ピクシブ百科事典

ザクアメイジング

ざくあめいじんぐ

ザクアメイジングとは、アニメ「ガンダムビルドファイターズ」に登場するガンプラである。
目次[非表示]

概要

私立聖鳳学園の生徒会長兼模型部部長のユウキ・タツヤの使用するガンプラ
MSVに登場する高機動型ザクⅡをベースにしており、フルアーマーガンダムのように全身の装甲強化と武装追加が成されている。

二代目メイジン・カワグチが主宰したガンプラ塾の全塾規模トーナメントで勝利を得て二代目に相対する権利を得たタツヤが、ガンプラ塾を出て作り上げたガンプラであり、「ユウキ・タツヤとしての自身の愛機」であったνガンダムヴレイブ及びHi-νガンダムヴレイブから、「メイジンとしての自分の愛機」として名称に「メイジンの先行型」という意味を含めて「アメイジング」の名を冠している。
タツヤがベース機にザクを選んだのは、やられメカであるにも関わらず改良により多くの高性能機が生み出されている事に魅力を感じ、そこにガンプラらしい創意工夫の余地を見出した為。そして、タツヤの憧れの人であるイオリ・タケシRX-78のライバルとなる意気込みの現れでもあり、「ガンダムのライバルは赤である」という強い拘りから機体色にはシャア専用ザクと同様の赤を選択している。

各種武装は近距離用・遠距離用がそれぞれバランスよく配置されており、タツヤの制作・操縦技術の相乗効果によって鈍重な外見に反してあらゆる戦闘に対応可能。
特に「自らの技量を引き出し、同時に相手の技量も引き出しながらその上で勝利する」というコンセプトは、後のケンプファーアメイジングガンダムアメイジングエクシアなどにも継承されている。
なお、両肩と脚部に装備されている箱型のパーツはリアクティブアーマーであり、スケール違いの戦車模型の工具箱が流用されている。

全身の追加パーツにもHi-νヴレイブのノウハウが投入されており、これを分離してブースターパーツと合体する事で支援メカ「アメイジングブースター」として運用する事が出来る。
アメイジングブースターは分離する事で火器や装甲の殆どが失われる為、これによって本体の防御力や攻撃力は低下するが、一方でそれが機動力の上昇に繋がる為、状況によっては有利となる。
ブースター自体の防御力が高いため動く盾としても使用でき、それ自体を質量武器として突撃させる、チーム戦の際には仲間に武器を貸し与えるなど、運用の幅は広い。
また、アメイジングブースターには水中戦・水上戦を想定した「アメイジングアクアブースター」などバトルの内容に応じたバリエーションが存在する。

Hi-νガンダムヴレイブ同様、タツヤが三代目メイジンを襲名してからもガンプラバトルで度々使用されており、ガンプラビルダーズコンテストのエキシビジョンバトルなどで使用された。

デザインは機動戦士ガンダム00ティエレンのデザインを務めた寺岡賢司
プラモはHGUC高機動型ザクⅡのリデコとなるが、追加パーツであるアメイジングブースターのみの販売も行われている(ザクアメイジングのキットではアメイジングブースターを組むことは出来ないので注意)。

武装

ロングライフル

実在の兵器に拘って戦車模型の砲塔をベースに改造を加えた遠距離攻撃武器。
外観はマゼラトップ砲に似ている。
破壊力が大きく射程も長い分取り回しが難しが、非使用時は腰部にマウントできるよう改造が施されている。

ロケットランチャー

両肩に装備されたロケットランチャー。
熱源誘導や機影認識による誘導弾など弾種が存在し、それによって多彩な戦略を取る事が出来る。
脚部にも装備可能。

ヒートナタ

刃の部分を高熱化して切断能力を高めた鉈。
バルカンを受けるなど防御用の盾としても用いられ、通常はバックパックのホルダーに収められている。
小振りで取り回しやすいが、タツヤの改造によりビルドストライクガンダムのチョバムシールドを一撃で斬り捨てるだけの切断能力を得ている。

