ピクシブ百科事典

ゴンダ・モンタ

ごんだもんた

ゴンダ・モンタとは、テレビアニメ「ガンダムビルドファイターズ」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:三宅健太

人物像

イオリ・セイ達が通う私立聖鳳学園の生徒会執行部員。高等部2年生。
模型部にも所属しており、ガンプラビルダー、ガンプラファイターとして高い実力を持つ部長のユウキ・タツヤを尊敬している。
自身のガンプラビルダーとしての技量も高く、スモーのフェイスオープンギミックの再現や脚部アンカー機構の追加など、細かい改造を得意とする。
真面目で厳格な性格の持ち主だが、ゴリラを思わせるいかつい容姿に反して繊細な一面も持ちあわせており、「ゴリラ」と呼ばれると傷つき激怒する。

タツヤが二代目メイジン・カワグチへの挑戦権を有し、三代目メイジンに最も近い人物であった事は事前に知らされていたものの、二代目が病床に倒れた事を理由にタツヤが三代目を襲名した事は知らされおらず、彼が行方をくらませた事について不安感を募らせていたが、その後タツヤと再会し、彼の健在ぶりに涙を流した。

活躍

使用するガンプラは∀ガンダムに登場するゴールドスモーターンXバンデットなど。機体は全て金色に塗装されている。
使用ガンプラやバトル中の発言などの傾向から、∀ガンダムを初めとした富野由悠季作品に対して造詣が深い。

セイを探しに学園に許可無く入り込んできたレイジに対して生徒会執行部として退去を求めるが返り討ちにされた為、今度は模型部員としてガンプラバトルによって雪辱を晴らそうとするが、やはり敗北した。
この際に使用したガンプラはゴールドスモー。
左腕に装備するIフィールドバンカーは高出力ビーム砲に改造されており、それによって火力を強化しているが、威力と引き換えに連射が効かない欠点を持つ。

その後、ガンプラバトル選手権世界大会決勝戦の前夜祭にてサザキ・ススムと共に静岡入り。
愛機をスモーから黄金に輝くターンXへと替えサザキと対戦し、∀ガンダム劇中さながらのセリフを交えながら月光蝶やオールレンジ攻撃など、ターンXの機能を駆使してバトルを進めるも、サザキのギャンバルカンの弾幕攻撃の前に敗北した。

関連項目

ガンダムビルドファイターズ ユウキ・タツヤ
イオリ・セイ アリーア・フォン・レイジ・アスナ
スモー ターンX

関連記事

親記事

ガンダムビルドファイターズ がんだむびるどふぁいたーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴンダ・モンタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95400

コメント