPPSE社へと向かう。しかし、二人との約束を果たせなかった心残りから、決着を着けるべく決闘を申し込み、本気の勝負を演じた。

その後、三代目「メイジン・カワグチ」としてPPSE社のワークスチームに所属。主催者特別枠で世界大会へと出場し、向かうところ敵なしの活躍を見せる。
メイジンを襲名した理由は初代メイジンのガンプラ愛、そしてイオリ・タケシのバトル愛を至上とするメイジンになろうと志しており、その為、「バトルで勝つことを至上とする」二代目カワグチに反発し、二代目と異なる道を目指した。
決勝トーナメントでは、長距離狙撃や無人兵器による特殊工作、トラップの使用など多彩な戦術でバトルを展開するレナート兄弟や元・ガンプラ塾の第1期生筆頭であり、ガンプラ塾時代に自身が一度も勝つ事が出来なかったジュリアン・マッケンジーなどの強敵と苦戦しながらも勝利を収めた。
また、ガンプラバトルを「戦争」と称するレナート兄弟に「これは戦争などではない。ガンプラバトルだ」と言い返したり、規定を無視して世界大会に干渉するマシタ会長に掴みかかるなど、正々堂々とした戦いやガンプラバトルへの誇りを汚す者に対して怒りを表わにする。

決勝戦の1週間前に行われた前夜祭においてメイジンとしてではなくユウキ・タツヤとしてセイとレイジの前に現し、地区大会を途中辞退したことについて改めて謝罪し、自身がメイジンになった理由とイオリ・タケシとの思い出を語った上で、「最高のバトルをしよう」と約束を交わす。
しかし、フラナ機関のナイン・バルトと手を組んだマシタ会長によって、改良型エンボディで操られ、その勝負を汚されてしまう。
スタービルドストライクガンダムとの激闘の末に正気を取り戻すが、ガンプラバトル選手権世界大会という晴れ舞台で、自身の力を振るった真剣勝負を演じる事が出来ず、操られてしまった事を悔いていたが、レイジの「また戦えばいい」という一言に胸を撫で下ろした。
そして、マシタ会長が暴走させた巨大アリスタを止めるべくレイジ達と共に奮闘。結晶体が破壊されたことでプラフスキー粒子が世界から失われていく中、レイジ達と交わした約束を果たすための最後の戦いに臨み、応急修理を施したアメイジングエクシアを用いてレイジとセイの二人と最高のバトルを演じた。

その後は三代目メイジン・カワグチとしてアランと共に「楽しいガンプラ」の普及の為に活躍。
世界大会に三回連続で優勝した事からガンプラファイターとして殿堂入りを果たし、ガンプラの完成度を競う「アーティスティック・ガンプラ・コンテスト」やガンプラ選手権の各部門にも関わり、世界中を(自由気ままに)飛び回り後進の育成に力を入れている。

戦歴

使用するガンプラはνガンダムヴレイブをはじめとした「ヴレイブシリーズ」とザクアメイジングなどの「アメイジングシリーズ」に大別される。
特にHGUCνガンダムを改造したνガンダムヴレイブは、彼のガンプラデビュー作であり、親友のサツキ・トオルから譲り受けた複合武装「マーキュリー・レヴ」の存在もあり、彼にとっては思い出深いガンプラとなっている。
二代目メイジンのガンプラ塾にて技術を磨いたということもありガンプラビルダーとしても優秀で、νガンダムヴレイブ作成時に現用兵器を参考にディティールアップした経験からスケールモデルにも造詣が深く、「リアル」に拘った改造や塗装テクニックを用いてガンダムの世界観を再現したガンプラ制作を得意とする。
部室には彼が制作したと思われるスケールモデルが展示されており、ザクアメイジングの装備にもその趣味が遺憾なく発揮されている。

バトルについては射撃戦、格闘戦双方に秀でるが、かつてはファンネル等のオールレンジ兵装を「地に足がついていない感じがする」という理由で不得手としていた(無論、それは過去の話であり、その後苦手を克服し、νガンダムヴレイブの後継機であるHi-νガンダムヴレイブではファンネルを武装に盛り込んでいる)。

三代目メイジン・カワグチとしてガンプラバトル選手権に出場してからはユウキ・タツヤとしての拘りを捨て、アランたちPPSE社のチームが組み上げたケンプファーアメイジングガンダムアメイジングエクシアを使い、高い性能を遺憾なく発揮したスマートな戦いを見せた。
決勝トーナメントにおいてレナート兄弟ジュリアン・マッケンジーと相次いで強敵と相まみえる事になるが、それでも自身が歩むべきメイジンとしての道を対戦相手に見せつけた。
決勝戦ではマシタ会長のアリスタとリンクしたエンボディシステムで操られていたとは言え、その操縦センスは劣る事なく、勝つ事を優先とした戦闘スタイルでセイとレイジのスタービルドストライクガンダムを一方的に蹂躙するに至るが、マシタ会長の慢心と、それが招いた油断を受け取ってしまい、一気に形成を逆転される。しかし、それでもスタービルドストライクと互角の戦いを演じ、最後はビルドナックルとトランザムによる真正面のぶつかり合いの中僅差で敗北を喫した。
その後、暴走した巨大アリスタ結晶を止めるべくアランが修復したエクシアを用いて参戦、迫り来るガンプラもどき「モック」の大軍を相手にトランザムを用いて大立ち回りを演じ、続くセイ、レイジとの最期のバトルにて「アリアンからもたらされたアリスタによるガンプラバトル」の幕を下ろした。

なお選手権ではザクウォーリアジャスティスガンダムドムトルーパーレジェンドガンダムなど機動戦士ガンダムSEEDシリーズのガンプラとの交戦率が高く、これらを尽く撃破しているが、幼少期にはトオルのストライクガンダムに一度も勝つ事が出来なかったという過去も持つ。

関連イラスト

会長さん
会長


ユウキ・タツヤとメイジン・カワグチ
【GBF】メイジン先輩


ユウキ先輩とメイジン・カワグチ
七変化



関連項目

ガンダムビルドファイターズ ガンダムビルドファイターズA ガンダムビルドファイターズトライ
イオリ・セイ アリーア・フォン・レイジ・アスナ コウサカ・チナ
サツキ・トオル クラモチ・ヤナ イオリ・タケシ コシナ・カイラ
ゴンダ・モンタ アラン・アダムス メイジン・カワグチ
Hi-νガンダムヴレイブ ザクアメイジング ケンプファーアメイジング ガンダムアメイジングエクシア ガンダムアメイジングレッドウォーリア
残念なイケメン

pixivに投稿された作品 pixivで「ユウキ・タツヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 593396

コメント