ハンドガン

両腰のホルダーに収められているリボルバー拳銃。
ハンマー部分や弾倉なども作りこまれており、APFSDSやHEATなど弾を交換する事で多彩な攻撃を可能としている。
射程は短いが、タツヤはこれを用いてガナーザクウォーリアのセンサーのみを狙い撃つという精密射撃を行っている。
ホルダーはアタッチメントを取り付ける事で脚部に装着出来る。

シールド

両肩に装備された、リアクティブアーマー付きのシールド。
ザクのものより小型で丸みを帯びているのが特徴であり、分厚い装甲を利用してタックルなどの格闘戦を演じる事も出来る。

紅の彗星

Hi-νガンダムヴレイブでタツヤが編み出した限界機動。
ソメヤ・ショウキとのバトルで彼のダンステクを学び、円の動きを取り入れる事で直線的になりがちな高機動状態で小回りを効かせる事が可能となった。

バリエーション

ザクアメイジングマリンタイプ

第6回ガンプラバトル選手権で披露した水中用バリエーション。ザクアメイジングにアメイジングアクアブースターを装備した状態。
水中航行用のジェットパックはビルダーズパーツHDのそれを転用した物を肩部・脚部に合計6基装備。また、ザクアメイジング本体にもザク・マリンタイプを思わせる追加パーツが装備されている。
ブースターとザクアメイジング本体の連携を強く想定した状態であり、ザクアメイジングとアクアブースターが分離した状態で出撃し、状況に合わせて合体する事で水中航行能力と戦闘能力を向上させる。
合体状態ではバトルフィールド上で水を構成するプラフスキー粒子を圧縮し、展開放射する事で「紅の彗星」を水中で展開する事も可能。

ザクアメイジング・ラピッド

高機動型ザクⅡをベースに改造したザクアメイジングを、更に高機動型に改造した機体。第6回大会の予選最終ピリオドでカルロス・カイザーと相対した際、彼の駆るビグ・ラングに対抗する為に用意した機体である。
元々高機動型に設定されているガンプラを更に先鋭化する強化改造を施した事でHi-νガンダムヴレイブ以上の突破力を獲得したが、一方で機動が直線的になりやすい扱いづらい機体に完成した。
増加パーツはアメイジングブースターの予備部品を転用しており、アメイジングブースターのバーニアポッドを両肩部に増設している他、バックパックを構成するパーツを接合しウェポンラックを兼ねたシールドとして再構成するなど、転用したパーツを活かす方向で改造が施されている。

ザクアメイジング月鋼

ザクアメイジングに機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ月鋼ガンダム・アスタロトの210mm対物ライフルとパイルバンカーシールドを装着した改造機。
パイルバンカーシールドはリアクティブアーマーを装着した上で右肩にマウントされているが、手に持っての使用も可能。
地方イベントで「ニセザクアメイジング」としてガンプラ星人に扮するコシナ・カイラによって使用された。

バリスティックザク

新作ショートフィルム『ガンダムビルドファイターズバトローグ』に登場する改造ガンプラ。
ザクアメイジングの後継機としてメイジンが作り上げたガンプラで、高機動型ザクⅡをフルアーマー化したザクアメイジングとは逆に、「機動戦士ガンダムTHEORIGIN」仕様のシャア専用ザクを極限までブラッシュアップして完成度を高めている。
また、ファンネルやダブルビームトマホークといった強力な武器を追加で装備するなど、贅沢な仕様となっている。


関連項目

ガンダムビルドファイターズ ガンダムビルドファイターズA MSV
ユウキ・タツヤ
ザク 高機動型ザクⅡ
Hi-νガンダムヴレイブ ケンプファーアメイジング ガンダムアメイジングエクシア ガンダムアメイジングレッドウォーリア

pixivに投稿された作品 pixivで「ザクアメイジング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54868

コメント