ピクシブ百科事典

ジュリアン・マッケンジー

じゅりあんまっけんじー

ジュリアン・マッケンジーとは、アニメ『ガンダムビルドファイターズ』の登場人物
目次[非表示]

「理由があるなら見せてくれ! 君の思いを!その覚悟を!」
CV:本郷奏多

人物像

イギリスを代表するガンプラファイター、ジョン・エアーズ・マッケンジーの孫。21歳。
フルネームはジュリアン・エアーズ・マッケンジー

かつて二代目メイジン・カワグチの開いた「ガンプラ塾」第一期生の筆頭。
祖父であるマッケンジー卿の「ガンプラの光と闇を知って欲しい」という意向からガンプラ塾へ入塾し、後輩であるタツヤアランと共にガンプラバトルのノウハウを学んだ。
天才的とも言われたその実力は塾生達の中でも抜きん出ており、当時は誰もが三代目メイジンを襲名するのは彼であると疑わなかった。
しかし、仲間さえも敵視し、勝利を至上とする二代目の思想をどうしても受け入れられず、またその思想に自分も取り込まれてしまうのではないかという不安を抱えるようになり、メイジンの座をかけたトーナメント戦を契機に塾を離門。その後三年間ガンプラからも長らく遠ざかっていた。
そして、第7回ガンプラバトル選手権世界大会の期間中に急病を患った(フリをした)祖父に強く請われ、彼の代理として世界大会の準決勝に出場、ガンプラバトルの表舞台に突如復帰したことで各方面に衝撃をもたらした。
試合の直前にラルさんから、対戦相手のメイジン・カワグチが三代目を襲名したタツヤであることを聞かされ、ガンプラを愛する後輩の真意を掴めないままバトルに臨み、三年のブランクを全く感じさせない操縦技術を見せつける。

タツヤとの壮絶な背後の取り合いの末に競り負けるが、あらゆる攻撃を敢えて受け止めるタツヤの戦い方に「メイジン」の名を背負う彼の覚悟を知り、ジュリアンは安堵の表情を浮かべる。同時にガンプラとバトルへの情熱を取り戻し、メイジンとなったタツヤと再戦を誓った。

戦績

使用ガンプラはHGUCガンダムF91の改造機「ガンダムF91イマジン」。

ファイターとして圧倒的な実力を持ち、「三代目に最も近い男」と目されていたその実力はガンプラ塾トーナメントに於いて決勝に駒を進めた事からも伺える。
タツヤも塾生時代にジュリアンと7度手合わせしたが、その全てに於いて敗北を喫しており(ただしその内の何回かはタツヤのHi-νガンダムヴレイブの調整のための模擬戦である)、第7回世界大会への参加を決めた後もフリーバトルに於いてヤサカ・マオガンダムX魔王に圧勝し、3年間のブランクを感じさせなかった。
一方で心理状況がコンディションに出やすく、ガンプラ塾時代には塾や自らの在り方に悩む事が原因で苦戦を強いられる事もあった(ガンプラ塾末期までの彼は、余裕を崩さない優男といった趣きがあり、それが自身の強さに繋がっている節がある)。

ガンプラバトル選手権準決勝ではその力を遺憾なく発揮し、質量を持った残像を始めとするF91イマジンの全てを駆使して優位に立つが、タツヤのガンダムアメイジングエクシアトランザムとの激闘の末に敗北した。
その後、第8回大会ではV2ガンダムをベースとしたV2ガンダムイマジンフルバーニアンを使用。模型雑誌で「源は音をで、そして幾へと」と謳われたその機体を以って本格的にガンプラバトルへ返り咲いた。

余談

ジュリアンを演じる本郷奏多はドラマや舞台を中心に活躍する俳優であり、かつてはアニメBTOOOM!で主役声優を務めたこともあった。
また本郷自身も大のガンダム好きであり、放送日の日記の写真には彼が制作したガンプラの数々、さらにはスクラッチビルドを含むオリジナルカスタマイズを施したF91や公式に採用されたV2ガンダムイマジンフルバーニアンなど、かなりレベルの高いモデラーっぷりを発揮し、一部で話題となった。

関連項目

ガンダムビルドファイターズ ガンダムビルドファイターズA
ユウキ・タツヤ アラン・アダムス メイジン・カワグチ ヤサカ・マオ
ジョン・エアーズ・マッケンジー
二代目メイジン・カワグチ ガンプラ塾 キジマ・ウィルフリッド

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュリアン・マッケンジー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26018

コメント