2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

機体データ

型式番号FXA-05D
所属エゥーゴ
開発アナハイム・エレクトロニクス
全長39.5m
翼幅27.1m
本体重量24.7t
全備重量60.3t
スラスター総推力42,400kg


概要

ガンダムMk-Ⅱの重戦用装備として、エゥーゴの要請によりアナハイム・エレクトロニクス社がGアーマーのコンセプトをベースに開発した可変戦闘機。主なパイロットはカツ・コバヤシ
単独では長・中距離支援や爆撃・偵察など、その機動性を活かした任務で活躍し、ガンダムMk-Ⅱと合体する事で輸送形態Gフライヤーとなり、その状態でMS形態をとるとスーパーガンダム(Mk-Ⅱディフェンサー)となる。

【ヘンケン艦長!】スーパーガンダム【私、結婚考えて無いです!】


機首のコックピット部分はコア・ファイターとなっており、合体時はMS形態をとる際に分離する。コア・ファイター単独での戦闘力は低いため、分離後は速やかに戦線を離脱しなければならないが、終盤では分離後も戦闘を継続していた。

ネモジムⅢとも合体が可能(前者はバックパックの換装が必要)だが、この場合は簡易性から最初からコア・ファイターを外しMS形態のみで運用される純粋な追加装備となる。
一部の作品にはティターンズ仕様も登場し、こちらはガンダムMk-Ⅱだけでなくバーザム改との合体も可能。
また、リゼルには本機のコンセプトを踏襲したと思われる追加装備「ディフェンサーユニット」が存在する。

武装

ミニ・レーザー砲
コア・ファイター唯一の武装で、2門装備。
大した威力はないものの、それでもハイザックの頭部を破壊する程度の威力がある。
ロング・ライフル
Gディフェンサー側のジェネレーターで稼働する、大型のビーム・ライフル。出力6.8MW。
14連装ミサイルポッド
MS形態時はバインダーとなるポンツーンに装備される。
バルカン砲
ミサイルポッドの両側面に4門装備。口径は連邦系MSの頭部に装備されるものと同じ60mm。

ガンプラ

Gディフェンサー単独で発売されたのは1/144旧キットのみ。HGUCMGではスーパーガンダム名義でガンダムMk-Ⅱとセットになっている他、前者ではガンダムMk-Ⅱとは別にフライングアーマーとの抱き合わせで発売された事もある。

関連タグ

スーパーガンダム
Gファイター

関連記事

親記事

スーパーガンダム すーぱーがんだむ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Gディフェンサー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Gディフェンサー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7551

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました