ピクシブ百科事典

F89

ふぉーみゅらえいてぃーないん

F89とは、漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

サナリィがF90開発の前段階として宇宙世紀100年代に開発した18m級の試作機。連邦軍から接収したガンダムNT-1の機体構造を基に、サナリィ独自の技術を導入し完成したMSである。
大型モビルスーツ時代の技術の完成形として開発され、全2機がロールアウト。この2機による模擬戦を繰り返し、得られたデータを元にダウンサイジングを行うことでF90が開発された。
ミッションパックの換装もこの段階で盛り込まれており、ヴェスバー搭載型バックパックや、高機動型バックパックが用意されている(実際に、機体の各部はサイズこそ異なるがF90と同じハードポイントが設置されている)。
当時サナリィに入社したばかりだったフランク・オズもこの機体の開発に携わっており、彼の思い入れも強く、オズは流出したパーツを集め、F89を再建造するために奔走していた程。
2機の内1機がアンクルの発注によってアンカーに改修されたが、残りの1機はオズの手元に原型を留めたまま秘匿されていた。
ちなみにF89というナンバーはF90のコードが決定してから、その前身として逆算で付けられた物で正式なフォーミュラ計画の正式なナンバリングの流れからは外れている。
F90のAtoZプロジェクトに連なる作品「機動戦士ガンダムF90FF」に、模擬戦時代の本機のオリジナルが登場。F90Fタイプとの格闘戦での模擬試験を行い、その後同行している。

余談

サンライズの公式設定におけるF8シリーズは、本来汎用タイプ量産型モビルスーツの為に用意されたナンバリングである。(地球連邦軍における、RGMと同じ意味)

このため、上記の設定は長谷川氏のオリジナルといえる。

本来であればコンペティションの結果を受け、F9シリーズで得た各種運用データを基に、デグレードされた15m級を開発し、ナンバーを割り当てる予定であった(つまり、アンカーとは逆となる経路を辿った機体が、受け持つはずだった)。
しかし、歴史上はアナハイム・エレクトロニクスジェムズガン及びジャベリンを最後に、次期主力機計画自体が有耶無耶になってしまった
さらに、サナリィそのものが時代の流れと共に分散してしまい、結局F8シリーズ1号機となるF80すら開発されないままシリーズナンバーが消えたという経緯を持つ。そのこともあって、時代が前後するものの空いたF8シリーズのナンバリングを振り分ける形となっている。

関連項目

機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST
サナリィ

ガンダムAN-01(サナリィが18m級MSの検証を行った機体)

関連記事

親記事

フォーミュラ計画 ふぉーみゅらけいかく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「F89」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88

コメント